exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
箱根から岡﨑へ
2010年6月1日

箱根が原産という山椒薔薇のついでに箱根話を。
箱根といえば、司馬遼太郎に北条早雲を主人公にした
「箱根の坂」という作品があるが、小田急箱根湯本駅近
くには早雲寺という寺が残っている。この寺は北条氏一
門の香火所とせよとの早雲の遺命により1521年京都
大徳寺の以天宗清を開山として創建された禅寺である。
わたしの子ども達がちいさかった頃は家族は年末年始を
箱根で過ごした。箱根山中で餅つきなどして年を越し、
年が明けると箱根駅伝の当日の朝に宿の坂を下って早川
を渡り湯本に出て、走りすぎる選手に声援を送るのが正
月の恒例だった。選手が走りぬけて行ってしまうと今度
は坂を上って宿に戻るのだが、休み休みの坂の上りの途
中に早雲寺はあり、500年に渡って手厚く保護されて
きたこの寺も、私共家族には坂の上りの途中の良き休憩
所であった。ついでにお賽銭を投げ入れ今年の無病息災
を祈念した。
この北条早雲の北条氏と鎌倉幕府の北条氏とはまったく
別のもので、そもそも早雲は伊勢家の伊勢新九郎であり、
北条とは自称しなかったという節もあって、何故北条早
雲と言われるか?そんな興味を持ちつつ戦国時代の幕を
切って落とした早雲の物語り「箱根の坂」を読んでいた。
読み終えると今度は早雲の登場する前夜とも言うべき室
町末期に時を移し、浄土真宗の蓮如の活躍を同じく司馬
遼太郎で読み始めたところ、関連の資料に岡崎にある浄
土真宗大谷派三河別院のために司馬さんが書いた「蓮如
と三河」という一文にぶちあたった。そこにこう書いて
あった。

「私事だが、去年の秋、三河の岡﨑旧城下の川沿いの宿
 に2泊した。三日目の昼、家に帰るべくタクシーをひ
 ろって、、、、」

岡崎に戻り、その三河の岡﨑旧城下の川沿いの宿にチェ
ックインした。東岡崎駅に呉服屋のYが出迎えてくれ、
車でホテルまで連れていってくれた。Yはおなじく中学
の同級生であるS女史が会いたがっていたぞと連絡をと
ってくれ、ホテルのティールームでたちまち岡﨑市立甲
山中学校3年7組の3人のミニ同級会となった。S女史
は会計事務所の仕事でキャリアを積み重ねてきたその方
面のプロだから、財産相続の非課税部分についてなにか
とアドバイスしてくれたが、今回の帰郷は或る音楽イベ
ントに参加するのが目的で、同級生3人以外はわたしに
同行してきたマネージャーやディレクターや写真家もテ
ィールームで一緒にお茶してたから、財産・相続・非課
税話は「お呼びでないんでないかい」と却下したが、S
女史もそのことは委細承知で自分で口に手をあて笑って
いた。
この日は土曜日で、ホテルのいくつかある宴会場は会合
や結婚式やらの催しで満杯だった。その中に、岡﨑市立
葵中学第◎期卒業同窓会というのがあって、ホテルの入
り口近くにつくられた受けつけに人が群がってごっちゃ
ごっちゃしていた。見るとあきらかに俺らより年上の先
輩と思われる年齢の方々であるが、なあに年齢について
は油断できない。ついこの間なんかはふけて見えるんで
てっきり先輩かと思っていたら聞いてみれば後輩諸氏で、
この場合の反応としては、
えー! こいつら若いのに年寄りくせーな。
ではなく、
えー! 俺はお前らより年食ってんのかァー!
と云うものでございますから、努々油断はできません。
葵中学同窓会の人の良さそうな幹事役の男性に訊ねてみ
ましたところ、私ども甲山中学同級会よりも3年ばかり
先輩のお集まりのようでした。SとYにそのことを言うと、
「見りゃわかるよー。あの方達は年配ですよ」
と若ぶっていた。
東京で修行し、水と空気のきれいなところ=田舎でそばを
打ちたいというそば職人が開いた店「みやかわ」にゆき、
そこで昼食をとる。写真家がYとわたしを店の玄関につれ
だし、そこで記念撮影となったが、わたしはこの店の若き
主人の志に敬意を表そうと右手で遠くを指さし高く掲げた。

「北の人みたいだなあ」と写真家。
「北の人だ」とわたし。

撮影が終わってこのやり取りの北の人は写真家にとっては
金日成で、わたしにとってはクラーク博士だとわかって、
その相違に、まあ笑った。写真家は、最近の若者は北の大
地に立つクラーク博士の

「少年よ 大志を抱け 
 BOY IS BE AMBITIOUS」

なんか知らないんじゃないかと言う。
知らないかなあ、、、
二宮金次郎は知らなさそうだけどね。
昔はどこの小学校の校庭にも二宮金次郎の銅像というか石
像があったものだが今時は見かけ無いなあ。岡﨑市立根石
小学校には金治郎さんの石像があったがいまもあるんだろ
うか。きっとあると思うんだが、仮に無いとすれば撤去し
たことになるが、まさか、スターリンやフセインの銅像は
政権が倒されてぶち壊されてしまうが、金ちゃんはそんな
目に合う必然はないし、子どもでもある。いくら時代が変
わって金次郎の存在感が薄れたと言え像は残ってるんじゃ
ないかと思うが、さて、いかがなんでしょうか。
数年前に同級生の大野と山脇と糟谷で連れ立って我らが母
校甲山中学をのぞきにいったところ、校庭で生徒の運動を
指導していた先生に
「いったいどんな御用ですか?」
と怪しまれてしまったことがあるから不用意に小学校に金
次郎の像のある無しを確認に行くわけにもいかんが、ここ
はひとつ呉服屋のYの生来の愛想の良さそうなところで見
てきて貰うのもよいかなと思うが、俺は梅園小学校卒だと
断るに違いない。
そろそろリハが始まる時間となった。康生町のラグスロー
に戻らなければならない。総勢7名ぞろぞろとそば屋を引
き上げた。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-06-01 15:34 | Comments(1)
Commented at 2011-02-23 16:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 根石小学校の二宮金次郎とサムロ... 函根 >>

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム