exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大仏様と新刊本
2008年10月15日

秋深し となりはなにを するひとぞ

もし隣人がこういった感想をわたしに持つとすれば答え
はこうなるだろう。

秋深し わたしは本を 読むひとぞ

これが秋の例年であるが、どういうわけか今年はこうい
っていない。なぜいっていないかというとスランプなの
である。活字スランプなのです。こうなると活字を見る
ことが嬉しくもなんともないのです。活字スランプはひ
どいときには数ヶ月つづくこともあった。新聞さえ見る
のも嫌。会社の書類をみるのもしんどいということもあ
った。さすがに最近はそれほどのスランプはなく新聞も
読めば、各部門から提出される企画書も読む。
でもわたしは知っている。スランプであることを。
でもわたしはスランプからの脱出方法も知っている。
あたらしい作家にまったく触手がわかないとき(スラン
プ)は、昔読んだ、こりゃおもしろいと夢中になって読
んだ本を再読再々読するのである。そうしてる内にいつ
のまにか常態の活字中毒者になりスランプから脱出する
のである。ということで、司馬遼太郎や藤沢周平はわた
しにとって或る意味ではドクターでもあるのだ。
「カスヤさんは司馬・藤沢ファンだと聞きますが、理由
 は?」
と聞かれることがあると、
「ドクターですねえあのご両人は」
と答え、聞いた相手を困惑させることがあるが、上記の
理由などいくら説明しても同調されることはないから、
困惑させたまま、困惑されたままにしておくことも多い。
今回のスランプ中は藤沢周平の用心棒シリーズを読みま
くった。再読を通り越して再々再々読であるが、ふしぎ
なもので、またあらたな箇所を発見した。シリーズ第3
弾の「刺客」など、初めて読んでいる物語りのような感
覚さえあった。こうなればしめたものである。読むおも
しろさに刺激され、昼休み時間に事務所を抜けだし本屋
に行き、新刊本を3冊手に入れたから、どうやら今回の
スランプは今日で終わったようであります。
ちなみに、今回の新本は

「浜町河岸の生き神様」
佐藤雅美著・縮尻鏡三郎シリーズ。
帯のコメントは、
とかくこの世は、金と色。出世をしくじった御家人、縮
尻鏡三郎の見事なお裁き。人気シリーズ第3弾。

「百億の星と千億の生命」
カール・セーガン著。
帯のコメントは
地球温暖化を警告していたのは誰だったのか? 空前絶
後の天才科学者からの感動のラスト・メッセージ。

「世界一高いワイン ジェファーソン・ボトルの酔えな
 い事情」
ベンジャンミン・ウォレス著。
帯のコメントは、
建国の父が遺した奇跡のワインか?
史上最高額のサラダドレッシングか?
アメリカ第3代大統領ジェファーソンが革命直前のパリ
で購入したという「シャトー・ラフィット1787」。
1985年に競売にかけられて以来、現在もまだワイン
界を翻弄するボトルの真実に迫ったノンフィクション。

どうですかおもしろそうでしょう。
明日からは、18日に東大寺で行われるコンサートの為
に奈良入りをする。企画制作された仕込みが予定通り進
むか? が明日明後日のわたしの仕事である。建設現場
でいえば、いわば大工の棟梁のような立場である。現場
には張り付くが現場仕事を担当しているわけじゃない。
時間はたっぷりある。東大寺の境内に座り込み、秋晴れ
の空の下、大仏様を前にして、知的欲求に浸ろう。
[PR]
by kasuya_senji | 2008-10-15 17:00 | Comments(3)
Commented by RITTZ at 2008-10-15 20:35 x
ドクタースランプ・・・東大寺いきます。次、社長をみつけたら、勇気をだして絶対握手してもらいます!秋の夜空の下で、ある意味、ギタリズムの序章にふさわしい、布袋史に残る、一大イベント東大寺ライブで、失恋から明るい未来に向かうパワーももらいにいきます。
Commented by unionsquarepotter at 2008-10-19 01:53
こんにちは!
読書の秋*
芸術の秋*
そして私は食欲の秋♪
セントラルパークの紅葉も色付きはじめ
銀杏を拾ったり
お散歩が気持ち良い、綺麗な季節になりました。
器も着々と出来上がっています。
Trackback送らせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。
Commented by RITTZ at 2008-10-19 08:02 x
おはようございます。目的達成できたRITTZです。握手してください。といって心よく、握手してくださりありがとうございました。澄んだ空気に秋の夜空、お堂をバックにすばらしいステージでした。お疲れ様でした。
<< 夢の続き、祭りの後 夜の闇 >>

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム