exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
若き天才
2006年10月30日

インフルエンザの予防接種をそろそろと思っている矢先
になんだか風邪っぽい。ビタミンCのんで野菜ジュース
飲んでタップリの睡眠をと日曜日はゆっくりと寝た。
とはいっても本格的に風邪にやられているわけではない
から、くたくたと1日中寝続けることはできない。
朝寝をして、午後一旦目が覚めるとNHKのBS放送で
「拓郎・かぐや姫つま恋コンサート総集編」が放送され
ていたので、場所を自分の部屋から居間に移しソファー
に寝ころびながらテレビ観戦。時に画面はドン引きにな
り会場全体が映し出されるが、大観衆の一番後ろに陣取
ってコンサートを観た我らは、いかにステージから離れ
ていたかがよくわかる。
いつのまにか倅が隣のソファーに座りテレビを見ている。
「どこで観てたの」(倅)
「あッ!ここ。ここ。ここ」(オヤジ)
「一番後ろじゃん。ところで、観えたの」(倅)
「う〜ん。あの時もモニターの画面で観た」(オヤジ)
「今日とおなじじゃん」(倅)
「オマエは知ってる曲あるか」(オヤジ)
「神田川は知ってるけど・・あとは・・・」(倅)
「神田川1曲でも知ってりゃエライが、でもなんで知っ
 てんだ」(オヤジ)
「学校の友達にかぐや姫ファンのお母さんがいて、そい
 つがたまにカラオケで唄うから」(倅)
「親子でカラオケ行ってるのか。そいつは」(オヤジ)
「だったんじゃないの。子供のころは」(倅)
しょぼしょぼと降っていた雨はすっかり上がったようで、
陽がまともに射し込んできてまぶしい。カーテンで遮っ
た。ソファーで横になり見ていて、ウトウトと眠りに落
ちたようで気がつくと陽はすっかり落ち、番組は終わっ
ていた。いつの間にか倅もどこかに出かけたようで居間
には誰もいなかった。

部屋に戻って横になり「物書き同心居眠り紋蔵」を読む。
書類整理係から出世して、花形刑事になった紋蔵さんの
行く末がどうなることやらと心配していたが、心配をよ
そに紋蔵さんよたよたしながらもなかなかの仕事ぶりで、
大手柄を立てたりしているではないか。でも、この主人
公に共感しているところは、才能がありながらも出世と
は無縁の一人の男が、上役にこき使われ、貧乏暮らしを
しながらも家族を愛し、悪を憎み、事件に巻き込まれた
無名の人々に心を寄せるやさしい心根であって、遠山の
金四郎や銭形平次などではない。
その辺は作者の佐藤さんはとうにご存じで、5回ほど事
件を解決させた後「奉行所にはなくてはならない人材」
と筋を運び、また元の事務所勤めに戻ったところで最新
シリーズは終わった
これで、この「物書き同心居眠り紋蔵」も終了かとも思
える終わり方だった。さて、続きはあるのかないのか。

午前中は寝ていた。午後もソファーで居眠った。夜はま
だ早いが、風邪気味には睡眠が一番の薬だ。眠れるもの
なら寝てしまおうと考え、今度は「カラマーゾフの兄弟」
を読み始める。これならきっとすぐに眠くなるだろうと。
ところがドストエフスキーの文体が妙にセンテンスが長
く、読んでいる途中で話の前後がわからなくなる。聞き
慣れないというか見慣れない長ったらしいロシア名もい
つまでも頭に入らない。布団に寝ころんで読んでいるか
らイカンのではないか。と身を起し読み始めてしまった。
そのうち、長い文章の途中の句読点でいちいち立ち止ま
らないで、とにかく長いのを最後まで読むとよりわかり
やすいことに気がついて、そのまま読み進むとだんだん
話がおもしろくなってきた。このままでは読書で夜更か
しをしてしまうかもしれない。「カラマーゾフの兄弟」
を読む当初の目的とかけ離れてしまう。本はおもしろい
がそれではイカンのではないか。では、さて、と横にな
り30ページ程進むと、まんまと眠気がやってきた。目
論見どおりそのまま読みながらいつの間にか寝てしまっ
たようだ。気がつくと朝だった。寝返りの下になったよ
うで文庫本の表紙がぐちゃぐちゃに折れ曲がって畳の上
にころがっていた。

睡眠本としてもよろしいかったが、それにしては、この
物語はおもしろいかもしれない。日本で言うと明治初年
あたりのロシアの社会や生活が生き生きと書かれている。
今までまったく手が着いていなかったロシア文学への第
一歩となるかもしれない。子供の頃からドストエフスキ
ーはあまりにも有名で世界文学の大巨匠といったものだ
ったから大老人と思っていたが、履歴をみると享年60
才だから、あらためて若き天才だったのだということに
気がついた。
明日からは、上海、沖縄と今週は東京を留守にする。
しばらくブログはお休みになります。その間でドストエ
フスキー走破できるか挫折するか。いずれにせよ旅に持
っていく本は「カラマーゾフの兄弟」。これ一冊。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-30 16:09 | Comments(0)
日ハム優勝

2006年10月27日

日本ハムが4勝1負で日本シリーズを制し2006年度
日本プロ野球の頂点に立った。去年の日本シリーズもそ
うだったが、いかに終盤の勢いが大事であるかを、また、
知らされた。
これは極端な例えだけど、シーズン前中盤に100連勝
し、しかし後半勢いがなくなり40連敗して100勝4
0敗で優勝したチームより、80勝41敗から終盤19
連勝して99勝41敗で2位になったチームの方が勢い
がいいのは明らかである。

知人に元日本ハムの選手がいる。オールスターにも何度
も選ばれたことのあるO捕手で、子供同士が小学校の同
級生ということで知り合った。O選手は日ハムから中日
に移り、その後西武ライオンズで選手生活を終えた。引
退後は、西武ライオンズのコーチ。日ハムのコーチ。日
ハムのフロントと球界の発展に尽力をつくしたが、昨年
日ハムを退社に、今は個人会社を立ち上げ新人経営者と
して汗をかいているが、余暇というか趣味というかはや
っぱり野球で、少年野球チームのアドバイザーや社会人
野球チームの特別コーチとして、土曜日曜はいそがしく
あちらこちらのグランドへ出かけ汗をかいている。選手
時代と同じように日焼けしている。
日ハム時代にスカウトとして入団させた選手が、長い2
軍生活の末、30才前になって花開いて活躍しているこ
とをとても喜んでいた。
先日、家の近くでばったり会ったときは、
「もちろんですよ。札幌にはいきます。優勝してくれる
 といいんですがねえ」
とシリーズを心待ちにしていたから、今回の優勝は、身
は球界を退いたとはいえ本当に嬉しかったのではないか。
優勝したら奢りますよ。祝杯につきあってください。い
つもの寿司屋でいかがですか。と言われている。
では、早速電話をさしあげねばならない。
O氏は、岡崎堂とおなじく岡崎出身で(このことも子供
の同級生のおやじ同士ということを超え親しくつきあっ
ている理由)選手生活の最後は地元愛知の中日でという
気持ちも強くあって移籍したから、中日にも愛着が強く、
「中日にも優勝して欲しいんですよ。どっちが優勝して
 も嬉しいんで、贅沢な悩みですよ」
と言ってたから、どちらが優勝しても祝杯となる。では
では、早速電話をさしあげねばならない。

新庄選手の引退宣言だけでなく、今年の日本シリーズは
数々のドラマがあった。MVPに輝いた稲葉選手は、フ
リーエージェントでヤクルトを退団し、メジャーリーグ
を目指したが、どこからも声が掛からず日本に戻ってき
た。メジャーリーグを目指したときに、もしダメだった
ら戻っておいで。いつでも引き受けるよといってくれた
のが日ハムだった。セギノールもオリックス時代はチャ
ンスに弱く、怪我をして2軍暮らしも長く、使い物にな
らんと退団というか日本球界クビ寸前で引き受けてくれ
たのが日ハム。そんな男達のドラマに花を咲かせ、今年
の日本シリーズ・日ハム優勝の祝杯をあげたい。では、
では、では、早速電話さしあげねばならない。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-30 12:24 | Comments(0)
泡盛
2006年10月24日

23日は珍しく下北沢にでかけ知り合いのマネージメン
トする新人バンドのライブを是非観てくれたしと誘われ、
その後で風知空知(ふーちーくーちー)という店に寄る
とGさんがいて、
「25年前にもらった泡盛の甕があるのです、いつか封
 を開けようと持っていたら、今では25年物の古酒に
 なっていて、なんともまあ丸味のある酒になりました。
 値段をつければ1杯3000円もしてしまう。とても
 じゃないが売れる値ではないので、親しい人に限って
 おすそ分けしております、1杯いかが」
と、すすめられるままにいただくと馬鹿に美味い。Gさ
ん美味い美味いと1杯だけすすめられたのに何杯も飲ん
じゃって、目が覚めると二日酔い。

午前中の会議を終え午後は新幹線で名古屋へ。
ライブハウス・エルへ。bcメンバー限定ライブを観る。
布袋・ジューケン・愁の3人バンドのアンサンブルが荒
々しくRockしていて、やはり布袋はライブハウスバ
ンド出身らしく、こういう空間もまことによく似合う。
ライブが終わって、エルのオーナーの茂さんと初顔合わ
せ。互いに前から名前は知っていたが、会うのは初めて
で、会ってみると音楽一筋に生きてきましたという感じ
が顔にでている気持ちのよい人で初対面とは思えないほ
ど話は弾んだ。音楽が大好きで趣味といえば音楽で、で
もいつの間にか音楽が仕事になってしまいましたから近
年釣りを覚えて趣味としています。という考え方に共感
をおぼえたね。こちらの趣味はと問われたので、寺巡り
ですと答えておきました。茂さんのように大海原に船で
乗りだしカジキやサワラやと大物相手に格闘するスポー
ツ系とは大違いですが、ま、文化系ということで。
茂さんと別れK氏と食事にでかけると、
「すぎの刺身が入ってます」
というので「すぎの刺身」を初体験すると、黄みがかっ
た白身はもちもちとたいへんよろしいではないか。どこ
で獲れる魚かというと南の海。奄美大島あたりにいる大
きな魚で、酒は泡盛が一番合いますよと言う。昨日の二
の舞だけは・・と軽く誓ったにもかかわらず結局泡盛に
手を出し、今朝目が覚めれば、ボケてたな。

二日連続のボケ頭で東京にもどる新幹線に乗ると、静岡
駅で人身事故がありましたとアナウンスが入り、停車し
てしまった。静岡駅で事故現場検証が行われ東海道新幹
線は全面ストップ。3時間ほど停車後、とろとろと走り
出した新幹線を品川駅で降り、精算所で特急券の払い戻
し4000円を受けとった。しかし、2時間以上の遅れ
があった場合は特急券の払い戻し、という事は周知のこ
とであるとは云え、車掌は「遅れてご迷惑おかけしまし
た」と繰り返すばかりで「精算所にて払い戻しを受けて
下さい」というアナウンスは一言もなかったな。まさか、
払い戻し受けずにいる人が居いたらラッキーと考えてる
んじゃナイダロな。それともただ忘れただけかァ。民営
化後、すでにかなりの時が経っているにもかかわらず、
サービス精神は完全には根付いていないようだなJRは。

結局午前中の会議は間に合わずドタキャンとなってしま
った。私の代わりに会議の議長を務めてもらったTさん
から、
「会議は無事終了しました。それにしても大変でしたね」
と報告と労いをいただいたが、やることもないのでただ
寝てただけでしたが・・・とは言えなかった。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-26 12:23 | Comments(1)
Y氏のセントラルパーク

2006年10月23日

東京都がパークマネージメント構想を打ち出している。
都が、ただ都民の税金を使って公園を管理している時代
は終わった。都民に公園をより有効活用していただこう。
公園には木や花や草があり、四季折々の姿をみせる。
その環境に親しんで、そこで遊んで、そこで楽しんでも
らうことによって自然との共生を学ぶというなによりの
場所でもある。環境問題は地球的規模の問題である。人
類の共通問題である。と、アメリカ・ニューヨークにあ
るセントラルパークの運営を参考例としながらパークマ
ネージメント構想を打ち出しているのである。
セントラルパークでは10万人規模の大コンサートも行
われている。公園を音楽を楽しむ場所と位置づけ、ニュ
ーヨーク市とテレビ局とレコード会社とコンサートプロ
モーターが手を組んで様々な企画をし、ある時は災害地
への基金のためのチャリティーコンサート。又ある時は
ニューヨーク・フィルハーモニーの新作オペラの発表会。
ポップスありジャズありクラッシックあり。
また、公園内を野外キャンバスや野外美術館に見立て、
画家、彫刻家、写真家などのアーティストたちのコラボ
レーションありと多種多様な企画が催されている。

では、東京のど真ん中にある代々木公園ではコンサート
は開催されているかというと、行われていない。正確に
は約20数年前に1回行われたきり、それっきり行われ
ていない。さて東京都が打ち出したパークマネージメン
ト構想をどう実施していくのか。お天気の気持ちの良い
時候に東京のど真ん中で野外コンサートが出来たらいい
だろうな、と旧友のY氏にお知恵を拝借することにした。
Y氏は、或るイベントを通じて環境問題に関わるように
なり、環境省の協力をえて、東京都の公園管理局の許可
をえて、駒沢公園で環境キャンペーンの一環としてコン
サートを実施している。公園でのコンサート開催につい
てはひとつひとつ許可を積み上げていくという時間がか
かる準備があるようで、苦労はたいへんなものであるら
しいが、いつかは代々木公園でコンサートをと頑張って
いらっしゃる。
公園には独特の問題がある。公園には青いテントを張り
住み暮らしている人々がいる。昨年だったか、大阪市が
ブルーテントの住民の強制立ち退きに及んだとき、人権
擁護団体が人権無視であるおおいに反対し、こじれた。
強制退去執行時にけが人もでたようでますますこじれた。
この事件が全国に波及し、国や県や市町村はこの件に慎
重になり、強制的に立ち退かせることは難しくなった。
代々木公園も退去させるには都の費用で代替住宅を建て、
2年間の居住を許し、その間に正業についてもらうとい
う政策で対応し、ずいぶん青テントは減ったのだが、そ
れでも環境のヨロシイ緑豊かな公園でのきままな生活に
慣れてしまっている人が、また舞い戻るといういたちご
っこも始まっているようで、公園管理局にしてみれば、
パークマネージメントはともかくも目下の青テント住民
の問題が急務であり、コンサートは、
まあ・・それが片付いてから・・・
と、なかなか進まなかったのですが、駒沢公園の環境キ
ャンペーン・コンサートが地域住民に好評で、東京都公
園管理局もいよいよ協力をと腰をあげてくれましたから、
来年、または再来年あたりには実現できるといいなとY
氏は頑張っている。

ニューヨークのセントラルパーク北側に広がるハーレム
は空きビルの部屋に無許可で人々が住み着き、悪の巣窟
のような一画であったが、前・ジュリアーノ・ニューヨ
ーク市長のクリーン・ニューヨークキャンペーン政策で、
事件は影を潜め、レストラン、ブティックの出店が相次
ぎ、今では古き良き時代のニューヨークの面影を残す一
大観光地として繁栄してきている。
Y氏達の地道な努力が、代々木公園のセントラルパーク
化という実を結ぶ日も近いのではないかと期待している。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-24 13:11 | Comments(4)
お年寄りあれこれ
2006年10月19日

4月の腹痛入院騒動を忘れたかのように生活しているが、
1ヶ月に1回の定期検診があり、その日は外来の「患者」
としてかかりつけの内科のS先生から問診を受け、先月
の血液検査の報告がある。腹は順調に活動していて、た
いがいは、
「まあ特に問題はないと思われますが」
と、安心させられるが、
「用心に越したことはありません。無茶をしないように」
と、医者は釘を刺すことも忘れない。

病院は、どこでもそうなんだろうと思うが、お年寄りの
患者が多い。初診の患者さんが受けつけの前でどう手続
きをしたもんかとうろうろしている。
「健康保険証持ってきましたかアー」
と受けつけ係。耳が遠い場合もあるから大声で聞く。
「あれェ。どこやったんだろう。たしか出るときカバン
 にいれたはずなのに・・。おじーさん。あんたわたし
 の健康保険証もってないイ」
「わしが・・・持ってるわけないだろうゥ」
となりの再来受けつけも、
「月が変わりましたので健康保険証を提出してください」
「毎月来てわしとわかっているんだからいいんじゃない
 の。忘れちゃったよォ」
「○○のおじーさん。いつも言ってるでしょう。規則な
 んですから。忘れないでね。じゃあそこの書類に書き
 こんで持ってきてください。次の方どーぞォ」
となかなか速やかに事が進行しなく、2つある受付つけ
はいつもこんな調子で混み合っている。まあ時間がかか
る。

検診が終わり、病院を出ると目の前にタクシーがとまり
客を下ろしたので、それをつかまえ事務所に向かった。
新橋にさしかかるといきなり大渋滞につかまった。
デモ隊に遭遇したのである。タクシーは全然前にすすま
ない。デモ隊に沿って、通行できる片側一車線には警備
のためパトカーものろのろと伴走している。ますます前
に進まない。
デモ隊は、年金改革反対!のデモ隊で、参加している人
は総じてお年寄りで、歩みはのろい。かなりの人が参加
しているようで隊列は2キロほど延びていて、ますます
進まない。
「年金改革ハンターイ!」
と先導の年金組合のワゴン車の屋根に取り付けられたス
ピーカーが叫ぶと、いっせいに、
「年金改革ハンターイ」
と皆が叫ぶ。列が長いから、
「ハンターイ」・・「ハンターイ」・・「ハンターイ」
と声が遅れて続いて、こだまのように聞こえる。
垂れ幕を何人もで掲げている人もいるが、棒にむしろを
括りつけ旗竿のように掲げている人もいる。何人もいる。
何本も何本もむしろ旗が林立している。あれじゃまるで
百姓一揆のようだなあ。今時、むしろかい。
と進まぬタクシーの中からデモ隊を見ていると、なにや
ら近くのどこかで火事が発生したらしく、デモ隊と渋滞
に消防車と救急車が割り込んできて、あたり一帯は急を
告げるサイレンの音と「ハンターイ」のスローガンの叫
びが入り混じり騒然としてきた。
デモ隊を一時止め、消防車と救急車を先導し、騒ぎがや
っと治まったのは30分も過ぎた頃だったろうか。まあ
時間がかかった。

病院では、すこし元気のないお年寄りを。
デモでは、かなり元気なお年寄りを同じ日に見た。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-20 12:43 | Comments(2)
出世も・・・
2006年10月18日

佐藤雅美(さとう・まさよし)の「物書同心居眠り紋蔵」
を読み始めたのが、ちょうど1月くらい前から。
同心というから公儀(幕府・政府)の司法役人で、物書
き同心というのは、奉行所での裁判の時の調書の作成や、
下された判決の判例やその判例書類の保管をするのが主
な仕事で、いわば奉行所の下級役人。
同じ下級役人でも岡っ引きや下っぴきを組織し犯人を追
っかけ捕まえ、八丁堀の旦那と呼ばれ肩で風きって歩く
花形刑事の定廻り同心に比べ、派手さもなく実入りも少
なく地位も下で、今でいえば、警察署・裁判所の資料係
といったところか。
この同心の紋蔵さんは、何という病名か忘れたが、晩年
の阿佐田哲也さんと同じ病気である「眠り病」というキ
ャラクター設定となっていて、仕事中に居眠りをする。
作家でもあり雀士でもあった阿佐田さんは麻雀を打ちな
がら居眠ったらしいが、紋蔵も、特に昼の弁当をつかっ
た午後などいつも居眠る。各編の出だしでは、
「藤木紋蔵はいるか」
と上司に声をかけられ目が覚めるところから始まるとい
う設定が多い。紋蔵の父親は、主人公より格上の花形刑
事で、本来はその跡取りは同じ仕事・役であるのだが、
あんなに居眠りをしてては外回りは勤まらんだろう。さ
りとて頸にはできん。では書類整理係でもやらせておけ。
と、探査中に殺されるという不慮の死を遂げた父親への
同情もあり、なんとか雇ってもらっている。

病持ちではあるが仕事は堅実で、上司には「居眠り居眠
り」と軽く呼ばれるが信頼もされている。警察長官でも
あり裁判長でもあるお奉行様から、またある時は、その
上の老中(大臣)から公にできない内々の命令が紋蔵さ
んに伝えられることもあり、命令をうけた紋蔵は、仕事
が終わってから密かに捜査に足を伸ばし、調査し上役に
報告し、その結果、手に負えそうもなかった難題が解決
を見ることもある。そんなこんなで長い下級役員の下積
み生活を送っていた紋蔵が念願叶い、父親と同役の定廻
り同心にいよいよ出世をしたのが長いシリーズの最新作。
いままでは、日がな事務所に詰め、書類整理をするとい
う一人仕事であったが、外廻り同心は事件を解決しなけ
ればならない。担当地区があるとはいえ広いお江戸の町
を事件を追って一人で探査するのは不可能である。十手
を預けた岡っ引きを10人も雇い、そのそれぞれの岡っ
引きの下に下っ引きがまた10人程いてと、総勢100
人方を組織し統括しなければならない。
紋蔵さん、そんな部隊長なんて出来るの?。
しかも岡っ引きは政府の正式の役ではなくあくまでも同
心の個人抱えである。
紋蔵さん、その金(支払う給料)はどう都合するの?
この1ヶ月。物語の世界で主人公と親しんできたから、
いつしか紋蔵さんの知り合いのような気分で心配でしか
たない。町の食堂のおやじが腕をみこまれ帝国ホテルの
料理長になったかのようで今後の行き先が心配だと読書
仲間に話したら、
それは心配だなあ・・・俺の知り合いがロスでレストラ
ンを開業して、やっと50人ほどのパーティーを引き受
けるまでになったが、メキシカンの料理長が気の小さい
奴で、プレッシャーに負けて、酒煽っちゃって料理がヘ
ロヘロ。でパーティーが台無しになってその評判がロス
中に伝わって、結果、店がつぶれちゃったことがあった
からなあ・・・と言うでないか。
作者の佐藤さん。なんとか紋蔵をよろしくお願いします。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-18 15:37 | Comments(1)
神々の島
2006年10月17日

10月15日。ハワイ島沖で地震が発生した。マグニチ
ュード6,8の強い地震だった。
長く住み慣れたロスを離れ、Mがハワイ島に引っ越した
のは去年のこと。Mは日本にいたときは音楽関係の仕事
をしていたが元々はサーファー。日本を離れロスに腰を
落ちつかせ、相変わらずサーフィンやりながら音楽仕事
をしていたが、若さにまかせ馬鹿をやるのももうそろそ
ろだなと思いだしたところで縁あって知り合った人から、
リラクソロジーを知るところとなった。元来サーファー
である。自然と共生している。その上、自分でも「気」
の集中が人よりも数段優れていることを知っていたMは、
「カタギの商売にもどりまーす」と冗談めかした便りを
よこし、音楽業界を離れてリラクソロジストを目指すこ
とになった。後で知ったが、ちょうどこの時、体調を崩
し忙しい仕事との板挟みで身も心もボロボロだったらし
い。
それをしらない当方は、あの「ちょい悪ガキのMが環境
共生リラクソロジスト?」また似合わないことを始めた
もんだ。また、戻りましたーと音楽仕事に帰ってくるの
ではないかと思っていたが、どうやらMは真剣で、かな
りの訓練と修行をつんだようで、一昨年ロスを訪れた時
はビバリーヒルズ・ホテルまでわざわざ出向いてくれ、
2時間ほど丁寧に身体をケアーしてくれたが、その腕は
見事で旅の疲れは一気に吹き飛んだ。
その後Mは、ロスで知り合った若き女性画家と結婚し、
子供も産まれ、より良い環境を求めハワイ島に移住した。
そのハワイ島で大地震が起きた。崖崩れや家や道路の決
壊もところによってはひどい状態だと報道されたので早
速安否の確認メールを入れたのが昨日。
事務所に出てメールをチェックするとMから、アロハ!
と返信メールが来ていた。

不思議なもので、家族は一昨日からロスに里帰りしてい
て地震に直撃された時は一人だったので家族は無事。自
分も無事です。島では一部崖崩れで道路が封鎖。ガス漏
れによる緊急避難や水道管の破裂があったがMのところ
は難を逃れましたとのこと。ただ、ガレージが開かず、
ようやく開いたら閉まらずと安普請の家ではしかたあり
ませんが、全体としては報道されているような被害はな
く、皆様の心配をよそに夕方は海に出かけ波乗りをして
きたほどです。と書いてある。
また、津波は発生しなかったが、当地のプロによるとそ
れでも軽く影響があり、明日はそれなりの大きな波が来
るとサーファー仲間は楽しみにしてるようだとも書いて
ある。ロコ(地元民)によればハワイ島は火山の島であ
り地震は想定内の出来事で、あわてふためき大騒ぎをし
ているのは本土から来た不動産投機目的の金持ち連中で、
これで彼等が土地を手放し本土へ帰れば、渋滞も減少し、
土地も安くなるだろうと話しているそうだ。
驚くことにロコの楽しみに「マウナケアの噴火」がある
とのことだった。
最後に、再会の約束をとの後で、こう締めくくっていた。

地震も噴火も地球が元気な証拠。
その御陰でこの島は産まれました。
ペレの神様と共に暮らす島の人々は地震も噴火も神々を
感じるのです。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-18 15:35 | Comments(1)
オニイサン・・・
2006年10月16日

京都に行くとき、隣り合わせた容姿の良い女性がボロボロ
のジーンズを履いていた。ボロボロといってもボロを纏っ
ていたのではなく、たぶん自分で勝手に鋏を入れ、あちこ
ちに破れが生じているジーンズだった。その破れジーンズ
がカッコ良く、並みのセンスではない事は一目で分かった。
また、その破れから美しい御足の一部がところどころから
見えていて、そのお肌の白きこと。それはナイスな光景だ
った。
ジロジロと見るのは遠慮せなばならない。窓の外を、今は
どのあたりかな、富士山は今日は見えるのかしら、てな感
じでちらりと横目で尊顔を拝見すれば、アリャー!なんと
綺麗な人であるか。年齢も若すぎず私とつり合いは取れて
いる。うん、だいじょうぶだ。背もすらりと高そうで俺の
ほうが小さいかもしらんが、私は背の高低は構わない。う
ん。だいじょうぶだ。
仮に、その女性が、オトモダチニナッテモイイカシラ・・
などとのたまえば、当方に断る理由などひとかけらもなく、
うん。だいじょうぶだ。
千載一遇のチャンス到来かと心密かに喜ぶが、喜んだ瞬間
からたちどころに緊張してしまって、なにをやっても振る
舞いが自然ではなくぎこちなく、挙動が不審な奴になりか
けているのが自分でもわかる。
本を取り出し読むが、さっぱり頭に入らない。
東京駅で買った弁当などとても食えない。
次はナゴヤーとアナウンスが入ると、その女性は足下に置
いてあった小さな鞄を手にし、立ち上がり、失礼しますと
声を掛け、いそいで席を空けようとする俺に、だいじょう
ぶです、と長い足で俺の席を一跨ぎし、名古屋で下車して
いった。残念とホッとしたのが同時だった。
緊張がゆるみ、しばらくボーと窓の外を眺めていたが、腹
が減っていることに気がついて、立ち振る舞いも元通りに、
新聞を広げ読みながら弁当をつかい始めたのは関ヶ原を過
ぎてからだった。
フーテンの寅さんシリーズで、流れ者のサーカスの曲芸オ
ートバイ乗りという役を若きころの渡瀬恒彦が演じたが、
山田洋次監督は、あの女には堅気の暮らしをさせてやりた
い、もうこれ以上まとわりつかないでくれと寅に言われた
渡瀬恒彦に、こんな科白を吐かせている。
「お兄さん。見かけによらず純情ですね」
たまたま、通路を挟んだ席に、寅シリーズのオートバイ乗
りの渡瀬恒彦が乗車していたとしたら、渡瀬さん、俺に同
じ科白を吐くことだろう。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-17 11:14 | Comments(1)
中秋の名月
2006年10月14日

そういえば。先週の末は中秋の名月。

ベランダにでてみると真っ赤な巨大な月が地平線上から上
がってきた。幸い14階の部屋の東側には高い建物はなく、
階下には遠くまで住宅地の光が点々と広がるが、なににも
邪魔されることなく、あかたも地平線上から月が上がって
くるように見えた。ベランダに腰を下ろし月を眺めながら
ロンドンで見た月を思い出していた。

ロンドンのアビーロードスタジオの近くのマルボロ・プレ
イスにあるアラベラ・コートが長期滞在時のかっての定宿
で、ギタリズム・シリーズはすべてこのコンドミニアムに
居を構え制作された。どのシリーズでのことだったか憶え
ていないが、1990年代のある秋の夜。
毎晩のようにミュージシャン仲間が入れ替わり立ち替わり
訪れ繰り広げられていたドンチャン騒ぎのパーティーも終
わり、散らかった部屋の後片付けをすませ、火元を確認し、
さて、そろそろ寝ようかとベッドに入ると窓からまん丸の
月が見えた。
そーかァ。今日は日本では中秋の名月だ。寝てる場合じゃ
ないなとベッドをぬけだして、キッチンの冷蔵庫から缶ビ
ールを2つ3つ取り出し、リビングの隅にある螺旋階段を
上がり、屋上のルーフテラスに出ると先客がいた。
ドラマーの池畑潤二だった。池畑の隣に腰を下ろし、ピー
ターパンやメリー・ポピンズの映画にでてくるようなちい
さな煙突が林立するロンドンの町の黒々とした家々の上空
にポッカリと浮かぶ月を二人眺めた。
月を眺めながら、子供の頃のこと、田舎のこと、家族のこ
と、去っていった女のこと、失った友のこと、IRc2と
いう近年発見された新しい天体のこと、巨大隕石の衝突に
よりブチ欠けた地球の1部が宇宙空間にとどまり月になっ
たらしいこと、昨夜テレビでみたイギリス議会中継のこと、
「ある議員が、ナントカという大臣を責め立てていた。お
 まけに、アンタは議員になる前は獣医だった。アンタが
 面倒見られるのは、馬や牛で国民じゃない。と口撃する
 と、そのナントカ大臣がこう答えた。じゃあ、あんたも
 見てあげましょうかと。議会中で大笑いがおこり、質問
 した野党議員はいたたまれず退場したよ」
「ハハハハハ・・」
とりとめない話をしながら、ビールがなくなると交代で階
下におり、ビールを補充し。長い間二人で月が西方の建物
の陰に沈むまで。飽きもせず見ていた。月が太陽と同じく
らいのスピードで沈んでいくのだとは、この時知った。
池畑と毎年中秋の名月の日は二人で月見をしようかと話し
たが、その約束は今日まで守られることなく10年以上が
過ぎた。

ところが、ベランダで月をみているとMから電話があって、
おもしろいイベントをやっているらしいから観に行かない
かと誘われ、渋谷まで出かけると、MばかりでなくKやH
やNやとなつかしき面々が顔を揃えていたが、楽屋で池畑
とばったり出会った。池畑、中秋の名月すごかったぞ。
来年あたりはどこぞで月見酒を。と、守られないかもしれ
ない約束をして別れた。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-16 15:42 | Comments(3)
軍艦より重い水
2006年10月13日

青森県むつ市関根の関根漁港で10日、第2西防波堤の
ケーソンが崩れているのが確認された。発達した低気圧
に伴う高波が原因とみられる。市によると、一列に並ん
でいた縦15メートル、横12メートル、高さ12メー
トルのコンクリートの箱8基(総全長120メートル)
が被害を受けた。ケーソンは1基4000トン。

と写真入りで朝日新聞社会面に掲載されていた。写真を
見ると、ほぼ正方形のコンクリートの固まりが横倒しに
なったように海面から無様な姿を表している。
総重量3万2千トンのコンクリートの固まりが高波によ
って横倒し。しかも形状は縦長物ではなくほぼ正方形物。
いったい波によってどのくらいのエネルギーが発生した
のか。想像も絶するもの凄さである。
先日、沖縄のMさんから台風13号の被害の話を聞いた。
台風一過の翌日。Mさんの住む近くの海岸で台風による
大波にあおりにあおられたテトラポットが、海岸の堤防
の上まで打ち上げられていたという。一基ではなく10
基以上で、しかも見つかった場所は堤防沿いにつくられ
た駐車場の入り口付近で、海からは50メートルも離れ
ているところだったという。Mさんもどのくらいのエネ
ルギーになるのか想像もつかんよ。といっていた。
この沖縄話も驚いたが、今回の青森話には仰天した。

ほぼ1気圧(1000ミリバール)の大気によって押さ
えつけられている海面は、例えば、930ミリバールの
巨大な低気圧下では、とうぜん盛り上がった状態になっ
ている。盛り上がっていく過程ですでに海水の動きに運
動としてのエネルギーが集積する。その、他の海面より
一段高くなった海面の山の上空の中心に向かって、東西
南北から大風が怒濤のように吹き込み、上昇気流となり
渦を巻く超巨大な竜巻と化す。地球の自転により北半球
では西に回り込みながら北へとむかう。それにつれて移
動する海面も盛り上がりのエネルギーに大気のすざまじ
いエネルギーが加わり、逆巻く巨大な波となって海水の
自重ごと海岸にぶちあたり、テトラポットを吹き飛ばし
ケーソンを横倒しにするのだろう。

しかし、考えてみれば水は重いのである。洪水であふれ
た水が地下鉄などの階段を下りおりるが水の高さが40
センチを超えると、まず人は階段を上がることはできな
いと言われている。プロレスラーなどはてすりにつかま
り登ることも可能な腕力もあろうが、残念ながらあなた
も私も一般ピープル。登ることさえできず流れ下りる水
に引きづり込まれ、冠水にて死を迎えるばかりだ。忠告
があるとすれば、地下鉄、地下街の階段は場所によって
傾斜が違っているようだから、できるだけ緩やかな階段
を駆け上がることらしい。

水はとてつもなく重いのである。巨大空母が海に浮いて
いるのは、海水の総重量がそれよりもはるかに重いから
である。
極細の出口から水を超高速で吹きだし、ぶ厚い鉄を切断
する工業用の機械があるが、水鉄砲とは云えまさに凶器。
水はまことにおそろしかバイであります。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-10-13 14:27 | Comments(1)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム