exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
北京発
2008年7月30日

開業前で通常サービスはできませんが朝飯は欲しいもの
があれば言ってください用意しますというから、
<目玉焼き(玉子2個)ソーセージ、サラダ、お粥>
をたのんでおいた。
朝飯前に運ばれてきたコーヒーを飲みながら、
なんでマンガ本など捜していたのかなあ・・
コンビニは、たしか、セブンイレブンだったような気が
するなあ・・
誰か一緒だったようだったが、あれは誰だろう・・
と朝方に見た夢のことをボンヤリと考えていると、怪人
がキャビアを手にホテルにあらわれた。

「おはようございます。ゆっくりできましたでしょうか。
 今日の午後は大事なミーティングがありますから英気
 を養っていただこうとキャビアを買ってきました」
「どこで買ったんだい? たしか、先回北京に来たとき
 ロシア人街を歩き回って捜したが見つからなかった」
「あそこは毛皮屋通りでしたねえ。並んでいる店もちい
 さな店ばかりでした。あのすぐ裏手にというか1本表
 通りにおおきなロシアデパートがありまして、そこの
 食料品売り場で見つけました。ただし・・・60元。
 つまり、この大きさ(大きめの靴墨の缶くらい)で日
 本円で900円ですから、品質は保証できかねますが、
 ロシア人も買ってましたから特に問題はないと思われ
 ます」
「仙台でキャビア茶漬けを食ったことがある。とんかつ
 屋なんだがなぜか茶漬けを食わすんだ。冷蔵庫から取
 りだしたキャビアの缶というのが、そうだな、16㎜
 フィルムの缶くらいある大きいなやつで、店の親父は
 函館に行くとロシア船から上陸した船員から買うそう
 だ。内緒ですがこれで10万円ですから目玉が飛び出
 るくらい安いですと言ってた」
「内緒って事は・・」
「まあ、船員の小遣い稼ぎさ。密輸品と言うことだろう」
「で、美味いんですかそのキャビア茶漬けは」
「美味かった。飯を丼によそうと、なにをはじめたと思
 う? 牛乳を温めはじめたんだよ。で、キャビアを大
 さじのスプーンでごそっと掬って飯の上にドンと置い
 て、暖かい牛乳をかける」
「牛乳ですかァ?」
「そう、お茶ではなく牛乳。でもご飯と牛乳は日本飯で
 は馴染みがないが、イタリアではドリアはご飯にクリ
 ームをかけてチーズをかけてオーブンで焼くじゃない
 か。クリームもチーズも牛乳からできる。意外に相性
 がいいんだよ両者は」

などと話しているところに朝飯が届いた。
お粥は塩もナニも入れないプレーンなお粥をたのんでお
いたから、さっそくキャビアをドカッと乗せキャビア粥
を食った。キャビアは小さいクッキーに乗せて食うが、
あれはクッキーを食べるんじゃない。キャビアを食べる
のであるから、お粥の上にキャビアを少々的な食い方で
はなく、もうひとつお粥をもらって一缶を二人で半々に
分けドカンドカンと乗せて食った。900円にしては上
出来だった。

北京に行くときは現地ではいつも怪人と一緒だから、東
京からの用事はいつも怪人の携帯に電話をしてつかまえ
てもらうことにしているから、国際通話ができる携帯は
持っていなかった。ただこれでは家からの用事に対応で
きることができない。家からの用事といっても、
「出かけた後テーブルに明太子が出っぱなしになってい
 たけど、ちゃんと片付けてね。それにあの明太子の賞
 味期限はいつまでなの? とっておいたほうがいいの?
 それとも処分した方がいいの」
とか、
「シャワーを浴びた後、栓がしっかり閉まってなく水が
 ちょろちょろとこぼれていたよ。それに使った洗面所
 が水浸しになっていましたよ。きれいに使ってよォ」
などというものだから、まさか、怪人の携帯を中継にし
てやり取りするわけにはいかない。いかないので、その
へんの小言系連絡は北京に出かけているときは休戦にな
っていたが、今回はiーphoneで通話が可能になっ
た。iーphoneは日本ではソフトバンクと契約して
いるが、ソフトバンクはもともとは外資系国際系キャリ
アのボーダフォンを買いとったものだから、国際通話は
お得意である。
早速iーphoneが鳴った。かみさんからの小言系連
絡かと思ったら上海にいるK氏から、明日北京に行きま
す、矢野浩二君と一緒です、会いませんか? という電
話だった。
矢野浩二君について書いておこう。
彼は役者を目指し大阪から上京したが、なかなかチャン
スがなく、新天地を求めて21世紀の初頭=8年前に単
身北京に乗りこんだ。日本でチャンスはなかなか巡らな
かったがそれでも知り合いや仲間はいた。北京では誰も
知らない。全くの孤軍奮闘で、しかも中国語を喋れるわ
けではなかった。
このような状況でナニカが開けるとはまったく思えない
のだが、どこかに神様がいた。知り合った人から紹介さ
れたテレビ制作プロダクションの社長が、その心意気に
感じて役を与えてくれた。そこまで根性があるなら並の
役者とは違うナニカがあるだろうと。
与えられた役は中国人がやりたがらない日本兵役だった。
中国で日本兵という役は悪魔の代表で、役がはまればは
まるほど嫌われる役柄なのである。でも彼は文句のひと
つも言わずもくもくと日本兵役をこなした。その姿をみ
ていたある脚本家が、悪役の日本兵だが中国人と心を通
わすことができる日本兵を書いてくれ役を与えてくれた。
悪役としてすこしは知られる存在になってきたころだっ
た。悪役も心が通えば魅力的になる。嫌われないヒール
役としてまた一段階段を上がった。
そのころ矢野君と知り合ったK氏が、K氏本人にいわせ
れば軽い気持ちで言ったらしいが、
「バラエティー番組にも嫌がらずに出たら」
と言ったことがきっかけとなり、プロダクションの社長
もいつまでも悪役ばかりじゃ・・・と思っていた矢先の
ことだったから、湖南省のテレビ局のバラエティー番組
に出演させたところ、ヒール役の矢野君は元来大阪人な
のでなんぞおもろいことありまっか? おもろいことな
らなにやってもいいんちゃう? 的な性格ももっていて、
それがもろにテレビででた。
あの嫌われ役の日本人がおもしろいおもしろいと大人気
となった。若者に大人気となった。やっと矢野君の地で
評価されてきた。それに役者としての真剣さはテレビ・
映画関係者だけでなく視聴者にも充分評価されていた。
いよいよこれから花が開く時にさしかかったのである。

K氏から矢野君の話を聞いて、そんな凄い根性の入った
若者に一度会ってみたいと思った。K氏は明日上海から
北京に入ります。午後の1時間ですが矢野も糟谷さんの
話をしたら是非会いたいと言ってますから会いましょう、
と電話がかかってきたのである。この時ばかりは、iー
phone買って良かった! と心から思った。
翌日会いに出かけるときに北京の道路事情に疎いわたし
は大渋滞にはまってしまい40分も彼を待たせてしまっ
た。申しわけないと恐縮するわたしに矢野君はにこやか
に立ち上がり、手をさしのべるとお忙しいところ申しわ
けありませんと握手をした。会ってみると想像通りの好
青年で、考え方もしっかりしているし、なによりも相手
に対する心遣いがすばらしい。これは今の日本人に失わ
れてしまったもので、言い換えれば他人に丁寧に接する
こころである。これをしっかり持っている人だった。
若い頃の苦労はいくらしてもし過ぎることはないのだ。
いっぺんにファンになってしまった。
K氏は、互いに古いつき合いの仲間じゃないですか、な
にか矢野君の将来を一緒に考えてくれないかなあと言う。
なにかおもしろいこと思いついてくださいよと言う。
まだファンになったばかりでナニも思いつかないが、次
回わたしが北京を訪れる日、または矢野君が日本を訪れ
る日に会おうと約束して、北京を発った。
[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-30 17:34 | Comments(1)
フートンのポロシャツ&武警
2008年7月29日

つま恋から帰って、その翌日北京へ。
乾燥している気候の北京では夏の気温が38度にも上が
るのは特にめずらしいことではないが、それでも日陰に
入れば空気は乾いていて涼しい。
ところが今回の3日間は珍しく蒸し暑い日が続いた。週
末になると必ずやってくる夕立は例の爆弾で降らしてい
る雨だという噂があって、そのせいで今年の夏は蒸し暑
い日が続いていると北京人は言っていた。

怪人Tは、彼の北京滞在は毎回約1ヶ月に及ぶから行く
たびに違うホテルに宿泊し、いろんな場所を起点にして
北京を縦横無尽に動き回り、そうやって彼は北京を覚え
た。
故宮を中心にして今回は北側のホテル。そこから街へ出
るにはこの通りが便利だ。途中に美味しいと評判の北京
ダックの店があると覚える。
次は故宮の東側のホテルに宿泊。そこから仕事の現場に
出るにはあの道、この道、あの店、この市場と覚える。
その次は故宮の西側のホテルで、あのデパート、このホ
テル、もし住むならこのマンションと覚える。
これは滞在が1ヶ月にも及ぶ彼だから有効な手段である
が、わたしのように2泊3日の小旅行者には、しかも、
数ヶ月に1度行くか行かないかという頻度で訪れる者に
は、行くたびに宿泊する場所がかわってしまうと、広い
北京では方向さえままならず、場所に馴染む間もなく帰
国するのであるから、覚えきれるものではない。
それでも怪人は彼流を貫き、今回もはじめてのホテルを
用意してくれた。

北京のど真ん中の故宮の東の大繁華街・王府井(ワンフ
ーチン)にほど近い、できたばかりのミニホテルだった。
正確に言えば、できたばかりではなく開業寸前だった。
怪人は北京の隅々まで知っている。いや知り尽くしてい
る。このホテルをいったいどうやって見つけたのか謎で
あるが、不動産業を営む北京生まれで物件専門家のBU
Nちゃんも知りませんでしたと驚いていた。
きっと、怪人は開業目前のこのホテルに乗り込んで、
「日本からビッグパーソンがやってくる、この人が気に
 入れば、このホテルは日本の音楽関係者のたまり場に
 なるであろう」
などと怪人節をぶちまけたに違いない。開店前なのにわ
たしを受け入れてくれた。
ホテルスタッフの接客予行練習のような雰囲気の中での
宿泊だったが、フロントから客室係からティーサービス
係から全員でわたし一人のためにサービスをしてくれ、
それはまるで主賓あつかいで心地よく、ともかくも
「史家ハウス・ホテル」の顧客第一号の栄誉を得た。

胡同を知ってますか?
四号院を知ってますか?
胡同とはフートンと言い、横町、路地裏という意味。
四号院は建物の形のことで、土塀に囲まれた中に中庭を
はさんで四つの建物がある作りの家を四号院といい、基
本は土塀で東西南北に囲まれていて、建物は亭主の住む
南面した号(部屋)と親や兄弟が住む別の号と厨房や風
呂場がある号とに別れていて、中流階級以上のお金持ち
が住んでいる家の形である。で、今回宿泊したのは、北
京の真ん中の繁華街の一本裏通りにあるフートンの四号
院を改造したホテルだった。
ホテルには風呂付きの部屋、シャワー付きの部屋と大小
8つの部屋しかない。わたしが宿泊した部屋は一番大き
な部屋で天井は高く、寝室は淡い橙色の壁で色が目に優
しく、どっしりした中国調の寝台やテーブルが置かれて
いた。寝室に続く風呂場は青い壁でバスタブ、洗面所、
トイレはすべて白い陶器でなかなかのモダンカラーデザ
インながら落ちつける部屋だった。
チェックインしたときに部屋に係の女性がいて、届いた
ばかりの日本製のシャープのアクオス・大型52インチ
のテレビをセッティングしているところだった。
「あなたが来るから明日届くはずだったテレビを1台だ
 け今日中に届けなさいといって、今とどいたところな
 の。間に合ってよかったわ」
といって、うれしそうにけらけらと笑った。
シャワーを浴びる。お銀はホテル視察に訪れて、シャン
プーもリンスもボディーソープも、資生堂です! と感
心していた。資生堂は中国では非常に高名で、とにかく
品質がよい、欧米系の化粧品とは違い同じアジア人の肌
を知り尽くしていて、とても馴染むと評判がいいのであ
る。もし北京に彼女ができたらお土産は資生堂の化粧品、
とくに口紅が喜ばれますとよけいな助言をしてくれる日
本人駐在員がいるくらいである。
お銀は通訳で彼女ではないから、わたしのお銀への土産
は成田空港で買ったおにぎりで、京都の大学に留学経験
があるお銀は、
「やっぱり日本のおにぎりが美味いー!」
と2つをぺろりとたいらげた。
お銀は中国東北地方の吉林省出身の朝鮮族で、あの地は
北朝鮮の北にあたるから黒竜江の支流をさかのぼる鮭な
どは地元の魚として食っていたんだろうと思ったが、聞
いてみると意外にそうではなく、鮭は日本で初めて食べ
たという。そういいながら鮭のおにぎりを美味そうに食
った。

ホテルの前の通り=胡同を歩くと、襟と半袖の袖口が赤
い白いポロシャツを着ているオバチャンがいて店の前を
掃除していた。掃除屋さんのユニフォームかと思ったが、
またしばらく歩いていくと別の店の前には同じポロシャ
ツを着た人が3人ほどいてなにやら楽しそうに話し込ん
でいるが、誰も箒もちりとりも持っていない。
掃除屋さんじゃないのか・・・・
しかし、よくもまあおなじ服を着てるものだなとまた歩
いていくと大通りにでた。大通りにでると、今度はその
ポロシャツを着た20人くらいの若い学生のような集団
がいて、手に持ったチラシのようなものを町ゆく人に配
っている。
「あのポロシャツはいったいなんだい?」
と聞くと、オリンピック記念ポロシャツですという。彼
等は旅行者に対する街中案内ボランティアで、さっきの
胡同にいた人たちは個人で着ているのだが、まあ、オリ
ンピックの盛り上げに一役かっているのでしょうという
ことだった。お銀とBUNちゃんに、君らは着ないのか
というと、あんなかっこ悪いもの着られませんと答えた。
あちこち出かけたが、
オリンピック直前! 盛り上がってまっせー!
という感じは拍子抜けするくらいどこにもなかった。
ただ、武警とドアにおおきく書かれた車に乗っている武
装警官のパトロールがいたるところで目についた。普段
の10倍くらいはいるそうで、きっと山西省や山東省や
河北省から引っぱり出されて来ているんだろうが、とに
かくやたら武警パトが目につく。一方通行を逆送してく
る武警パトにもお目にかかった。
お祭り気分ではなく、治安一辺倒だな・・・
ホテルの前で見かけたお掃除オバチャンはオリンピック
ポロシャツにご丁寧にも赤いラインの入った白いパンツ
を合わせて履いていたからユニフォームかと思ってしま
ったのだけれど、市井の路地裏に住む市民の盛り上げ気
分の記念ポロシャツも武警との同居でイマイチ妙な感じ
だった。
初日はこの後、故宮の見えるホテルのバーで一杯飲んで
雲南料理を食って四号院・史家ハウスに帰った。帰ると
オーナーが従業員とミーティングをやっていた。テーブ
ルに切られた西瓜がのっていたから、ミーティングは終
わり、雑談していたのかもしれない。どちらでもいいが、
しかし中国の人は西瓜が好きだね。顧客第1号様のお帰
りである。全員がこちらを見て立ち上がろうとしたから、
そのままそのまま、そのままミーティングをつづけなさ
いって感じで、やあと軽く手を上げ部屋に戻ると、オー
ナーからですと、西瓜の差し入れが届いた。
夜になっても気温は高く蒸し暑い夜だった。勿論部屋の
中はエアーコンディショニングされているからとても涼
しいが、エアコンの冷気は苦手である。着替えてベッド
に横になる前にエアコンの電源をOFFにして寝た。
朝方、気温が上がってすこし寝苦しくなったのだろうか。
コンビニに入ってマンガ本を捜している夢を見た。
手塚治虫の文庫本サイズのマンガ本で4冊あるが、1巻
と2巻と6巻と8巻があってあいだの巻がないので、な
んだか真剣に捜している夢だった。
[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-29 13:54 | Comments(0)
鹿児島〜掛川
2008年7月28日

ひさしぶりのかごんま。
布袋のツアーマネージャーのSは、去年の布袋さんツア
ー以来ですね、鹿児島のKMさんに会うのはそれ以来で
すか? と云うが、去年は行ってないから鹿児島へは3
年振りくらいになる。
ふた昔前=長渕剛のマネージャー時代は、日本で一番出
かけて行った先が鹿児島で、市内、といってもレコード
屋や本屋や飯屋・飲み屋がある盛り場だが、どの店に誰
がいてなどと隅から隅まで知り尽くしていたものだ。
ところが、今回、Sホテルからタクシーに乗って飯屋に
出かけたが、その店が天文館のど真ん中あたりにあるこ
とさえも気がつかなかったくらいだから、最近のご無沙
汰振りは目をおおうばかりで、現場を離れれば、
去るものは日々に疎し、が実感である。

さて、鹿児島で美味い食い物にであった話をしよう。
四角い30㎝四方の平たいアルミのプレートがある。
その上に、東京の下町で食べるもんじゃ焼きのように、
もやし、キャベツ、タマネギが細かく刻まれ、牛肉も同
じように(青椒牛肉絲のように)細かく刻まれ、それら
が味のつけられたスープで混ぜ合わされ、アルミのプレ
ートにまあるくのせられている。
アルミの平たいプレートの真ん中が凹んでいて、プレー
トを火にかけると真ん中から煮えていく。店では煮るで
はなく炊くと言っていた。
炊けて肉の色が赤から赤灰色にかわりはじめると食べ頃
で、回りを囲んだ人々が次から次へと箸を突っ込んで食
べる。真ん中が食べ尽くされると回りの具材を凹んだ中
央部にすべりおろし、また炊く。箸を突っ込む。食う。
が数回繰り返され、プレートの野菜&お肉はあっという
まに食べ尽くされた。食べるときに別ざらのポン酢につ
けて食べるが、もともとつけられているスープの味は、
薄味だが韓国料理のプルコギのタレに似た味で、そのま
またべてもなかなかイケル。
美味い!美味い! とあっという間に4人で2皿=8人
前を食べた。肉1に対し野菜3の割合で食べるからいく
らでも食べられるのである。
僕は酒を飲み始めるとツマミばかりつまんでほとんど飯
物を口にしない悪い癖があるが、この時ばかりは食った。
貧乏学生時代にご飯を噛まずにのみこむようにして食っ
たあのいつも腹を空かしていた記憶が蘇ったくらいだ。
しかし、プルコギともんじゃを一緒にしたようなこの鍋
料理は店の親父の新発明と言える。現にこの真ん中がへ
っこんだプレートは特許出願中であるそうだ。
この店東京にも出店しないかなァ。週に1回はかならず
通うのになァ。と後ろ髪をひかれつつ、翌日はつま恋へ。

これを書いているオフィースに、iPodからポール・
マッカートニーのビートルズ解散後の初のソロアルバム
「マッカートニー」が流れている。
このアルバムは、ビートルズの最後の時代のメンバー間
の問題(ヨーコ・オノとの確執も含む)やビジネスや権
利関係やらの凄まじいまでの確執から解放されて、まあ
なんだか拍子抜けするほど緩みきったアルバムで、天才
ポール・マッカートニーといえど、やはりジョン・レノ
ンあってのポールに過ぎないのである、失敗作である! 
と世間からは酷評されたアルバムである。
今聴いても、酷評むべなるかな・・であるが、どういう
わけか、暑くてだらだらに緩みきっているこの時期に聴
くと妙に調子が合うもので、何十年経った今では好きな
アルバムになっていて、音楽というものはわからないも
のだ。

つま恋はAPバンクフェスへのシークレット出演だった。
顔見知りのミュージシャンやスタッフから
「どうしたんですかいったい?」
「え! ホテイサン出るんですか?」
と会うたびに言われた。
APバンクフェスについて話しておこう。
APバンクは、当初、坂本龍一さんや佐野元春君や小林
武史さんやミスチルの桜井君等によって設立されたバン
ク=銀行で、環境安全問題にとり組む新規事業に投資を
するバンクである。
鹿児島で無農薬の野菜を育て肥料を作り、それを餌に豚
を育てるなど、食の安全、無農薬栽培を通じての環境保
全事業などに投資をしている。
バンクであるから資金がいる。
そこでAPバンクは1年に一度大きなコンサートを開催
し、資金を集めるのである。それがAPバンクフェスで
ある。そして集まった資金はまたあらたな事業に投資さ
れ、その経過はネット上で公開されているのである。
音楽を通じてすべての参加者=ミュージシャン&観客&
&スタッフ&ボランティアが環境問題にとり組んでいる
フェスティバルといえるだろう。

布袋の出演が終わり、関係者にご挨拶とお礼を申し述べ、
布袋にお疲れさんと声をかけ一足おさきにつま恋を辞し
た。つま恋から掛川に向かうタクシーの運転手さんに、
「お客さん。去年も出演されてましたねえ」
と声をかけられる。誰と間違えられているのかわからな
いが、つい先日は東京で
「お客さん。監督に似てますねえ」
「監督って王監督? 岡田監督? スティーブン・スピ
 ルバーグ監督? 柳本監督?」 
「ちがいますよ。むかしピンク映画撮っていた山本監督
 ですよ」
って間違われたから、人はいろいろな間違いをするもの
だといちいち訂正をするのはやめて、来年もきますよ、
「そんときはヨロシク!」
と永ちゃんの真似をしたけど、永ちゃんには間違われな
かった。
[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-28 14:30 | Comments(1)
ニューマシンでエントリー
2008年7月22日

i-phoneを買った。どこの販売店に申し込んでも、
「予約は受けつけていません」
と言われたが、なんと! 世田谷のとあるちいさな販
売店で6番目で受けつけてくれ、販売開始当日に手元
に届いた。まずi-phoneと格闘する。するが普通の携
帯電話とはちがい、i-phoneに入れるすべてのデータ
はコンピューター(アップル)からi-phoneに同期し
なければならない。ところが、わたしが使っている
iMacは6年も前の機種で、i-phoneに対応していない
ことが判明した。判明すればまずPCを新しくしなけ
ればならない。で銀座のアップルショップに走り、
最新版を購入するはめになった。i-phoneを買ったば
かりにたいへんな散財となった。
北京から帰国していた怪人ーTと会社のGさんに手伝
ってもらって新Macを設定。設定がすんでやっと
i-phoneへの同期が終了。あーまったくめんどくさい。
先ほどまで事務所でGさんに手取り足取り教えてもら
って、このブログは新Macからエントリーしていると
いう訳です。
アイチューンから流れるザ・バンドのラストワルツを
大音量で聴きながらエントリーしている。リボン・ヘ
ルムが気持ち良さそうに歌っている。ザ・バンドの中
ではリボン・ヘルムの声が一番好きだ。あのしゃがれ
た独特の声に悲しみがあっていいね。あの声で恋の歌
や別れの歌、過ぎてしまったあの時を歌われると、沁
みてしまうのだ。今は亡き昭和の天才・古今亭志ん生

「声に悲しみがあります」
と評した人がいるが、御意賛同その通りであります。

先週末から布袋と鹿児島桜島で行われたサマーフェス
と静岡県掛川のつま恋のAPバンクフェスに参加して
きたが、そのことを書きだすと長くなりそうだから今
日は書かないことにするが、布袋の公式ブログは鹿児
島のことや桜島のライブも毎日エントリーされていて、
「えらいねー。旅先から毎日更新するなんて」
と言うと、
「今書いておかないと後からは書けないものでしょう」
と言ってた。
なるほど、今日書かないと後からは書かないものなの
かもしれない。そんなものかもしれないなと、
「たしかに、たしかに」
と相づちを打ったが、わたしは旅先にはPCを持ち歩か
ないから、旅のことはいつも後から書いているし、そ
れに、今日こんなことがありましたと云う出だしで岡
崎堂が始まっているとしても、それは少し前のことで
ある場合が多いから、先週からはじまった鹿児島〜静
岡のことや今週の北京へと続くの旅については、また
書くことにしようと思う。

さて、明日からの北京行きに同行する本はJJおじさ
んこと植草甚一スクラップ全集の推理小説ものと決ま
った。推理小説ものとは言っても、植草さんが推理小
説を書いたわけではない。
植草さんは若いころGHQに雇われて図書館の整理整
頓をする仕事をやったことがあって英語に堪能で、そ
の後出版社に勤めかずかずの小説や研究レポートを翻
訳した。英文の日本語訳の仕事を若い頃にやったとい
う経歴は作家村上春樹と似ている。いや、村上春樹が
植草さんに似ているというべきか。
話は長くなったがわたしが北京に同行する本は、植草
さんが面白い作品や作家を見つけだし翻訳するために
読みまくった過程が書かれている本で、同時に新人作
家の紹介にもなっているし、その小説も推薦されてい
て、推理小説を読む面白味がどこにあるのかというの
がとてもよくわかるのである。
(巨匠ジョン・ル.カレが新人として紹介されている
 のが時代を感じさせますが・・・)
ここまで書くと、ザ・バンドのラストワルツのエンデ
ィング・テーマが流れてきた。ということは今日のエ
ントリーはきっちり1時間かかったということである。
[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-22 16:43 | Comments(3)
エコ世床
2008年7月18日

「暑くなりましたねえ」
「いやまったく暑い」
「今日は夕方雨がふるようなこと言ってましたが」
「だれが言ってたァ」
「だれがって天気予報ですよ」
「天気予報なんか聞くんだ」
「聞きますよ。雨がふると床屋には客が来ないんでね」
「飯屋と同じだね。俺の知ってる運送会社のオヤジは昔
 は奥さんとふたりで食堂をやっててね、味はいいとい
 う評判だったらしいが、雨がふると客が来ない。梅雨
 時ともなれば奥さんとふたりで店の外に出て、町を行
 く人通りがあるかないかずーと眺めていたらしいんだ
 が、店を開いて2年目の梅雨も3年目の梅雨もやっぱ
 客が来ない。外へ出て通りを眺める。いつまでやりゃ
 いいんだ! こんなことやってられるか! って一念
 発起して商売変えをして、なんで運送屋になったかは
 知らないが、これからは鉄道じゃなく車の時代だ!っ
 て思ったんだろうね、で、物流に乗り出して、たいし
 た成功を収めた人がいるよ」
「その話なんですがねえ。知ってますゥ。軽油が157
 円もするんだそうですよ。2年前、いや1年前のハイ
 オクより高いって聞きましたよ。運送屋もこれからは
 たいへんな時代に入るんじゃないですかァきっと」
「まあ、そのオヤジは先見の目があるから、今じゃ地面
 を買ってアパートマンション経営に精だしてるようだ
 から生き延びると思うよ」
「マンションも売れ残ってると聞きます。あるマンショ
 ンは、ここの近くですけどね、1年経っても半分も売
 れてないって不動産屋がこぼしてましたよ。あれって、
 あれって言うのは新築物件のことですけど、1年経つ
 と新築って言っちゃいけないんだそうですね。ですか
 らそのマンションも未入居物件って売り出しを変えた
 そうです」
「1年前に500円で、500円じゃマンション買えな
 いけど例え話だよ数字は」
「分かってますよ。あれっ。後ろはこのくらい切ってい
 いんでしたよね」
「うんそのくらいでいいよ。で、1年前に500円で買
 った人の隣に、同じ大きさの部屋を350円で買う人
 が入居するんだ。隣同士で良き隣人となるのかねえこ
 の場合」
「でも、わたしなら350円で買いたいですよ」
「俺もそうだなあ」
「余ってるときは突っ込んで行かない方が何事も良さそ
 うですね」
「そういえばオランダではガソリンがいよいよリッター
 300円らしいよ」
「300円!!! これからはエコですね。わたしも以
 前買った大型車がポンコツになってきたんで買い換え
 たんですが、・・」
「何買ったァ?」
「ダイハツですよダイハツ。軽です。子供も大きくなっ
 て一家4人で出かけることなんてありゃしません。ど
 こに行くにも女房と二人連れですから・・」
「仲がいいじゃないか・・」
「2回も3回も失敗するわけにはいきませんよ。あの時
 はいいんだよって言うのにお節介焼きが間に入って、
 別れる切れるが返って大騒ぎになっちゃって、近所の
 皆さんにも知れ渡っちゃって、あんな思いはもうこり
 ごりですからねえ」
「で、ダイハツはどうだい?」
「別にどーってことはないですけど、どーってことない
 なら安くて燃費がいいのがいいじゃないですか。エコ
 ですよこれからの時代は。大型車なんか乗ってる人見
 ると、ジダイオクレダナア・・なんて思っちゃいます
 よ」
「じゃあ。893の連中が銀座あたりにベンツじゃなく
 て黒塗りのダイハツで乗り付けるって日が来るかもね」
「あり得ないでしょ」
「でも連中は時代には敏感だから、エコ893ってある
 かもよ」
「ハハハハハハハハ・・・・。はい出来上がりました。
 おまちどうさまでした」




[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-18 18:46 | Comments(1)
暑中見舞い申し上げます
2008年7月16日

「こう暑くては皆さん海へ山へとお出かけになりますが、
 わたしのような年寄りになりますと遠くへ出かけると
 いうこともなく、庭に咲いた草木の花が風にゆられて
 いるのを見るのが分相応ということでありますが、そ
 れでも海や山には怖い話が伝わっております」

こんなような書き出して幸田露伴の「幻談」は始まる。
暑い時節には怪談話で寒くなっていただこうという嗜好
であるが、わたしは、

「こう暑くては皆さん海へ山へとお出かけになりますが、
 冷気に弱いわたしは、冷房と暑気のリャンメン攻撃で
 はやくも夏ばて状態でありまして、食欲も落ちてまい
 りましょう。それでも、世の中には冷たくて美味しい
 ものが伝わっております」

と怪談話ではなく冷たくて美味いものをお伝えします。
ただし、作家阿川弘之さんからの伝わり物である。


「1」ひやむぎ。

牛蒡のささがきを始め、茄子やピーマンや、なるべくあ
くの強い野菜を生姜と一緒に刻んで、熱した胡麻油で手
早く、しかし充分に炒め、醤油をたっぷりそそぎかける。
油の浮いたあつあつの、色の濃いつゆが出来上がる。
ガラス器の中の、氷でよく冷やして置いたまっ白なひや
むぎを、これに漬けて啜って食べると、春夏秋冬を問わ
ず美味しい。

濃厚独特な味のひやむぎである。このひやむぎの作り方
は下谷のおなみさんという芸子が仕事場に出入りする植
木屋さんから「あっしらは夏場、さっぱりした物ばかり
食ってたんじゃ身体が持たねえもの」と作り方を教えら
れたものを阿川さんが習ったもので、なみちゃんひやむ
ぎと呼んでいるそうです。
是非お試しあれ。


「2」ドライマティーニ

では、そのなみちゃんひやむぎの前に食前酒を。
ベーリードライでしかも「北国の寒夜を思わせる」凍て
つくほどの冷たさを、どうやって維持するか。ここはや
はりオン・ザ・ロックスではなくストレートで、生ぬる
くしないための特別の準備がいる。ただしムツカシイこ
とはなにもない。
ジンは必ず英国製を。できればタンカレー。
合わせるベルモットはフランスのノイリー・ブラット。
なければイタリアのチンザノ・エクストラ・ドライ。
攪拌用のガラス器とタンカレーの瓶とカクテルグラスを
冷凍庫に長時間入れっぱなしにして置く。
冷凍庫からこれらをとりだし、攪拌容器にとがった氷片
を7個ほど入れ、ベルモットをちらりと垂らす。ジンと
ベルモットの調合は1対5と書かれてることが多いが、
この場合のベルモットはあくまでもちらりと垂らし、そ
の調合は1対70である。
冷え切ったジンを攪拌容器にたっぷりとそそぐ。
しっかりかき回し、霜が置いたようになっているマティ
ーニ・グラスに、縁すれすれまで満たす。
レモン・ピールをぴゅーとひねって投げ込んで終わり。

あれじゃ、冷やしたジンをそのまま飲んでいるのと同じ
だろうと言われるが、40数年各界多くの人にだして、
感心されなかったことは一度もない、お代わりを所望さ
れることもしばしばである。と阿川さんは書いておられ
る。これも春夏秋冬を問わず美味しいのであるが、この
時節の夕暮れ時にこそ、ふさわしい。
是非お試しあれ。

尚、この出典は阿川弘之著「食味風々録」









[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-16 15:19 | Comments(1)
江戸文化歴史検定3級
2008年7月15日

<江戸文化歴史検定:第1回>
<出題問題公式解説集・3級編>
と表紙に書かれてある「江戸吟味問答控」と題する本が
売られていた。発売元は小学館である。
手にとってパラパラとめくると、
<はじめに>
この本は江戸文化歴史検定協会が認定する、唯一の公式
な出題問題解説集で、平成18年11月3日に実施され
た第1回検定の3級出題問題集全100問と、その正解・
解説を収録してある。と書いてある。

かみさんと娘の買い物につき合っていた。買い物は娘の
着る浴衣で、浴衣ばかりではなく帯、髪飾り、小物入れ、
草履なども買うらしいが、親父が娘の回りをウロウロし
ていてもはじまらない。買い物がすんだらデパートの2
階にあるコーヒー屋で落ち合うことにし、コーヒーを飲
みながら読む本を捜そうと7階の書店に行くとこの本が
目についたのである。
へー・・最近はいろいろな検定試験があって、京都検定
とか名古屋検定とか沖縄検定とか都市の専門家であると
規定する検定試験があるとは聞いていたが、江戸文化歴
史検定があるとは知らなかった。

「3級出題問題全100問」で実施された試験では、
回答時間 90分 
合格   正解70%以上
となっている。

3級の試験ってどのくらいムツカシイのだろう?・・・
そこで第1問、第2問を見ると、
=========================
「1」 江戸時代、三都と通称された都市は、江戸と京
    と、どこでしょう?

(い)長崎(ろ)奈良(は)大阪(に)神戸
=========================
「2」 江戸の町のいたることろにあったものというた
    とえで、
   「伊勢屋 稲荷に( )の糞」という言葉があり
    ますが( )にあてはまる言葉はなんでしょう?

(い)鳩(ろ)犬(は)猫(に)馬
=========================

これは知ってるぞ。「1」は大阪で「2」は犬だ。
これなら俺も検定に合格できるかもしれん、やってみる
べし! と、この本を買って、コーヒー屋で100問に
挑戦することにした。
都合のいいことにかみさんも娘もさっさと買い物をすま
す質ではない。さんざん迷った後に一度選ぶが、それか
らが長いのである。時間はたっぷりある。
たいがいは知っている質問ばかりで30問まですいすい
と進んだ。そろそろご婦人方は、ごめーん時間かかっち
ゃってとあらわれてもいいころであるが、まだ顔を見せ
ない。ホット・ドックを頼み、サンドイッチを頼み、3
杯目のコーヒーのおかわりをするころには100問全部
やり終えた。やり終えたが我が家族はまだあらわれない。
回答と答えと照らし合わすと、
なんと正解率87%で見事合格!!! である。
いやいや、俺は江戸文化歴史検定3級合格であるぞ!
なんだか嬉しくなってきたなあ。さて、3級とはいった
いどんなもんじゃいと級付けについて読むと、

1級:あなたは江戸に住んでいて、しかも隅々まで知っ
   ているという最高の知識を持っています。
2級:この2級検定合格者は、言ってみれば1年間江戸
   に留学をした人が持つ知識を持っている人です。
3級:1週間程度の江戸旅行に出かけたとすれば、その
   知識で十分間に合います。

と書いてあるではないか。
ありゃー。3級と2級とは月とスッポン。2級と1級で
は天と地ほどの差があるのだ。
司馬遼太郎、藤沢周平、海音寺潮五朗、森鴎外、子母沢
貫、山本周五郎、佐藤雅美など読みあさり、手元にはあ
まり読むことはないけれど江戸時代の百科事典ともいう
べき三田村鴛魚全集ももっているというのに・・・
数日間の江戸旅行客並かい俺は?

さきほどの喜びがぬか喜びに変わったところにかみさん
と娘があらわれた。当方の浮かぬ顔を見て、おとーさん
待ち疲れてご機嫌ナナメーと、いつもに増してすみませ
ーんと謝ったが、君らに謝られてもご機嫌は快復しない
んだよと言うと、じゃあこれ以上謝っても無駄ねと、
あー、お腹すいた。
ホットドックくださーい。
オレンジジュースくださーい。
ハムサンドくださーい。
アイスティーくださーい。
野菜サンドもくださーい。
と当方の浮かぬ顔を尻目に一気に注文した。









[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-15 13:20 | Comments(0)
パリ祭
2008年7月14日

7月14日はパリ祭。
フランス市民は革命記念日とよんでいる。
22年前の今日はパリにいた。

ベルリンで「サイコパス」のレコーディングを終えますれ
ば1週間の休みをヨーロッパでとりたいと考えます。
ヨーロッパといってもパリとロンドンの二都であります。
いかが希望されるか? と呼びかけたところ、
布袋はロンドン、氷室と高橋と松井はパリでと希望があが
り、布袋の航空券は、
東京〜フランクフルト〜ベルリン〜ロンドン〜東京と取り、
氷室、高橋、松井、糟谷の航空券は、
東京〜パリ〜フランクフルト〜ベルリン〜パリ〜東京と取
った。
JALパックとかJTBとか近畿日本ツーリストなどとい
う大手旅行代理店ではなく、青山の路地裏にある超格安旅
行会社の超格安チケットであったから、1日でも日がズレ
るとあっと云う間に紙くずと化す極めて厳格なチケットだ。
レコーディングが日程通り進行することをこころから願い、
「レコーディング中はよい子にしていますから予定通り進
 行しますように」
と富岡八幡宮に願かけて出かけた。が、スタジオが終われ
ばベルリンの悪友に誘われるように毎晩あやしげなるとこ
ろに入り浸っていたのだけれど、神様は見捨てなかったね。
念願叶って予定通り終了し、1週間の休みをそれぞれロン
ドン、パリと別れて過ごすことができた。
氷室、高橋はパリに行くなんらかの理由をもっていたが松
井がパリへ来た理由は、マネージャーとしてバンドの面倒
を見るのも仕事の糟谷がパリを希望していたので、これ幸
いとパリにしたのに過ぎなかったが、ところが、この二人
連れの珍道中がおもしろかったのである。

7月14日の朝、バオオオオオオオオオーンンンンン・・
という爆音を残してジェット戦闘機がホテルの上空を通り
過ぎていき、驚いて目が覚めた。1階下の部屋に寝ていた
松井もなにごとか! と階段を駆け上がり部屋に来た。
二人でベランダから身を乗り出して空を見上げるとまた、
バオオオオオオオオオーンンンンンン・・・
と次の編隊が飛行していった。
5本1組の飛行機雲が空に2組くっきりと残っていた。
シャンゼリゼは戦車の行軍や軍用トラックに乗った軍隊の
パレードが続いた。
祭りと言っても革命記念日なんだと実感したのが、22年
前の今朝のことだった。

そんなことがあったな。しかし、あれから随分経つな。
あのころは一緒だったバンドメンバーも、今はそれぞれの
人生を歩いている。いったい俺はなんだったんだろうかと
ベランダでタバコをくゆらせ邂逅したが、邂逅する俺の隣
でかみさんの部屋の空調の室外機がブンブンと呻り声を上
げて暖かい空気を俺に吹きかけている。その空気があまり
に熱いものだから、ベランダからそうそうに部屋に戻るが
部屋の中も暑い。

そういえば、パリのホテルには空調機などという洒落たも
のはなかったが、空気は乾いていて木陰や部屋の中に入れ
ば暑さはまったく感じなかった。窓をあけて寝れば夜気で
風邪をひきそうなくらいだった。22年前の若かった俺や
バンドメンバーのことも懐かしいが、あの夏の涼しさは懐
かしさに羨ましいさが加わる。
嗚呼。パリの夢。
緯度が高く陽がいつまでも沈まず明るく輝いていたパリ。
英語を使うと英語が分からない振りをされ、何をたのんで
もステーキがでてきたパリ。
部屋掃除のメイドがなにか言うから、フランス語ワカリマ
セーンという意味のフランス語、
「ジュヌ パールンパ フランセ」
と答えたがホテルで唯一英語を喋るスタッフに、あの娘は
ハンガリー人で英語もフランス語も喋れませんぜという。
フランス語もわからんヤツをよく雇っているなあと呆れた
が、毎朝部屋に来るたびにメイドがなにか言うから、こう
なりゃボディーラングレッジだと身振り手振りで話してい
ると、
言葉のわからないオンナを口説いてどーするんですか? 
と松井に言われたパリ。
あちこちで物を食ったが、金もなく、ろくでもない不味い
ものばかり食っていて、オペラ座の近くのサッポロラーメ
ン屋のミソラーメンで泣きそうになったパリ。
そういえば、数年前パリを訪れたとき友人のYと一緒だっ
たが、パリ好きパリプロのYが真っ先に俺をつれていった
のがこのミソラーメン屋だったのには笑えた。
そういえば昔の仲間の立原賢三が若い頃パリに遊学してい
たが、彼はどこに住んでどう生活をしていたのかを聞こう
聞こうと思っているうちにあっと言う間に時は過ぎ、立原
は今年の4月に亡くなってしまった。
いろいろなことを思い出した7月14日の朝。
しかし蒸し暑い。冷気大嫌いの冷房病のわたしとしては、
嗚呼、涼しかったパリが懐かしい。




[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-14 14:23 | Comments(2)
3日酔い
2008年7月11日

友人のTヤンが7月7日に誕生日を迎え、めでたく還暦
の祝いとなった。ご本人は、カンレキカンレキと赤いチ
ャンチャンコ着せられて大勢に祝ってもらうなどとは考
えるだけでも恐ろしい 、通常の誕生日のたまたま60回
目程度でよろしい。と考えているのだろうと勝手に推測
し、最近、彼とあたらしいプロジェクトを始めたことだ
から、じゃあそのメンバーでと、お気に入りの渋谷の寿
司屋「五徳」に5人が集まった。

わいわいやって美味い飯を堪能して、食事会はおわった。
5人のうち2人はそこで帰った。
祝いの薔薇の花を抱えたまま2次会3次会へと繰り出す
のも面倒かなとはおもったが、飯会が終わったのはまだ
9時前である。
かるく一杯と誘い、河岸を変えたその店では、わたしは
何者かは知られていない。カスヤという名前も知られて
なく、店では「なっちゃん」と呼ばれている。

「いらしゃーい。あら、おひさしぶり。なにーその花は?
 あれ? もしかして誕生会?」

と勘の鋭い店のママに読まれてしまったけれど、3人で
行ったから「なっちゃん」のとなりが「あきちゃん」で
そのとなりが「ふゆちゃん」ということにして、店の連
中のおもいっきりの馬鹿話につきあって、もりあがって
いよいよ誕生会っぽくなってきたところに、国会議員の
野田聖子さんがお仲間と顔を出して、いつしかその人達
と一緒になってますます盛り上がった。しかし野田聖子
さんは陽気でエネルギッシュで聡明な人ですねェ。

一旦盛り上がってしまえば、花を抱えて面倒だなんてそ
んなのカンケーナイと小島よしお状態で、3次会へ繰り
出そうとでかけると途中でWBA世界ライト級世界チャ
ンピオン:小堀祐介さんの祝賀会帰りの布袋とばったり。
たがいに、おーいと手を振り別れた。
あとのことはあまり覚えていないふりをしておこう。
ただ帰宅したときは夜が明けていて東の空は明るかった。
さすが翌朝はボンボケ状態で、胃薬飲んでも気分はどん
よりしていた。が、それも夕方になれば元にもどったが、
誕生日会の主役であるTやんは、さすが還暦、3日目に
なってもまだ酔っているそうです。
[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-11 14:15 | Comments(1)
自粛
2008年7月10日

珍しく「ござるのH氏」からコメントが書きこまれた
からではないと思うが、バッテリーが上がってしまっ
た。そういえば2ヶ月ほど乗っていなかった。
バッテリーが上がっているとき、それでもイグニッショ
ンをまわすと、Zz・・・とか、Jj・・とかの電気音
をたてるものだが、スイッチを回すときのカチッという
音もしないほどバッテリーはカラカラに上がっていた。
JAFを呼んで応急処置をしてもらって、なんとかエン
ジンは呻り声をあげて蘇生した。
JAFはすぐエンジンを切らず、このまま1時間ほどか
けっぱなしにしてくださいとアドバイスをするが、アイ
ドリングが一番CO2を排出する。で、1時間ほどドラ
イブをすることにした。
途中、行きつけのガソリンスタンドに寄った。エンジン
を切らずに洗車できるかと聞くとできるというので、2
ヶ月ほったらかしで埃まみれになった車をきれいにして
もらった。
スタンドの社長はまだ30半ばで、引退した親父=先代
社長の跡を継ぎ、せっせと稼業に精をだしている音楽好
きの若者。

サザンの活動停止はどう思いますゥ。
これから株価対策はどうなるんですかァ。
音楽配信、ありゃいかがなものですかねェ。

など、こちらが音楽仕事をしているのを知っていて話を
合わせてくれているが、仕事を離れているときに仕事話
をするのは苦手だ。まして、この若社長は、車のことを
覚えろと親父に言われ、高校を卒業すると外車専門のデ
ィーラーであり修理工場でもある会社に勤めていたこと
があるから、車のことをよくしっていて、スタンドの社
長と客というだけでなく、近所に住む車が好き者同士と
いうつきあいで親しくしている。ここで仕事の話はした
くない。ましてや、サザンの所属する事務所の経営者は
よく知った者である。友人達の会社の話はさけたい。
ところで、軽油はいくらになったかね? と話を変えた。
157円ですと言われて、目玉が飛び出るほど驚いた。
3年前まで、ハイオクガソリンがその店では130円代
で売られていた。それよりはるかに高いのである。驚く
のも当然だ。
イカ釣り船が燃料の値上がりのため操業を中止した。
ある日は、全国の漁業組合が一斉休業した。
漁に出かけても経費倒れになるというのが理由である。
157円かァ・・・
これじゃ運送業者も運送してられないなァ・・
コンサートツアーにでかけるトランポ(トラック)会社
も、この値段ではツアーは引き受けられません!
と早晩談判に来ることだろう。
石油の値段が高騰し、物の値段が軒並み上がっている。
仮に、物価が30%上昇すれば、単純に考えても、年収
500万円の人は650万円に給与が上昇がして、やっ
と以前並の生活が保てることになる。
だが、物価が上昇したからと行って、会社はそれに合わ
せて給与を上昇させることはない。ないではなくできな
い。経費が上昇すれば、コンサートに出かける新幹線代
も上がる。ホテル代も上がる。かといってチケット代を
簡単に上げることはできない。つまり、会社の収益が減
る可能性が大いにある。給料を上げるどころではないの
である。
うーん・・・
おおいなる利益を確保しろ!と業務命令をだすのも夢が
ない。かといって、今までのようにはいかないだろう。
社内各位に節約を励行しなければいかんな・・
と、つい仕事話を考えていると、

何考えているんですか?

とスタンドの若社長に聞かれて、我に返った。
高くなったね燃料も。
個人経営のスタンドもたいへんだろうけど頑張ってよ。
とといいながらスタンドをでたが、これからは、大好き
な長距離ドライブも自粛せにゃならんな。乗らなけりゃ、
またバッテリー上がるんだろうな。
と考えながら車を走らせた。
[PR]
by kasuya_senji | 2008-07-11 13:32 | Comments(1)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム