exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
神戸小旅行
2009年12月18日

ひさびさに夫婦揃って神戸への旅。
旅といってもかみさんには友人を訪ねる小旅行だが、わ
たしは昔の業界符牒でいうところのビータ(旅の逆言い
回しで地方での仕事のこと)で、ちょうど神戸にでかけ
るので一緒にと連れだった。

1995年1月17日の早朝。まだ寝静まっていた居間
の電話が鳴った。電話口にでてみると函館の叔父さんだ
った。函館の叔父さんはかみさん方の親戚で、かみさん
はこどものころから可愛がってもらっているが、わたし
は日頃のつき合いはなかった。

「居たか。家にいるんだね。よかったー。いや安心した」
叔父さんは電話口で開口一番こういった。
「伯父さん。それがいったいどうしたんですか? こん
 なに朝早くから」
わたしが家にいるいないで安心するということはなんの
ことだろう。電話の真意がまったくわからなかった。
「そうか。しらんか。テレビをつけてみなさい。NHK
 がいいだろう」
テレビをつけると街が崩壊し至るところで火の手が上が
っている神戸の街が映し出された。
「なにがあったんですか?」
「大地震だ。神戸はほぼ壊滅した。何千人もの死者がで
 るだろう。わしは年寄りだから早く起きるんでね。さ
 っきこのニュースが飛び込んできてビックリしたんだ
 が、君は仕事でよく地方にでかけると聞いていたから、
 まさか、神戸にいるのじゃないなと心配で電話したん
 だ。いやーよかった」

とこのようにして僕は阪神淡路大震災を知った。
あれから14年の年月が流れた。神戸の街は復興し電話
をくれた親切な叔父さんも鬼籍に入られ数年経つ。そん
なことを車内で話しながら神戸に向かった。
そういえば大震災の翌年に神戸に行ったときはポートア
イランドに仮設住宅がぎっしりと建てられてたねえ。
あの人達も今は平穏な日々が訪れているといいねえ。
とも話しながら、お茶を飲み駅弁を食った。東京駅で買
った鯛飯弁当が飯に鯛のうまみがしっかりと染みこんで
いてたいへんよろしい上に安いときている。新発売なの
か。この弁当ははじめて見たような気がする。
かみさんは、わたしは朝はそんなに食べられないからと
遠慮しながら一番高い弁当を買った。弁当箱の大きさも
鯛飯の倍ほどはある。
なんじゃそれは?
そんなに食べられないと言ったじゃないかい?
言う事とやることが違うんじゃないかい?
という顔で弁当とかみさんの顔を交互に眺めると、
お腹は空いてるの。
ご飯は沢山食べられないの。
これはご飯が少なくておかずがおおいからわたしには
ぴったり。
と言って美味そうに食べ始めた。

ここまで書いて夕方の打ち合わせが始まることになっ
てしまった。神戸の旅の続きは次回。
[PR]
by kasuya_senji | 2009-12-21 13:03 | Comments(0)
娑婆宿
2009年12月11日

入院中に1度許可をもらって銀座まで外出したことがあ
った。タクシーを呼んで、乗りこんで、目的地までゆき、
用事をすませ、タクシーに乗り、病院に帰るというだけ
のことでなにもオオゴトではないのだが、病院のなかは
安静に、平穏に、清潔に、看護に、医師にと、まあ天国
のような環境である。そこを一歩ぬけると娑婆には大型
ダンプが砂利を満載して通行しコンクリートミキサー車
がグイ〜ングイ〜ンと唸りをあげて走り11トントラッ
クがプッシュープッシューとエアーエンジンブレーキで
減速し排気ガスをまき散らしながら左折する。その交差
点を子どもを乗せたママチャリが道を横断し、ばあさん
がよたよたと歩いているではないか。
うわー、、、娑婆は危険に満ちている、、、
外出から帰りましたと報告するとすぐ看護婦さんが部屋
に顔をだし念のためにと目を清掃してくれた。まあ、目
やにがたまってますと言っていたから、わたしのいとや
んごとなきお目々は娑婆の風景によほど驚いたとみえる。

天国から娑婆へ復帰したわたしは久しぶりに原宿へでか
けてみた。12月のクリスマスの買い物シーズンだとい
うのに原宿も静かなもんだった。キャメルのダッフルコ
ートに生成りのパンツと赤いセーターを合わせていたと
ころ、おなじく赤い色でとりまとめた服を着ていた人に
話しかけられた。中国語だった。お目出たカラーである
赤を着ていたから同国人と見られたのかもしれんな。
赤いセーターはイタリア海軍のマークが入った御用達物
で、原宿のブランドショップの店員に、さすがイタリア
物は赤の発色がきれいですねと褒められたのだが、実の
ところは、この御用達物はイタリア海軍と直販契約が結
べましたと台湾出身のカメラマンが写真仕事の合間にや
っている服屋で売られていて、その怪しさがおもろいと
買った物であるから、さあ、はたしてイタリア物かどう
かは、いかがなんでしょう。
しかし人が少ない。もともと人でごった返しているとこ
ろはおおいに苦手だから自分が歩くには人が少なくてい
いんだが、世の中的にはそうはいかないでしょう。
いくつか買って、いくつかはネットや写真では気に入っ
てたが実際に見て気に入らなくて買わなくて、それでも
2時間ほど原宿を楽しんだ。20代の半ばから30代後
半まで務めていた事務所が原宿にあったから懐かしくも
あり、また、知らない町のようでもあった。日が暮れ始
めて風が冷たくなってきたので、ござるのH氏に電話す
ると、
「おやまあ娑婆に復帰ですか、それはよござんしたが、
 自分的にははヒマでヒマでしかたないわけじゃありま
 せんよ」
てな、のんびりした声だったから、コーヒーでも飲ませ
てくれないかと事務所に顔をだした。旧交をあたため、
ではすこし早いが「良いクリスマス&良い年を」と別れ、
原宿を後にした。夕方になるとすこしは人通りがでてき
たようだった。
[PR]
by kasuya_senji | 2009-12-11 16:36 | Comments(1)
ビリケン
2009年12月9日

関西に行ったついでに司馬遼太郎記念館にたちより、吹
き抜けの天井に浮かび上がった竜馬の影をしみじみと見
上げた。この天井の隅にできたシミは坂本竜馬をみたこ
とがない人には、言われてみればそれなりに人型にみえ
るにすぎないが、革靴を履いてピストルを腰に差し家具
にもたれながら立って遠くを見ているあの有名な坂本竜
馬の写真を1度でもみたことがある人なら、
竜馬にちがいない!! のである。
記念館でNHKとの連動企画「坂の上の雲展」をやって
いた。文庫本はもっているが単行本はもっていなかった
ので、この記念艦に訪れた記念にと「坂の上の雲」全6
巻を購入した。買ってみると2004年の4月に新装版
として新たに発売された物だったがそれはそれで初版本
だった。品の良い購買担当の年配の婦人が親切に大きめ
の紙袋に入れてくれたが、持って歩くには重かった。
記念館を去るとき急な雨に降られた。この記念館で働い
ている人々は全員ボランティアであるが、入り口の案内
係の人がタクシーが到着するまで傘をさしかけてくれた。
記念館を訪れた数日後。あるライブを観た数人で今夜の
ライブはいかがじゃったろうかと評価がおこなわれたが、
ひと評価終わるとどういうわけか日本海海戦の東郷平八
郎が北欧諸国でいかに大切にとり扱われているかという
はなしになった。T O G O。東郷だ! と友人は
力を込めて、まるで観てきたかのようにストックホルム
にあるTOGO記念館のことを話すのである。
しかし。なんでライブの評価から日本海海戦のはなしに
飛んだのか。いくら考えても分からないが、この日本海
海戦の総指揮をとったのはTOGOこと東郷であるが、
戦術を考案したのは「坂の上の雲」の主人公:秋山真之
であることは知っていた。
友人は、秋山ァ? 誰だそれは? と言うから我田引水
とばかり、秋山によってつくりあげられた戦術によって
日本帝国海軍は無敵のバルティック艦隊に勝利したがそ
の戦術はいかにしてできあがったかを、わたしも友人に
負けじとまるで見てきたかのように語っているときに目
のコンディションが悪くなってしまって、検診、治療に
専念していたゆえに、この1ヶ月間のご無沙汰となった
のだが、それよりも「坂の上の雲」が途中で読みかけに
なってしまっていることがいかにも残念だった。
残念だがテレビ、読書はほぼ禁止されているから見るこ
とも読むこともできない。深夜まで夢中になって本を読
むなどという行為は最禁止条項である。起きていてもや
ることがないので仕方なしに毎晩早く寝た。そして毎晩
楽しくも不思議な夢を見ていたのである。

英国と長崎が地続きだった夢をみた数日後。
僕はビリケンの夢を見た。ビリケンといっても知らない
人がほとんどだと思うが、大阪では有名である。通天閣
にいるから誰でも知っている。ビリケンの夢を見たのだ
がビリケンはもともと夢にでてきたのである。
今を去ること100年前。1908年、アメリカの女流
作家が夢で見たユニークな生き物をモデルにして木で像
を制作したところ、どういうわけかその像が幸運の神様
のマスコットとして世界的に大流行したというのである。
名はビリケン。Billy Keaneかもしれん。
いったい1908年がどういう時代だったかというと日
本では明治41年。夏目漱石が「夢十夜」「三四郎」と
立て続けに発表した年である。夏目の大学予備門時代の
友人:正岡子規の死後6年目にあたり、おなじく大学予
備門の同級生:秋山真之の戦術により奇跡的大勝利を得
た日本海海戦の4年後のことである。
世界の大帝国ロシアに勝利し日本帝国大躍進の機運が日
本中に満ち満ち盛りあがりきっていた時代のことである
から、アメリカでの大流行もいちはやく取り入れられ、
日本でもビリケンが流行したのだろう。大分の別府温泉
にはビリケンの像が玄関脇に飾られた「ビリケン ホテ
ル」まで建っていたという。
その大流行から10年後、大阪新世界に上がパリのエッ
フェル塔、下が凱旋門という超奇抜なデザインの通天閣
が建設されることになり、その時にビリケンは守り神と
して飾られるのであるが、こんなはなし大阪モンでもき
っとよう知らんやろな。
夢で見たビリケンは女流作家の夢にあらわれたものでは
なく、別のビリケンである。通天閣のビリケンは足を投
げ出すような恰好で座っていて、その投げ出された足の
裏をさすると御利益があるとされ、あまりにさすられす
ぎて足の裏がペコンとへっこんでいる。僕の夢にでてき
たビリケンさんは旧知のツアースタッフO君で、やあひ
さしぶりだねえ元気だったかい? と声をかけると、元
気ですが皆さんに足をさすられてすこしへっこんできた
ようですと通天閣のビリケンのような座りをして話す様
子が、やはりラッキーな神様ビリケンさんな感じがして、
実は調子が悪くて本も読めない、俺にもさすらせろと足
の裏をさわると、ビリケンのO君はおおげさにくすぐっ
たがっておおいに笑うから、こっちもついおかしくなっ
てくすくすと笑いながら目が覚めた。

 
 
[PR]
by kasuya_senji | 2009-12-10 14:30 | Comments(0)
真冬の夜の夢
2009年12月8日

目黒計算センターのS君や旧知のYさん、ござるのH氏
から、ブログがとまっているがなんぞあったんかいなと
連絡をいただきつつもブログはとまったまま。1ヶ月す
ぎ、いよいよこれはなんかあったんやという声が聞こえ
始め、師走に入り、大雪も過ぎ、街はクリスマスイルミ
ネーションに飾られ、プロゴルフ年間賞金王に横峰さく
ら、石川遼が輝き、鹿島アントラーズが3連覇を成し遂
げ、政権交代のこの1年もそろそろ終わりねという今日
この頃、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか
とカムバック。

この間不思議な夢ばかり見ていた。 
ロンドンのヒースロー空港の近くの細い道を国境が横切
っていて標識が立っている。
それには<英国・長崎>と書いてある。
これは国境だろうか県境だろうか。
それよりも英国と長崎は地続きだったんだろうか。
空港の滑走路をジェット旅客機が離着陸するが、飛び立
つとすぐ長崎上空であり、また、長崎上空から直に英国
に着陸していることになる。
国境を分かつ道はしばらく下り坂になりそのままロンド
ンの下町に続いている。僕はその道を歩いているが若い
女性と二人連れである。その女性をよく見るとベッキー
である。またはベッキーに良く似た女性であるが、日本
人かイギリス人かはわからない。で、ふたりで歩いて行
った先はいかにも由緒ありげな古い英国式の建物で、中
に入るとそこはカフェになっていた。そこに英国貴族ら
しき夫婦が我々を待っていて、どうやら僕とベッキー、
もしくはベッキーに良く似た女性はアフタヌーンティー
に招待されたようだ。
貴族は、
「あなた方が泊まっているホテル(どうやら僕とベッキ
 ー似の女性は一緒に泊まっているようだが夢の中には
 そんなシーンは登場していない)そのホテルは16世
 紀に建てられたアーサー王に由緒ある有名な建物であ
 るが、今ではそれがホテルに改造されたと新聞で読ん
 だが残念ながらわたしはロンドンに居ながら1度もそ
 の建物を訪れたことがないのだ」
という話をするから、
では、あなたはリーディングしただけなのですね。
わたしはリビングしていました。
もっとも明日はリービングしますがね。
と、「リ」で韻を踏みながら英語で答えると貴族の奥方
が立派な巨体をゆすって笑ったから、いちおう、センス 
オブ ヒューモアは通じたかもしれん。
アフタヌーンティーでは普通、サンドイッチ、スコーン
がつき物だが、どういうわけかスコッチブレッドが用意
されていて、食う度にセーターにぼろぼろとこぼれた。
貴族がそれを見て、ウエイター君! と手をあげて呼ぶ
と、すっ飛んできたウエイター君が生クリームをセータ
ーにどぼどぼとかけて、こぼれたスコッチブレッドの欠
片を生クリームごと拭き取ろうとするものだからセータ
ーがべっとりと白く汚れてしまい、おやおやおや、、、
着替えなけりゃ。それにしても明日はロンドンを発つと
いうのに荷造りも終わっていないが、さて、これからど
うしようと思案したところで目が覚めた。
覚めて、じぶんでも「長いよー」と思ったが、この夢を
見たのが2週間も前のことで、それでもこれだけ覚えて
るのはいかにも不思議だと思える。普通、夢など余程不
吉な夢で¥もないかぎり起きて数時間もすれば跡形もな
く消えるというのに。
しかし、貴族が被っていたカツラは音楽の教科書に載っ
ていたハイドンの肖像のようであったし、その巨体ぶり
はマイケル・ムーア的でもあった。
マイケル・ムーアといえば、来日して秋葉原に連れて行
かれ、人々に携帯で写メされまくられ、アメリカでもそ
ういうことはあるんですかと聞かれると、すかさず、ア
メリカじゃ携帯じゃなく拳銃を向けられるよと飛ばして
くれていたなあ。
それはともかく、この夢を見て翌日にはまた不思議な夢
を見た。それについては、また次回。
[PR]
by kasuya_senji | 2009-12-08 17:41 | Comments(2)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム