exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
アビー・ロード・スタジオ
2010年2月24日

2月22日の東京新聞の夕刊に、

 アビー・ロード・スタジオ 一転売却中止
     反響大「資産と痛感」

と記事がでていた。つい最近のいつだったか忘れたが、
音楽業界の衰退を嘆く声のひとつとして、
「あのアビー・ロードが売りに出される時代だよ」
と言うのがあったが、なんとかアビー・ロードは持ちこ
たえたようで、まずは目出度い。夕刊の10面に、
茶の原生種?発見。
83歳鉄人 東京マラソン走破誓う 松田さん。
着地なき大ジャンプ 野口さん宇宙でポーズ。
普通列車265㍍オーバーラン。JR宇野線。
漫画家いしいさん再始動。
コウノトリ放鳥ペア産卵 兵庫今年初。
という記事に取り囲まれるようにアビー・ロードの写真
が真ん中にドン!と掲載されていた。写真の構図はあの
有名なビートルズのアルバム「アビー・ロード」のジャ
ケットと同じで、アビー・ロード(これは本来、道の名
前であります)を南側から撮った写真で、スタジオ前の
横断歩道が真ん中に、左側にスタジオが写っている。
この横断歩道をビートルズは、左から右へ渡っている。
ジョンはヒゲ面長髪で白いスーツに白いスニーカーを履
きズボンのポケットに手をつっこみ大股で先頭を歩いて
いる。スーツにスニーカーというファッションはジョン
のこの写真から教わって、わたしは今でも黒いスーツに
黒のコンバースを合わせるし、夏はリネンのスーツに白
のスニーカーを履いている。ジョンは白いスニーカーが
余程好きだったようで軽井沢で写された写真でもスニー
カーをご愛用していた。ジョージはダンガリーのシャツ
にブルージーンズ。リンゴは黒っぽいスーツ。ポールも
黒っぽいスーツを着ているが何故か裸足で、このことが
なにかと噂を呼んだ。これは葬儀屋の恰好だという人も
いた。そして、続けてこういった。
写真の奥のちょうどスタジオの前あたりにブルーのフォ
ルクスワーゲンが写っているだろう。そのナンバープレ
ートを見たまえ。「IF 28」となっている。これは
イフ28と読む。つまり、もしポールが生きていれば今
28歳という意味だ。残念だが、ポールはすでに死んで
いる。というのであった。
当時、その噂は信じなかったが、あの当時ポール・マッ
カートニーは28歳の若かさだったということに、今は
それなりにおおきな衝撃を覚える。もちろんそのことは、
ポールだけでなくジョンも28歳であり、リンゴは29
歳だがジョージは27歳のという、ビートルズは若きバ
ンドだったということでその衝撃を考えてご覧なさいよ。
アビー・ロードを発表した当時のビートルズは、
TOKIOより、
スマップより、
KinKi Kidsより、今のジャニーズアイドル連中
よりも若かったのである。これらとビートルズを比べる
こと事態如何であるかとは承知してますがねえ。ま、そ
れにしてもだ。

東京新聞の写真はスタジオの前景がよく写っているが、
その2階のひと部屋を借りていたことがあったというと、
たいがいの人が驚くだろう。
布袋のギタリズム−1をアビー・ロードスタジオでレコ
ーディングをしたことがきっかけとなってスタジオマネ
ージャーと知り合いになり、ロンドンに行くたびにスタ
ジオに顔を出していたが、ある時、2階の小部屋がひと
つ空いているから使ってみないかと声をかけられ2年ほ
ど借りていて、 信じられないことだが、一時期はアビ
ー・ロード・スタジオがロンドンにおける連絡先でもあ
ったのである。ただし条件があり、郵便物などのアドレ
スは、
「イギリス、ロンドン、アビー・ロード(通り)何丁目
 何番地何号室、センジ・カスヤ」
と書いて、アビー・ロード・スタジオという名称は使う
ことはできなかったのだが、ま、なにはともあれアビー・
ロード・スタジオが引き続き存在することは、元住民(?)
としても喜ばしい。目出度いことである。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-02-24 15:06 | Comments(0)
雑談
2010年2月23日

平成22年2月22日(昨日)に縁起良く2並びでブロ
グをアップしようとしたが、午前中の会議はシブすぎて
ブログ衝動が起きなかった上に、午後の会議はあきれ果
ててブログなどやってることさえ忘れてしまい、夕方か
ら駆けつけた(開演時間2分前着席だから文字通り駆け
つけた)川崎東急シネマアイマックスの「アバター」は
ちーっともおもしろくなかったから、つい、
7が3つ並んだらアラシで、4が並んで5下じゃないの?
2並びのどこが縁起がいいのかね? えっ?
と自虐的に自爆してPCに手も伸びずふて寝をしたもの
でございましたものですから、22年2月23日の日付
になってしまいましたが、縁起には関係なく適当な戯れ
言を。しかも今日は写真入りで。
e0074827_14533984.jpg

(満開の熱海桜)

厚木小田原道路を東京方面へとろとろと車をころがして
いると大磯を過ぎるあたりで左手前方に三角形に尖った
高い山が見えた。
「あれはなに山だァ?」と同乗のA。
「多分大山だろう。江戸時代に大山詣でがあった。あの
 時代は領民は領地に縛られていて今とは違って他の土
 地へ移動する自由がなかったが、例外として伊勢参り
 とか大山詣でとか信仰の対象となっている場所への旅
 行は認められていた。伊勢は遠いが相模の大山は江戸
 からも近場だから3泊4日などでさかんに出かけたよ
 うだ。志ん生の落語にも大山詣での話がある。町内で
 大山詣でに出かけるが酒癖が悪い熊公が酔っぱらって
 旅先で大失態を演じるから、一行がよってたかって熊
 公を丸坊主にしてしまう。あの時代、町人とはいえ髷
 を落とすってのはそりゃ一大事だったんじゃないかな。
 丸坊主にされた熊公は仕返しをするため一行と別れ一
 足先に江戸に帰る。丸坊主の熊は長屋のおかみさん共
 に、旅先で事故がありみんな死んじまった。俺だけは
 無事だったんだが亡くなった友達を弔うために坊主に
 なった。おかみさん達もこの際死んだ亭主を弔うため
 に髪を落としたらどうだといって、全員を丸坊主の尼
 さんにしてしまうところに大山詣でのご一行様が長屋
 に帰って来ると女房共がみな丸坊主になっているじゃ
 ないか。やい熊公このやろー覚悟しやがれと喧嘩騒ぎ
 になるところに大家が出てきて、旅から帰って(毛)
 ケガなくてよかったと落として話は終わる。その大山
 だろう」
「落語の酔っぱらいの毛の話は他にもあるな。やはり酒
 癖が悪くてどうしようもない男が、避け買って来いと
 女房を怒鳴りつける。女房は空の一升瓶を抱えて家を
 出てゆくが帰ってくると丸坊主になっている。どうし
 たんだと亭主が聞くと髪を売って酒代にしたと言うか
 ら男は心からあやまってもう二度と酒は飲まないと女
 房に誓う。その晩、ふたりひとつの蒲団に入り男は愛
 しい女房の身体を、つい手が、その、下の方にいって
 しまうのだが、そこで、ここにまだ一合分がある。と
 男が言って落ちて終わる話なんだがね」
「高座じゃかからない話だな。お座敷の艶ばなしだな。
 大爆笑じゃなく、思い出し笑いってやつだな」
「そういえば、青山にレクサスのショウルームがあって
 そこにレクサスの最高級スポーツカーがあるんだ。
 THE LEXUS LFA といって4800㏄。
 3800万円もするスーパーカーなんだがね。Tを連
 れてそのショールームに見学にいったら、説明を聞き
 終わったTが、それはともかくこの車はブレーキは効
 くのか? とやって周りの客から大爆笑がおこったよ」
「トヨタの販売員の苦り切った顔が想像できるね。アメ
 リカじゃトヨタの社長が議会に証人喚問されるって新
 聞にでてたもんなあ」
「その説明係のお嬢さんが可愛らしくてね。俺なんかな
 んとか幾度か顔出して顔見知りになって、友達になれ
 たら、まあ、なんとよろしいことかと思ってたが、一
 気に嫌われちまったよ」
「お嬢さんはその車を買うやつしか気に入らないから、
 爆笑とれたことでOKなんじゃないの」
e0074827_14594783.jpg

(熱海 糸川の河原から)

車は厚木小田原から東名に入ってやっとすいすいと走れ
るようになった。赤いフェラーリが走ってきたので道を
空けながら追走した。独特のエンジン音が小気味よかっ
たが、横浜町田でフェラーリは降りてしまったのでまた
一人で走っていると、後から乾いたバリバリともパリパ
リとも聞こえるお馴染みのエンジン音が聞こえてきて、
道を空けるとやっぱりポルシェだった。しかも356。
1962年あたりのやつだろう。4速のマニュアルシフ
ト。2000㏄のエンジンだが、現行車というか50年
経っても現役でいるこのポルシェは買おうとすれば30
00万でも手に入らないんじゃないかな。車体の色も今
ではお目にかかれないような緑がかった飴色で、運転し
てる男も俺と同世代か。なんともうらやましいことだっ
たが、それよりも良い物を見たことの方が気持ちよかっ
た。買う気はないが、レクサスか356かとなればもち
ろんPだろうな、などと話すうちに車は首都高3号線の
渋谷にすべりこんでいた。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-02-23 14:54 | Comments(0)
雨水
2010年2月19日

1月の末に満開の熱海桜を見物に行ってから20日もた
つというのに、なかなか春がやってくる気配がない。2
月にはいって降った雪も解けないうちにまた降ってベラ
ンダで根雪っぽくなってしまって固くなってそれがまた
解けにくく、いつまでたっても雪景色のままであった。
そんな今日は十二節では雨水(うすいと読む)。
春の本格的なはじまりを示す時節で、この雨水以降は文
字通り、雨によって雪崩がおきたり雪解けの鉄砲水がお
きたりと春災害も起こる時節でもあるが、その時節通り
のあたたかい日になった。

知人がフィリッピンから帰国した。
なんでも地元のお偉いさんとのおつき合いの旅行だった
ようで、まあそういう旅だから小間使いなどをやってき
ましたと言ってたが、この人は若い頃からアメリカで生
活をし、仕事で一人前として認められる前はそれこそ使
い走りから小間使いから通訳から案内役からなんでもや
って来た人だから、人間がこなれていて人を遊ばせるこ
とについてはうまいもんだ。だから、地元のお偉いさん
がフィリッピンなどへ出かけるときは英語も喋る彼は手
放せないということだろう。毎年誘われてはおつき合い
の旅行をしている。
その彼がおもしろいことを言っていた。
毎年出かけるご一行様の中に英語もタガログ語も喋れな
いのに(カタコトのタガログはOK)日本語だけですい
すいと泳ぐように自由に行動する人がいるというである。
なんでもその人は、フィリッピンに行くときはおおきな
段ボールを3箱持ってゆく。カップヌードル、ミルクチ
ョコレート、醤油とマヨネーズの小袋がいっぱいつまっ
ている段ボールなのだそうだ。
その人はホテルにチェックインすると(毎年おなじホテ
ルに宿泊する)支配人、フロントマン、客室係からコッ
クまでホテルで働く従業員すべてをロビーに集め、カッ
プヌードルを配る。もらった人は食べても良いしそれを
売ってお金にもする。貧富の差が激しい現地ではへたに
チップなど渡すよりはるかに喜ばれるという。だから従
業員は全員とても良くしてくれるので、ホテルでは英語
もタガログ語も喋れなくとも日本語で全然OKなんだそ
うだ。
「たのむよー」
「アイアイサー」
ってなもんだそうです。
てなもんと言えば、てなもんや三度笠の藤田まことさん
が亡くなりましたなあ。白木実の珍念とのあのコンビは
永遠でしたね。毎週、テレビの30分番組の生放送を舞
台劇でやっていたということも凄いですねェ。
ミルクチョコレートは、お姉さんがいる通称ゴーゴーバ
ーで配ります。道の両側にゴーゴーバーが3キロほど連
なって軒を並べている、まあ、言ってみれば世界の赤線
地帯とでもいうような恐ろしく華やかな一角だそうでご
ざいまして、そこへでかけると道の真ん中でさっそく箱
を開けます。そこではその人は有名で、
「アノヒト、キタヨー。チョコレート、キタヨー」
てなもんで店からぞろぞろでてきますからミルクチョコ
レートが配られます。もらったチョコは食べても良いし
どこかで売ってお金にしてもいいのです。日本のミルク
チョコレートは美味しい美味しいと大評判なのだそうで
す。お金稼いでも家族を養い生活するのに精一杯で(姐
さん達が一家の働き手です)、チョコレートなど手に入
れることは普段めったにないのですから、
「たのむよー」
「アイアイサー」
てなもんだそうです。なにをたのむのかは知りませんが
ね。ただ、その人はそこでは遊ばないそうですから、な
にをたのむんでしょうかねえ。いずれにしてもその人と
その地帯へでかけるとまったくOKなんだそうです。
金持ちの大豪邸をすこし離れただけで大スラム街が広が
りますが、スラム街近くには安くて旨い屋台が建ち並ん
でいて、そこもその人の行きつけのテリトリーです。段
ボールを開けますと小袋に入った醤油とマヨネーズが飛
びだしまして、大人もこどもも行儀良くならんで小袋を
たくさん受けとります。家に持ち帰って食べても良くマ
ーケットに持こめばいい金額で買いとってくれるそうで
す。ですからスラムの近くでもその人はとても有名で、
「たのむよー」
「アイアイサー」
てなもんで、その人といればまったく安全で危険なこと
には巻き込まれないそうであります。なんでも日本語で
すいすいと自由だそうであります。
まあ、サービス精神満点で語学に堪能な知人と、また違
った意味で世界の達人ともいうべきその人の二人を抱え
たお偉いさん方ご一行様は、とてもフィリピンを満喫し
て帰国したそうです。
雨水の時節の今日。こんな話を聞きました。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-02-19 18:41 | Comments(0)
オリンピック開幕
2010年2月15日

今井美樹のオーチャード・ホールライブが終了して、こ
の今井&ブラザーシップ&後藤ストリングスのライブ企
画が再開されるのは来月春3月の中旬のことだから、
さあ、この2月は布袋のモダンタイムス・ロックンロー
ル・パーティーの最後のステージを楽しもうぜィ!
と思っているところに、布袋が庭で転倒し靱帯を痛め、
全治1ヶ月、リハビリ数週間を要すという医師の診断が
なされたと報告が入った。スタッフ及び関係各社で検討
した結果、残念ながら福岡と東京のライブを中止するこ
とになった。

楽しみにしてくだすっていたお客様に心からお詫びを申
し上げます。

できれば、中止ではなく会場の日程を調整して延期公演
としたかったのですが、骨折と違い靱帯の損傷は十分な
時間をかけた慎重なリハビリが必要であるとのことです。
今後の布袋のギタリストとしての活動を思うと、回復の
推移を見守りつつ慎重に対応してゆくことが肝心であろ
うと、中止という決定をせざるを得ませんでした。
福岡、東京のチケットを買ってライブを待っていたお客
さんにはいつか必ずお返しができればと考えています。

そんなすこしばかり憂鬱な日曜日。
バンクーバー・オリンピックが始まった。数日前には、
札幌オリンピックのスキー・ジャンプで金銀銅を独り占
めにした笠谷、青地、今野の日の丸飛行隊の3人、関係
者の方々による歴史の証言ともいうべき特別番組が放送
されたりといよいよ開幕を迎えるバンクーバーオリンピ
ックの盛り上げに一役買っていたが、でも、テレビだけ
が大騒ぎをやらかしているようにも見えるが? 
世間はそんなには盛りあがってないようとも見えるが?
いかがなもんだろう。
でも、開会式は21世紀に入って舞台美術技術の驚くほ
どの進歩によって素晴らしい効果をつくりだし感動的で
あった。冬期オリンピック初の屋内の会場での開会式だ
そうだが、屋外ではああいった照明や視覚の効果を生み
出す舞台装置はくみ上げることはむつかしいから、そう
いった意味でも初屋内開幕式であったのだろう。
バンクーバーで訴えられたテーマはやはりエコであり地
球であった。北極圏に近い国だけに温暖化は日常の問題
となっているんだろう。地球温暖化の元凶ともいわれる
のが自動車のエンジンから輩出されるCO2であるが、
わたしには前回のトリノオリンピックのフェラーリチー
ムによるFー1カーの組み立てと会場内を一周したドリ
フト走行が強烈な印象として残っている。もうあの強烈
なエンジンの時代は二度と巡ってこないのだろうな、、
と不謹慎ながら帰らぬ青春を思うが如き感傷にふけって
いるのである。ふけっていると、
Q1何故革命といわず維新なのか?
Q2東京大空襲の日、天皇陛下はどこにいたのか?
というメールがはいってきた。
たまたま半藤一利の「幕末史」を買ったばかりだった。
文藝春秋の元編集長で近代史にくわしく、その著書「昭
和史」はベストセラーになった半藤氏は東京の出身で、
もっと言えば江戸時代からの江戸っ子で、更にいえば徳
川様派であるので、明治政府によって作りあげられた皇
国史観に決定的に嫌悪感をもっていて、薩長がやらかし
た革命を中国のありがたき文献から引いてきた維新など
という言葉をつかっているのは許し難いという前提もあ
りつつ幕末史が語られているようだから、
Q1の答えが書かれているんじゃないかとテレビのバン
クーバーオリンピックの開幕式はそこそこにさっそく読
み始めたが、読み始めたばかりだから答えはまだみつか
っていない。
Q2に関しては業界の大先輩(年齢はそうは違わないが
キャリア的には大がつく先輩)が、先ほどの半藤一利で
はないが昭和史の大研究家であるから、この人に訊ねる
のがよかろう。
先輩は昭和史をやれと勧める。数年前まで、昭和史は暗
いし、2,26事件、5,15事件などのテロリズム、
支那事変、満州国成立、日中戦争、太平洋戦争をたどれ
ば、かならず皇国史観、国粋主義、大日本帝国陸軍、帝
国海軍、統帥権などに触れなければならなくなって、知
らずにすめば幸せだったのに、なんてことになるに違い
ないと、先輩がいくら勧めても手が伸びなかったのだが、
3年前に父親を亡くして考えが変わった。僕の父は大正
末期に生まれたから太平洋戦争が終了した昭和20年は
二十歳の若者だった。父が生まれて成人するまでの少年
期青春期の20年間が僕の避けて通ってきた時間帯だっ
たんだとはっきりと意識したからである。
僕は自分の通過してきた青春期を自分のこどもに時間が
ある限り語りたい。
しかし僕の父はそのことをあまり語りたがらなかった。
どういう少年であったのか?
どんな青春時代を男として過ごしたのか?
父を亡くした今、僕は父の過ごした青春時代をこころか
ら知りたいと思った。それには昭和史をやらなければな
らない。そばに先輩というその時代の研究者がいる。
これほど心強いことがあろうか。先輩にメールでQ2を
訊ねてみた。
間もなく返信が来た。
皇太子(現天皇陛下)は疎開していたが、昭和天皇が3
月10日の東京大空襲の日に東京にいたかどうかは定か
ではありません。宮城(皇居)には空爆の対象外であり
空襲がないと、重臣共が経験則で高を食っていたのか、
東京にいて皇居内の防空壕に避難されていたのではなか
ったかと思われます。確か、大空襲の後、天皇陛下が現
地を視察していると思われる写真をみたような記憶があ
りますが、、、
よもや、松代の旧大本営のアナグラとか、日吉の大本営
防空壕には移動していないでしょう。
ということでしたが、末尾に、いずれにせよ推測じゃダ
メですよね。尚碩学に問い合わせる。また、自分でも調
べて連絡するとの答えだった。
いや、持つべきものは先輩でありますと感心した日曜日
だったが、バンクーバーでは上村が4位でメダルにとど
かず、国立球技場では東アジア選手権でジャパンが韓国
にまったく歯が立たなかった日曜日でもあった。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-02-16 16:48 | Comments(0)
バレンタインチョコとすし
2010年2月10日

 一日も早いお目もじをお待ち申し上げます。
美女一同よりバレンタインデーに愛を込めて、、、
     おかげさまで三十六周年」

という葉書が沖縄から届いた。ずらりと勢揃いした美女
の写真も同封されていた。
25周年とか30周年とかくぎりのいい数字で周年を祝
うことがおおいが、36という数字になにか特別な意味
があるのかと思ったが、そうではなく、皆様のご愛顧を
いただきまして開店から早36年を迎えておりますとい
うことだろう。であれば来年のこの時期には、

 一日も早いお目もじをお待ち申し上げます。
美女一同よりバレンタインデーに愛を込めて、、、
    「おかげさまで三十七周年」

という葉書が届くんだろう。
しかしこの葉書は本来わたしに届くものではなくKちゃ
んに届くものなのである。Kちゃんが名刺を持ちあわせ
なくて、まあそうだね、わたしに連絡あればKちゃんに
はお伝えできますよとわたしの名刺を渡したものだから、
わたしに葉書が届いたのである。ずらりと勢揃いした2
0人ほどの美女の写真もわたしに届いたのである。この
写真も案内もわたしには不用のものだからKちゃんに届
けたいが、やつは引っ越してしまってどこにいるのかさ
っぱりわからなく届けようにもどうにも届けようがない。
しかたがないから封筒に同封されていたピンクの銀紙に
くるまれたバレンタインチョコはわたしが食べてあげま
した。
ところが、2月の6日7日に渋谷の東急文化村オーチャ
ードホールで行われた今井美樹のコンサートにKちゃん
があらわれたのである。
「よう。お元気?」
「元気です。そちらも元気ですか?」
「まあね。人のチョコレート食っちまったもんでね」
という会話になった。
今回の今井美樹はブラザーシップにストリングスを従
えていて、いかにもオーチャードホールという雰囲気
がとてもステキなライブであります。
今井美樹はこどものころはジャズしか聴いてなかった。
ジャズ好きの早熟なこどもであったのかというとそう
ではなく、彼女の父親が電気店(というよりオーディ
オショップ)を経営していて、店に置いてある自慢の
真空管アンプを通したステレオ装置から父の大好きな
オスカー・ピーターソントリオやアート・ブレーキー
楽団の音楽が一日中家に流れていたのである。シネマ
パラダイスの音楽版のようなこども時代を過ごしたの
で、いつか歌を唄ってみたいという思いはこども心に
芽生えた。たまたま高校生の時、スカウトされ、モデ
ルとしてデビュー。CMに登場し、雑誌の表紙を飾り、
ドラマに出演し、いつしか売れっ子になり、やっとこ
どもの頃からの夢だった歌手になって今年が25年目
になります。沖縄の店の三十六周年はともかくも、2
5年という数字にこだわるかどうかをわたしは聞いて
みた。

「夢だった歌を歌い始めて25年になるんです。この
 間歌を聴いてきてくださった全ての人々に感謝をこ
 めて大感謝セールという思いで歌いたいですね」

と答えた今井美樹の25周年を迎えるにあたっての幕
開けのイベントが、このオーチャードホールライブに
なるのであります。そのライブにKちゃんが顔をだし
たのである。さすが、良いライブは見のがさないぞと
いう目のつけどころがシャープです。伊達にこの業界
で生き抜いてきたのではありません。
春の小川はさらさらいくよ、、、
岸のすみれやレンゲの花に、、、
と歌われたのは1912年大正元年の渋谷川で、その
さらさらとした流れやすみれやレンゲの花が咲いてい
た場所=歌われた場所は今のNHKの西玄関近くだそ
うで、100年経った今もその川は流れているが現在
は川は工事され暗渠になってしまっていて、残念なが
ら歌に歌われた牧歌的な風景を見ることはできない。
見ることはできないが暗渠の上には歩道がつくられて
いるから、かっての小川の上を歩くことはできる。そ
の歩道沿いに寿司屋があってKちゃんとそこで飯を食
ったが、チョコレートにくらべるとずいぶん高いもの
になってしまった。もちろん美女30人勢揃いの写真
はわたしておいた。飯後、かっての小川の上の歩道で
別れたが、現住所を聞くのをわすれてしまった。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-02-10 15:56 | Comments(0)
京大阪へ

2010年2月2日

熱海駅で、大阪まで行くにはどう乗り換えたら早いのか?
みどりの窓口で聞くと、この時間(午前9時台)は乗り
換えなくこだまで大阪まで行っても、途中駅(静岡や名
古屋)でひかりやのぞみに乗り換えても到着時間はほと
んど変わらないとのことだったから、乗り換えなしでい
ければ世話ないねと大阪までこだまの旅。
名古屋を過ぎ関ヶ原を通りかかると車窓は雪景色へとか
わった。友人の写真家がこのあたりは標高が高いのか?
と聞く。
「伊吹山と鈴鹿山脈にはさまれた関ヶ原は、北からの寒
 気と南からの湿気を含んだ風のぶつかりながらの通り
 道にあたるから平野にあるけど豪雪地帯となるんだ」
「古戦場はどこにみえるんだ?」
「ちょうどこのあたりかな。雪に隠れているがこの平坦
 地に、西方豊臣軍・東方徳川軍の総勢15万人の兵が
 対峙したのは、今を去ること400年前の1600年
 の9月15日の早朝。夏ともなれば中尊寺じゃないが、
 ここも、夏草や兵者どもが夢の跡、だな」
「うーん。その戦いの始末を講談調で聞きたいところだ
 な」
「吉川英治の太平記を声を上げて読めば自分が講談師に
 なったような感じがでるぜ」
「ところで布袋君のライブは何時からだっけ?」
「夕方5時からはじまるがどうしましたか?」
「京都に寄れるかな。伏見稲荷に行きたいんだ」
「時間は間に合う。そうだな。無病息災とツアー成功と
 商売繁盛と世界平和を祈祷してもらおうじゃないか。
 よーし。京都でおりよう」
伏見稲荷駅をおりると雨になっていた。外国人が訪れて
みたい日本の第1位は築地魚市場だそうだが伏見稲荷は
3位か4位といわれていて稲荷駅をぞろぞろおりた乗客
に外国の人達が目立っておおかった。しかもどういう分
けか若い人が多い。
豊臣秀吉が寄進した唐門をバックに記念写真を撮って社
務所にむかい、F宮司さんを訪ねると、この雨の中お越
しいただきありがとうございます。どうぞどうぞお上が
りくださいと応接間に通され、あたたかいお茶をごちそ
うになった。寒い日で、あたたかいお茶がなによりのご
馳走だった。F宮司さんに外国のお客さんに人気の件を
訊ねると、ここは京都の有名なお寺さんとちがいまして
拝観料というものがありませんから外国の若い方には人
気があるのでございましょう。また、稲荷山を一周する
には2時間ほどかかりますから、とてもよいハイキング
コースでもあるのではないでしょうかとおっしゃられて
いた。
ちなみに、馳走という字は「馳せ走る」を意味している
が、これは「来客あれば裏の畑へ馳せ走り取り立ての野
菜で食事をもてなす」という禅寺用語からきている。
美人を意味する「べっぴん」という言葉は愛知県の現在
の豊橋市、江戸時代でいえば吉田宿にあった割烹「織清」
が名物のうなぎをPRする際「すこぶるべつしな(別品)」
と書き通行人の関心を引いたことにはじまる。以来うな
ぎに限らず極上品をべっぴんというようになり、その後、
美人についてつかわれるようになり、言葉が東海道をの
ぼりくだりし、各地で使われるようになったという。
気後れする。尻込みするを意味する「びびる」は、つい
最近の造語かとおもえばそうではなく、なんと鎌倉以前
の源平の戦いでつくられた言葉で、源平の富士川の戦い
で、夜の水鳥の飛び立つ羽音に源氏の奇襲とかんちがい
し退却した平氏を後代の軍記物で、さかんにびびり、び
びるを口伝されたのだという。なお、当時、鎧が触れあ
う音をびんびんと呼んだことに由来する。えへん!
などとなにやら物知りのようであるが、先日、東京新聞
に語源遺産という付録があって、そこに書いてあったこ
とであります。受け売りさせていただきました。
話の道草はこのくらいにして伏見稲荷にもどります。社
務所でお茶を飲み、本殿で祈祷をし、稲荷山の千本鳥居
をくぐり、参道のいなり屋で写真家は味噌煮込みうどん、
わたしは玉子丼をたべて、京都駅にもどり大阪市内を抜
け南港のゼップ大阪へ着いたのは開演5分前だった。
布袋と写真家はしばらく会っていなかったが初対面では
ない。東京からライブを観にきてくれたよと伝えると出
番前のあわただしい時間帯のなか、どうぞ楽しんでくだ
さいと挨拶に来てくれた。ここからは写真家の文章でラ
イブの紹介するとしよう。

京都。(やはり地名というものは旅情を誘う)驚いたの
は、ヌシが宮司さんと懇意だったこと。さらには、鳥居
奉納のこと。いやはや、メリハリがありすぎ。
「おはらい」も突然のことで、戸惑いながらも、とても
うれしかった。ありがとう。そして、大阪。(この地名
も存在感とともに旅情もある)HOTEIに紹介してく
れたのもうれしかった。
圧巻はその音楽。「さいたまスーパーアリ‐ナ」に次いで
二度めの体験だ。今回は涙ぐむ曲が 3曲もあって大興奮。
曲名がわからず伝えられないのが残念だ。美しいフレー
ズがなん層にも連なり合って次々に繰り出してきて息が
苦しくなった。しかも、すばらしいアップテンポで!
他にもステージを見て感じたこと。彼は誠実な人間なん
だろうなということ、立ち振る舞いにそれが見てとれる。
改めて感服の限り。

南港から車で新大阪に戻り夜の新幹線で東京まで戻った。
新大阪の土産物売店でマイブームの「みたらし団子」を
買い、人にも配ろうと5箱も買い、うち1箱は車内で写
真家と食った。美味い! これは美味い! と写真家か
らマイブームに賛同いただき、ひとしきり喋った後かる
く眠って、気がつくと新幹線は東京駅にすべりこんだ。
満開の熱海桜の花見から大阪の布袋ライブまでの初春の
小旅行は無事終了。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-02-03 12:29 | Comments(0)
花見
2010年2月1日    

新聞に「桜が満開」と写真が載っていた。
ピンク色の可愛らしい花が満開じゃないか。
花見に行ってみよう! とでかけることにした。
今年に入って友人から韓国の或る町に桜が咲きその数な
んと30万本という話を聞いた。上野公園の桜が約30
00本。日本で最大の桜の群生は奈良の吉野の山の桜で
3万本というから、30万本の桜というのはあまりにも
凄い。凄すぎて想像がつかない。いったい30万本の桜
がどう咲いてるんだろう。聞くと、とにかく全ての家の
庭、道という道、川の土手、学校、公園、市庁舎、町を
取り囲む山々、およそ考えられる限り木という木はすべ
て桜だと友人はいう。締めて総数30万本。どうだ凄い
だろうという。どうだと自慢げに言うこの男も見てきた
のではなく話を聞いたんだというが、正確には聞いたの
ではなく、そこを訪れ度肝を抜かれた作家が書いた物を
読んで知っているにすぎない。それにしても訪れたソウ
ルで聞いた話では、桜は日本を象徴する花で日本統治時
代に役所や学校に盛んに植えられたが、第2次世界大戦
後、韓国は解放され、同時に桜は日本統治時代を象徴す
る花ということで随分切られてしまってソウルにはあま
り桜は咲きませんと聞いたことがある。なんで、韓国の
地方のとある町には日本を象徴する桜が30万本も植え
られているのだろうと、この話を聞いたときに不思議で
しょうがなかった。
もうすこし聞いてみると、日本統治時代からこの町には
もの凄い数の桜が植わっていたが、やはり韓国が解放さ
れたときにソウルと同じように切られて終ったそうだ。
その後、日本と韓国の友好の証しとして、不幸な歴史を
乗り越えアジアの隣人としてともに未来へ向かおうと、
それぞれの国の友好団体によって植桜運動が展開され、
かってのような桜の大景観が蘇ったというすばらしい話
だった。すばらしい話はいいが、それにしちゃこの話が
日本で知られていないのはいったいどういうことだろう。
なにか深い理由があるようなないような気もしないでは
ないが、それよりも知られてないからこの町に花見に行
きたくともどこへ行けばいいのかまったく分からない。
ツーリストエージェントも冬ソナツアーは仕掛けるが花
見ツアーのご用意はしてくれてない。行きたくても行き
ようがない。では、いつかこの町で花見をすることとし
て、まずは日本で桜を愛でよう。さっそく今年から桜追
っかけツアーを始めよう。と友人と正月に約束したが、
そういった約束が一番なりやすいのが口約束だから、守
ることで約束を成立させようじゃないかと誘い合って花
見にでかけることにしたのである。調べるとその桜は熱
海桜で、

「熱海でひとあし早い春に出逢う」
例年1月初旬より開花する「あたみ桜」は、沖縄の寒緋
桜と並んで日本列島で最も早咲きの桜。インド原産の寒
桜の一種で明治4年ころイタリア人によって熱海にもた
らされた。河津桜より1ヶ月早く咲きます。今年度は昨
年より8日早く平成21年12月17日に糸川遊歩道で
開花を確認しました。

と満開の桜の写真が出ていた。
明治4年にイタリア人が持ってきたというなら金色夜叉
よりも40年も早いじゃないか。貫一もお宮も熱海桜を
見たかもしれんな。貫一、お宮は作中の人物だからとも
かくも、尾崎紅葉は見たに違いないが、はて、さて、金
色夜叉をちゃんと読んでないから小説に熱海桜が登場す
るかどうかは知らないのである。それよりも開花確認が
去年の12月17日? 開花してすでに1ヶ月経つじゃ
ないか! 今のうちに見ておかないとそろそろ散ってし
まうのではありませんかと快晴のお天気に恵まれた土曜
日、熱海にでかけたのである。
糸川沿いの桜は匂うが如き満開で、写真家の友人は桜の
木1本1本、桜の花びら1枚1枚、どれがフォトジェニ
ックであるかと穴の空くように見つめ倒し、これだ!と
叫んだと思えば立ったり座ったりと構図を決めにかかり、
決まれば夢中でシャッターを切った。
「うーんいかん。フィルムが無くなった」
の友人の一声を潮時に花見&写真大会は終了。バス通り
の Cafe Kinowa に入り、写真家はビール
にグラタン、わたしはコーヒーに生ハムのサンドイッチ
を注文し一休みした。ハワイは常夏で熱海は常春といわ
れるが、まったくそのとおりの春のような暖かい一日で、
あれじゃ桜も咲くわいなと思った。
熱海はこの桜が終わると入れ替わるように梅の季節がや
ってきて熱海梅園で群生の紅梅白梅が香りと共に楽しめ
る。呼応するようにMOA美術館では新春恒例の「所蔵
名品展」が開催され、国宝:紅白梅屏風図 尾形光琳が
展示される。モネの睡蓮の連作のひとつが展示される。
ボストン美術館と真贋をあらそい真性とお墨付きを勝ち
得たレンブラントの肖像画が展示される。ギリシャの壺
もあればローマの壺もあるぞと。そして、梅が終われば
いよいよソメイヨシノの季節が始まる。特に、奥湯河原
から七尾に抜ける桜ヶ丘に立ち並ぶ桜の木はどれも古く、
まるで満開の桜を身にまとった山の精の立ち姿であるが
如きである。また、糸川沿いのしだれ桜が流れる水の上
に花びらを散らす風景は一幅の画となって春を彩るので
あるから、熱海は常春と呼ぶにふさわしい。
夕方、温泉に浸かって、ミシュランの☆レストラン:ラ・
ンバンスのシェフにもらったレシピに基づいてつくった
金目鯛のづけの焙りをおかずに夕飯を食い、食後は酔い
どれ亭で未完の小説家と石油王とともに西村トリオのジ
ャズライブを楽しんだ。花見の一日は盛りだくさんの出
来事で終わることができた。明日は大阪へ行く。早めに
寝た。

尚、写真家につられるように何枚か写真を撮ったが、そ
の中の数枚を写真家が褒めてくれた。デジカメとPCを
繫ぐラインが見つかり次第アップしますのでお楽しみに。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-02-01 18:11 | Comments(0)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム