exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
珈琲ルンバ
2010年3月29日

算数です。
煙草1本を吸うに5分。
1箱(20本)で100分。
2箱で1日で200分=2時間40分。
12時間起きているとして、1日の4分の1程モクって
いた計算になるとは我ながら驚き。

煙草をやめたから、この空いた時間をつかって珈琲を楽
しんでいる。もともと煙草をやめる前から珈琲は好きで、
煙草をくゆらせながら飲む朝の珈琲が日課でもあったが、
そのころはコーヒーメーカーを使っていた。ポットの取
っ手のところが木製になっているデザイナーズコーヒー
メーカーを見つけ、それで毎朝珈琲を入れていたが壊れ
てしまった。新品に交換してまたしばらくすると壊れて
しまった。こういう場合は消費者お問い合わせセンター
に電話するんだろうがそれもなんだかメンドクサイ。壊
れたコーヒーメーカーは捨てて自分で煎れてみようとド
リップ式に変えたのと煙草をやめたのが同時期だった。
家の近所に専門店がある。そこで聞いてみるとドリップ
式にはカリタとメリタがあり、それは道具のひとつ穴と
みつ穴の違いで煎れる方式は同じ。発明した人の名がそ
れぞれカリタさんでメリタさん。カリタコーヒーで検索
すると、
「おいしいコーヒーの入れ方」をYou Tubeで見
ることができる。また、神戸三の宮の珈琲処Cafeや
神保町の老舗の珈琲店がプロの入れ方を紹介してくれて
いるがネットでは味も香りもわからないから、参考にし
ながらあとは実践あるのみ。毎朝やっているうちにそれ
なりに美味い珈琲が入れられるようになりました。
今ではそこらの下手な店よりもうまい珈琲を入れてます。
この言い方、下手なプロよりうまいギターを弾く男がい
ますよとか使われて、そういわれる度に下手なプロがい
るわけないだろうと長い間思っていましたが、音楽業界
で長い間仕事をしていればいろいろなことを知るもので、
今ではギターのみならず下手なプロがいることを知って
います。それはどこの町にも不味いラーメン屋があるよ
うにいるのです。ですから言わせてもらいます。下手な
喫茶店より美味い珈琲を入れてますと。 

飲む珈琲はあれやこれやいくつか飲んでるとどれがどれ
だかわからなくなるのでブルーマウンテンとハワイアン
コナコーヒーと決めている。
ブルーマウンテンはジャマイカの標高800〜1200
メートルの高地で栽培され、酸味・苦みのハーモニーが
抜群な上に香りが非常に高く収穫が極端に少ないのでと
ても高価です。100グラム2000円もします。おな
じみのモカとかサントスのブレンド物は100グラム4
00円ほどだから、その値がいかに高いかがわかります
が、100グラムで10杯ほど入れられますから世界で
一番高い珈琲も自分で煎れれば1杯200円。百円玉2
枚で世界一が楽しめるのですから安いものです。
ハワイアンコナコーヒーはハワイ島に住むMが送ってく
るが、たまにコーヒー豆が底をつきますから近所のドト
ールで補充します。コナも希少種で高いのですがそれで
も1杯150円で飲むことができます。
変わったところではその独特のナッツのようなアロマが
香るベトナムコーヒーが好きです。フランスの植民地で
あったせいかミルクをたっぷり入れて濃いめのカフェオ
レで飲むと絶品です。ベトナム人はそれに輪をかけ練乳
を入れ甘さたっぷりにして飲んでいます。この豆はなか
なか手に入りにくい。わたしは表参道の小原流会館地下
のベトナム料理屋マジェスティックス、六本木ミッドタ
ウン地下のベトナム屋で買っているが、岡崎では店では
売っていないから手に入れるにはネットで注文する。店
とネットで同じ物が手に入るのでなんの問題もないよう
だが、フォーやナンプラーたっぷりの野菜サラダや生春
巻きを食ってコーヒーを飲み&手に入れるか、ただ豆を
手に入れるかではおおきな違いがあるなあ。岡崎でもベ
トナム料理が食える店だれかやってくれないかな。

煙草をやめて半年になる。やめてどうなりましたか?
とよく聞かれる。空いた時間で珈琲を飲んでます。ルン
バ聴いてますと答えるが以上のようなことです。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-03-30 17:39 | Comments(1)
横須賀港戦艦三笠
2010年3月26日

大学時代の同級生の或る企業の消費者お問い合わせセン
ター長から3月末の週末の土曜の夜横須賀に集合された
しと連絡が来た。ちなみにこの或る企業は食品系の会社
で、昼時になるとこの或る企業から発売された食品を食
した消費者からどっとセンターにお問い合わせの電話が
かかってくるから、センターは世の昼休み時間は休みで
はなく主戦場である。にもかかわらずセンター長は同級
生の糟谷は昼休みだろうと(べつに休んでないが)消費
者からの問い合わせの電話と電話の間を盗んでこの時間
帯に電話をかけてくる。電話の向こうでひそひそと話す。
「ひそひそ話してるんじゃよく聞こえないじゃないか」
「今、センターの電話は鳴りっぱなしなんだよ。飲み会
 のお誘いの電話してるってわかると案配悪いんだよ」
といつもひそひそと電話がかかってくるものだから同級
生との飲み会が秘めやかなもののようでもある。
集まるメンバーは決まっていつもの男4人。実はそーな
んです。とカミングアウトした男好きの男たちの集まり
であるかのようなひそやかな話ぶりである。
とりあえず3月の末の週末は忙しいから欠席すると返事
をしたが、横須賀港には日露戦争で主艦を務めた戦艦三
笠が保存され停泊し公開されている。坂の上の雲を読み
終えたわたしとしては是非三笠の艦長室に乗りこみ東郷
提督のあの世界的な奇襲の開始を告げる「取り舵いっぱ
ーい!」の号令をかけてみたい。行く事はできないが三
笠だけは残念である旨を伝えると、横須賀に生まれ横須
賀に育ち横須賀で結婚し横須賀で家庭をもち横須賀で人
生という世を過ぎている自分も「坂の上の雲」を読んで
初めて三笠を訪れた。その感動は言葉であらわせるもの
ではない。いつでも案内する。声をかけてくれという返
事がきた。
「テンキセイローナレドナミタカシ」
という有名な打電をもって開始された日本海海戦。東郷
は三笠の一番高い最上艦橋に立ちっぱなしで戦闘指揮を
した。戦いが終わり東郷がその場を去ると東郷が立ちつ
づけていたその場所に足跡が残っていたという話が伝わ
っている。その艦橋に登ってみたいのである。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-03-26 14:15 | Comments(1)
霧の伊豆高原
2010年3月15日

昨年の秋9月から読んでいる「坂の上の雲」(全6巻)。
いよいよ最終巻に突入した。
年明けて読書は順調に進んだが、乃木軍が旅順を陥落さ
せいよいよ奉天での世界史上に残る大会戦に物語が突入
するところで時期が一緒になり、読み進むスピードがゆ
るんだ。時期が一緒になるというのは小説に書かれてい
る2月8日の戦闘を読んでいる日が2月8日だったので、
それ以後は戦争の進行に合わせて読んだのである。それ
はおもしろい読書体験だった。と3月5日に下書きした
まままとまらず、ブログにアップすることなく今日にい
たってしまったので随分間があいてしまった。
その場で思いついたことを書くツイッターって便利なん
だなと思い知る。でもあれって不平不満を愚痴ってそれ
にどこかの誰かが呼応しているにすぎないような感じが
するんだが、、、。

ブログを休んでいたこの間。伊豆高原にレコーディング
に行ってきた。熱海からH君の車に先導されルート13
5を南下。この道は、普段の日曜日の朝であれば休日を
楽しむ車で大渋滞するのだけど、雨が降り風が強く吹く
全くドライブ&観光日和でない天気が幸いして道路はす
いていた。今回はしおさいレーベルスタジオでボーカル
入れ。入れというのは録音という意味である。このタイ
ニーな可愛らしいスタジオはレーベル主宰者のIドクタ
ーの自宅に隣接したプライべートスタジオで、すこし狭
いがとても気分の良いスタジオだった。伊豆高原といえ
ばキティースタジオが有名である。キティースタジオが
完成した30年ほど前は、優雅なリゾートレコーディン
グといえばこのスタジオで、ここにはいくつかの思い出
があるが一番の思い出は、このスタジオでレコーディン
グされたばかりの「NO NEWYORK」という曲が
入ったマルチテープを持ってニューヨークへ飛んだこと
である。たったひとりでしかも初めてのニューヨークだ
った。
当時わたしの愛車はフォルクスワーゲン社のディーゼル
エンジンの黄色いゴルフで、この車はブルルンブルルン
と小型トラックのような音を響かせるのだが、その車に
マルチテープを積み込み、夕方霧の発生した伊豆高原を
出発して成田に向かったが、前方がまっ白でヘッドライ
トを点けてもなにも見えず、伊豆半島を抜ける前に事故
で終わっちゃうんじゃないかと思いながら車を走らせた。
成田に到着しチェックインを済ませ荷物を預け搭乗口で
出発を待っていると糟谷様搭乗口へというアナウンスが
聞こえたので行ってみると、あんたのチケットは一番の
格安チケットで、キャンセルが出たときに初めて有効に
なるチケットだから(どうりで安いはずだった)今回は
予定通り全員がチェックインしたゆえに残念だがこの飛
行機には乗れないと言われた。
そんなチケットだとは格安代理店で説明されてなかった
から、そらほんまに驚いたが、ただしこの予定された直
行便には乗れんが3時間後にロスアンゼルス経由でニュ
ーヨークに行く便がある。それに乗る手配をすることは
できる。でなければまた明日来い。と言われ、はいはい
その飛行機でけっこうですので乗せて下さいとしたが荷
物はすでに別の飛行機に乗ってしまっている。その荷物
の中にマルチテープが入っているのだ。ニューヨークで
荷物は確実に受けとれるんだろうなとカウンターで係員
に何度も確認し誓約書まで書かせ、これで安心と別便に
乗りニューヨークまで行くと心配したとおり荷物が消え
ていた。引き取り手のない荷物がまとめられた部屋につ
れていかれたが見あたらなかった。航空会社のスタッフ
に誓約書をかかげ、
「これを見ろ!荷物のあることを確約したではないか!」 
と怒鳴ったが、
「それはトーキョーのスタッフがしたことでニューヨー
 クで約束したことではない。第一、日本語で書いてあ
 る。何が書かれているのかわからなーい。ここをどこ
 だと思ってるんだい。ニューヨークだぜ」
とニューヨークの洗礼を受けてしまった。
荷物はない。
テープはない。
誰も迎えに来ていない。
どこへ行くのさえわからない。
と、そして僕は途方に暮れるのだが、ま、なんとかなる
もので、詳しくは省くが荷物も見つかりテープも見つか
り、無事「NO NEWYORK」の12インチミック
スを終了して日本に帰ることができたが、その時ニュー
ヨークでコーディネーターをしてくれ僕の窮地を救い面
倒を見てくれたのが、今、前を走って先導してくれてい
るH君であった。H君は僕との邂逅の後、シカゴでエン
ジニアーとして認められ、ニューヨークに活動起点を移
し、数々のチャンスに恵まれ、それを生かし切りマドン
ナのエンジニアーとしてプラチナデスクを獲得すること
になるが、その後パリに、そして現在は生活拠点を熱海
に移し相変わらず世界的な仕事を引きうけている。仕事
の無いときは釣りをし庭仕事に精をだし、時にわたしに
つきあって寿司屋で飯を食う。今回はミックスを彼にお
願いしているのだが、その前のボーカル入れのスタジオ
を紹介してくれ、くれるだけでなく伊豆高原のそのスタ
ジオまで先導してくれているのである。まあ、H君とは
かれこれ30年のつき合いになるが、互いに無名時代か
らのつき合いだから、そうだな学校の先輩後輩的なつき
あいのようでもある。
レコーディングも無事終了しスタジオから夜中に熱海に
向け帰路についたが、また、春の伊豆高原名物の夜霧の
洗礼を受けてしまった。30メートル先が見えない。目
をこらして次から次へと現れるカーブの連続の国道13
5をとろとろと徐行運転のように走り、熱海までたどり
着いたときには夜半を越えていた。閉店間際の知り合い
の寿司屋に飛び込むと寿司屋の大将は、霧でよかったか
もしれませんよ、もし晴れた日曜日でしたらこの季節は
桜見物からの帰りの大渋滞で、そうですねえ、伊豆高原
から熱海まで6時間はかかったんじゃないですかと言っ
た。話を聞きながらほおばった金目鯛の握りがあぶらが
のっていて美味かった。ちなみに伊豆半島網代沖で上が
る金目鯛はどういうわけか1年中あぶらがのっていてと
ても美味い。ときに金目鯛のヒラキが売られているのを
見るが、気をつけないと駿河湾側の金目であったりする
とあぶらののりが良くなく噂に聞くほど美味いものでは
ないときがあるのでご用心。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-03-15 19:11 | Comments(1)
ひな祭り
2010年3月4日

あかりをつけましょぼんぼりに、、

昨日はひな祭りでした。
講談社;常用版日本大歳時記によると、
人日(じんじつ)七草の節句。正月七日。
上巳(じょうし)桃の節句。三月三日。
端午(たんご)菖蒲の節句。五月五日。
七夕(たなばた)七夕祭。
重陽(ちょうよう)菊の節句。九月九日。
は江戸幕府が定めた式日のひとつで五節句とよばれたと
ありまして、桃の節句はそのひとつ。
ふるくは、奈良時代に宮中でおこなわれた行事で、供え
物をしたり、曲水(庭にこしらえたり又は自然にある小
川などの曲がりくねった水に流れに臨んで坐り、上流に
浮かべられた杯が自分の前に流れ来るまでに詩をつくり、
その杯で酒をみ、その後、別席で宴を張り、詩を披露す
る)という遊びがあったようです。平安時代になって草
餅、桃花酒で祝うようになり、中世にやっと民間に広ま
り、白酒が飲まれるようになった。さて、江戸時代には
五節句として式日ときめられ、いよいよひな祭りが盛ん
になるにつれてこれらの酒や餅がひな壇に供えられるよ
うになったそうであります。にんぎょう〜の久月、、も
この時代から登場したんでしょうか。また江戸時代はこ
の日に海辺に出て飲食をしたりするという遊びもあって、
それが江戸湾での潮干狩りの風習にもなったといいます。
その風習は沖縄に伝わり今でも桃の節句に浜下りといっ
てのこっているんだそうです。
日本大歳時記に一茶の句がのってましたで紹介しておき
ます。(歳時記は俳句作りの時に参考する辞書みたいな
ものです)

 もものひや 深草焼きの かぐや姫

わたしの妹が3月2日生まれで、誕生日は桃の節句と同
居でして、わたしは9月22日うまれで翌23日が岡崎
天満宮の祭日で町内のお祭りと同居。また、末の妹は7
月が誕生日だったからこれまた適当な都合として七夕と
同居とされてたのだろう。こどもの頃、家で兄弟子の誕
生日会がおこなわれたことがない家庭で育ったものでし
た。ということは、ゆかしくも長男は菊の節句的。長女
が桃の節句。次女が七夕の節句で、古式豊に一緒くたに
されていたのでありましょうか。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-03-04 13:42 | Comments(0)
故郷へ
2010年3月2日

2月末の週末。岡崎に帰った。今年は正月に帰れなかっ
たから、一時入院中のおふくろを見舞った昨年の11月
以来の帰郷になった。2月にはいっておふくろの体調も
よろしいということで、27日の土曜日は一緒に外食に
でかけた。
岡崎に材木町という町があり、そこに城北飯店という中
華料理屋がある。そこのオーナー料理長は四川料理麻婆
豆腐の達人:陣健民について修行した人で、あのテレビ
でおなじみの「料理の達人:陳健一」と兄弟弟子である。
親父の法事では萬珍軒という岡崎では昔から有名な中華
料理屋で食事会をすることが多かった。年寄りには少々
辛いかもしれないが、おふくろにも本場の美味しい四川
料理を食べてもらうと今回はそこにでかけた。
前菜からメインの麻婆豆腐、蟹料理、海老料理にいたる
までひとつひとつ丁寧に味付けされていて、その味は複
雑で、でも分かりやすく美味である。さすがに中国山椒
がふんだんに使われ辛さが自慢の麻婆豆腐は、
「これはわたしには辛すぎるねえ」
と一箸つけただけだったが、おふくろも味に感心し喜ん
でくれた。わたしの妹の娘(孫)の2歳になる娘(ひ孫)
が一口食べては「うまい」という。うまくないものは二
口目をすすめても食べようとしない。
「あんなにちいさいのにもうわかっているんだねェ」
とひいばあさん(おふくろ)は感心していた。

翌日曜日は南米チリの大地震で日本に津波が押し寄せて
くると朝から大ニュースとなっていた。気象庁の発表に
よると宮城から青森にかけての三陸海岸線で最大3メー
トルの津波が襲うとのこと。こんなデカイ津波に襲われ
ちゃ葉山の海岸に建つ友人宅はこれで消滅するだろう。
熱海にきた津波は怒濤の如く糸川、初川を逆流するだろ
う。そうなればあっという間にバー酔いどれ亭は水の中。
熱海、葉山まで救援に駆けつけたいが途中に浜名湖があ
って新幹線も東海道線も止まるだろうし、東名高速道路
も由比は通りぬけられないだろう。あそこはただでさえ
風が吹いただけでザブーンと波のしぶきが道路までふり
かかるところだから、まず通り抜けは無理だべさ。せめ
て警告を発しておこうとそれぞれに電話すると、
えー! 津波ですかァ? 
東京マラソンの中継見てましたー!
とお気楽だったから、テレビを切って今すぐ日本から逃
げろと警告を出しておいた。彼らはこれで無事日本から
脱出するだろう。すくなくとも高台には避難するだろう
と安心したわたしは、珈琲を飲みに行こうと同級生の呉
服屋のYに電話し実家まで迎えにきてもらい出かけた。
そこで最近バンドを結成した、正しくは約20年ぶりに
再結成した安藤氏(G VO)と清水氏(B)と合流し、
音楽談義に花を咲かせた。
彼らとわたしは2ジェネレーションの世代の差があるが、
音楽がもつ魅力的なところは、音楽には国境がないくら
いだから世代などなーんもかも関係無いっしょ。という
ことですから、わたしが音楽に目覚めた60年代音楽か
ら彼らが音楽漬けになった80年代の音楽の話まで盛り
上がり、いよいよ4月くらいから合同のバンド活動企画
をしたらおもしろかろう、と話は一気に進んでおおいに
盛りあがった日曜の昼であった。

ハワイ島は辛うじて残ったようだがいまごろグアム島は
波に浚われ消滅したのかもしれない。しかし、岡崎にい
るわたしにはどうすることもできないので、東岡崎で切
符を買って特急にのり、名古屋まででかけ、名鉄百貨店
8階のレストラン街にある山本屋総本店で味噌煮込みう
どんを食って東京に帰った。
味噌煮込みうどん豆知識を披露しましょう。
味噌煮込みうどんの味噌は岡崎の八丁味噌。麺は、水と
小麦だけで練り上げている生麺です。麺が固いのは、そ
のほうが濃い味の味噌スープに馴染むからです。また、
麺にそば粉をふるのは煮込むときに麺同士がくっつかな
いようにするためです。ですから、お客さんに蕎麦アレ
ルギーがありますかと聞くのです。ある方にはそば粉を
ふらない麺をつかいます。そして、鍋焼きうどんは茹で
たうどんで、味噌煮込みうどんは生の麺で作ります。
東京に帰る新幹線に演出家の蜷川幸雄氏が乗っていた。
テレビなどで見る姿しか知らないわたしが蜷川さんに持
っていた印象と寸分違わなかったから、そのことを隣に
座っているかみさんに小声で言うと、テレビで何度も見
ているのだから別に当たり前じゃないのと言った。
もし、とても大柄だったり反対に小柄だったりすると印
象がずいぶん違うものになるから、そのことを言いたか
ったのだが蜷川さんがいるそばでいつまでも、ニナガワ
サンって、、、、とやるものではなかろう。そうだねと
答えてこの話はお終いにした。東京に着くと、東京湾を
襲ったかもしれない津波をものともせず強行した東京マ
ラソンはとっくに終わっていて、雨もとっくに上がって
いて、すこし寒かった。
[PR]
by kasuya_senji | 2010-03-02 16:33 | Comments(0)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム