exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
渡英記 最終回 エピソード7
9月の末から10月の頭にかけての1週間の英国旅行に
ついて3ヶ月も話題を引っぱったのは、ひとつには毎週
末の土日にかけてライブがあり休めなく、かといってウ
イークデイは休みもとりにくく、集中・解放・岡崎堂の
バランスが悪く、たった7つのエピソードに3ヶ月もか
かってしまったということですが、また、ひとつにはロ
ンドン忘れがたくという思いが強く、書き終えてしまう
と急にロンドンが遠くなるような気もしたことは確かで
す。でも、さすがに年はまたげません。最終回です。

司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読むと1902年の日英
同盟が日露戦争の勝利に決定的な出来事であったと書い
てあります。
この戦争は明治時代の事件ですが、工業の近代化が始ま
った20世紀初頭に行われた戦争で、30センチ砲とい
う巨砲を装備した巨大な鋼鉄製の軍艦同士が戦う世界初
の近代会戦でした。
19世紀のジョニー・ディップのパイレーツ・オブ・カ
リビアンの時代の海賊の木製の帆船の軍艦は風さえあれ
ばどこへでもという風まかせ潮まかせの航海です。
20世紀の軍艦は蒸気機関エンジンを持ち世界の海を意
のままに進むことが出来ますが石炭を燃やしてエンジン
を動かさなければなりません。
20世紀初頭の世界は7つの海を英国が支配し、世界中
の主要な港も英国の支配下にありました。
ロシアのバルティック艦隊はヨーロッパのバルト海から
地球の半分を回りアジアの果ての日本海に大航海します
が、その途中のガソリンスタンドというべき世界の主要
港のそのほとんどが英国の支配下にあり、英国はこの戦
争に中立を装いつつロシア艦隊の入港にサボタージュを
決め込み、ロシア艦隊は大航海の燃料と水と食料の補給
にすべてのエネルギーを使い果たし、疲労困憊、戦争に
対する志気さえ疲弊してへとへとになり日本海に到着す
るのです。
また、ロシア艦隊の船底には牡蠣、フジツボなどの貝類
がまっ白にデコレーションされたようにくっついていて
とても本来のスピードでは走れませんでした。元ヨット
小僧としてはここは大事なポイントですのでつけ加えて
おきます。
日本海軍は満を持して待ち受けていました。
すべての戦艦の船底の貝は削り落とされつるつるの船体
は滑るように海を走りました。
「敵艦見ゆ。天気晴朗なれど波高し」
日本帝国海軍参謀秋山真之の高々とした有名ナ電報が今
に伝わっています。

その日英同盟の1世紀の周年を祝うジャパンフェスティ
バルが1991年ロンドンで行われ、名誉なことに日本
政府外務省の推薦により我がIRC2は布袋ライブをロ
ンドンのタウン&カントリーで行いました。
当時のエピソードをいくつか披露します。

1ー外務省から用意された金額は大きいものではなかっ
たが、切り詰めれば制作経費は賄えるものだった。とこ
ろがジャパンフェスティバルの日本の伝統文化興業・大
相撲ロンドン場所とアルバートホール歌舞伎大興行に巨
大な経費がかかってしまいまして、、という理由で約束
されたライブ関係費はゼロとなり、結果、日英同盟1世
紀を祝うジャパンフェスティバル布袋ライブは、日本を
代表して全額IRC2の自己負担で行なうという名誉も
いただくことになった。日本政府に代わりまして日露戦
争の英国の協力に対するお返しの一つになれば幸いです。

2ーそのロンドンライブに日本からも多くの音楽ファン
が駆けつけてくれ、ツアーも組まれました。
ロンドンに到着し添乗員の案内でツアーご一行様がロン
ドン市内の繁華街へでかけると、街のあちこちに布袋ラ
イブのポスターが貼ってある。
おー! 布袋さんだー!
とご一行様が歓声を上げ、そのポスターの前で我先にと
記念写真を撮っていると、そこを通りかかったイギリス
人がエアーギターで
「カモンエブリバーディー。ホテイ サイコー!」
とやってツアーご一行の皆様の度肝を抜きました。
そのイギリス人は元クイーンのツアーマネージャー。
彼のガールフレンドが布袋のレコーディングのアシスタ
ントをしていて、2人とも我々のロンドン仲間。
ちなみにこのカップルは日本通で、家に猫を2匹飼って
いて「スシ」と「サケ」と名づけていた。

あれから20年の月日が流れた。
ジャパンフェスティバルの後、湾岸戦争が始まり、中東、
西アジア、ヨーロッパ各地でイスラム原理主義者による
爆弾テロも頻発しだした。日本に住んでいるとそのあた
りの不安さは分かりにくいが欧州ではほんとに隣の火事
的な危険感が常時あって、我々も音楽活動やレコーディ
ングは時期によって英国か日本かと場所を選り分けるよ
うになってゆくが、それでも大好きな英国離れがたしと
僕らはロンドンでの音楽活動を続けるのだけれど、20
01年9・11が決定的な弾き金になった。
ロンドンオフィースを撤退してもう10年経っている。
つくづく時の流れは早いものだと実感する。
でも、もう次の段階に進む時期が来ているのだろう。
この10年のデジタルネットワークによって、輝かしい
レコードやCDの時代は過去の物になりつつあるがライ
ブコンサートは永遠に不滅だ。そろそろタウン&カント
リーライブの次のライブを企画する時期に来ている。
そうそう。タウン&カントリーのライブにはレッド・ツ
ェッペリンのロバート・プラントも観に来てくれたけど
又来てくれるかな。
ロバート・プラントも最近はハードロックではなくアイ
リッシュフォークバンドを引き連れてカントリー&ウエ
スタンミュージックでツアーをしているようで、ナンデ
モ、グラミー賞にノミネートされているというめでたい
話も聞こえてくる。
やんちゃなロックボーイズも大人になり、いよいよます
ますカッコイイ大人として音楽に磨きをかけている。俺
らもそろそろお仲間入りをしようじゃないかと思ってい
る。

     ☆☆☆

クリスマスイヴの富士山
e0074827_1349313.jpg


クリスマスイヴのおとーさん
e0074827_1350492.jpg


50回目のクリスマスを迎えたジャズ喫茶ゆしま
e0074827_13495151.jpg


集団メーリーイークーリースーマースー
e0074827_13502517.jpg


ちっちゃくクリスマス
e0074827_13503540.jpg


タイムカプセルで蘇った大学生の岡崎堂
後列 右側のバミューダパンツ 伊豆七島新島にて
今さらですが裸で失礼します。
e0074827_13504570.jpg


     ☆☆☆☆☆

  皆様の来年が良い年でありますよう祈念して
  今年はこれで終了します。ご愛読ありがとう。
[PR]
by kasuya_senji | 2011-12-27 14:04 | Comments(1)
渡英記 エピソード6
1988年12月24日の渋谷公会堂で解散を宣言した
BOOWYは、翌1989年4月4日・5日の東京ドー
ムのLAST・GIGSの氷室のあの有名な
「おれ達は伝説にはならねえぞ」
という言葉を残しその活動に終止符を打ったが、布袋は
解散直後から制作に没頭し、世の「何故? 解散」に答
えを出すかのようにギタリズム宣言*をし、ソロアルバ
ムのデモテープを完成させ、6月末、いよいよレコーデ
ィングのためロンドンのアビーロードスタジオに旅立っ
た。

1985年の春。BOOWYがハンザトンスタジオレコ
ーディングでベルリンを訪れたとき、テーゲル空港で僕
たち一行を待っていたのはレコーディングの全てをコー
ディネイトしたクマ原田氏で、それが彼との初めての出
会いで、彼とはその時以来変わらぬ親交を深め今日に至
るのだが、布袋のソロアルバム「ギタリズム」の完成も
クマ原田氏のコーディネートに依るところが多い。
そのコーディネイトの第一番目はもちろんアビーロード
スタジオとのディールだが、その前に、アビーロードか
ら歩いて5分の所に宿舎を借りてくれたことがとても大
きかった。
アラベラコートという名のその建物は、その名が示すよ
うにアラビア人の大金持ちが所有するコートハウスで、
アビーロードに交差するマルボロプレースにあった。
◎3ベッドルーム(シングル、ダブル、ツイン)
◎リビング(60平米ほど)
◎キッチン(システムキッチンと巨大な食器棚、冷蔵庫)
◎2バスルーム(来客用と住居人用)
の150平米はあろうかという広さで、1ヶ月の賃料は
50万円だったかと記憶している。
この値段は、一行10名がホテル住まいをすれば安い宿
でも1日10万円は必要で、レコーディングが60日に
も及べば600万円もかかるのだから、この広い2部屋
が2ヶ月で200万で借りられたのは特別に格安だった
のである。
もちろんこのコートハウスの正規料金はホテルとあまり
変わらない金額だったが、通常は客は長くても家族で2
週間ほどの滞在で、僕たちのように60日間・約2ヶ月・
2部屋をレンタルするというのはかなり大口の顧客で、
そこんところヨロシク!とクマ氏がオーナーを突きに突
いてくれ計算高いアラビア人から格安ディールを確得し
てくれたのだった。
実をいうと、宿泊予算が400万円安く済んだことで、
アビーロードスタジオが借りられる算段がついたのだか
ら、まず、このアラベラコートが決まったのがホントに
大きいことだった。
6階のルーム31に、布袋、糟谷、マネージャー、カメ
ラマン、アートディレクターの5人が居住。
隣のルーム30にはドイツ人エンジニア夫婦、ミュージ
シャン2名、レコード会社ディレクターの5名が居住。
はじめてチェックインした日からレコーディングが完成
するまでの2ヶ月間、毎晩、ルーム30、31は大パー
ティー会場と化し、イギリスのエンジニア、ピアニスト、
シンガー、ドイツのカメラマン、イタリアの雑誌記者、
日本からのマスコミ、編集者、画家、モデルなど様々な
国の様々な職業の人達の梁山泊「多摩リバー」となって、
20世紀の晩年という時代の大騒乱のなか、BOOWY
の解散という衝撃を超えギタリズムー1は芸術作品とし
て完成していった。時間と空間と人種の壁を超えた一大
クロスオーバー・ロックンロールアルバムが完成したの
である。あらためて参加した全てのミュージシャン、特
にホッピー神山と藤井猛の両名には感謝申し上げます。
あなたたちの才能もまた恐るべきものでした。感謝。



  *ギタリズム宣言
GUITARHYTHM CONCEPT  1988

そろそろ90年代R&Rの幕開けというべくR&Rを提
示していかなくてはならない時期が来た。
そもそもにR&R国籍は無くイギリス、アメリカ問わず、
ビル・ヘイリー(元祖R&R!)、リトル・リチャード、
チャック・ベリー、ジーン・ビンセント、エディ・コク
ラン、ボ・ディドリー、プレスリー、ビートルズ、スト
ーンズ〜 時代はながれて、T・REX、ルー・リード、
デヴィッド・ボウイー、イギー・ポップ〜セックス・ピ
ストルズ etc、、、。
ジグジグ・スパトニックによる90年代へのアプローチ
はくしくも失敗に終わったが、常に刺激を求めるビート・
フリークたちの関心は、生易しいメロウなR&Rでは満
足できなくなっている。
パンク・ムーブメントの果たした役割は計り知れない程
偉大なものだったが、大きくわけてビート派とメロディ
派に極端に別れすぎて、今やシーケンスの反復を利用し
たドナ・サマー!?が切開いた”ディスコ・ミュージック”
とほとんど変わらないあり様だ。
ロックという言葉の持つ意味が個人の解釈に委ねられた
今、逆にインパクトを持ち国内のみならず海外にもアピ
ールし得るR&Rが、これから作っていく<GUITA
RHYTHM>の基本になっていく。
テーマは『スピード』『リフレイン』『メロディー』
『コンピューター』『パンク』
の5つに集約することができる。わかりやすく言えばセ
ックス・ピストルズのギタリストとジグジグ・スパトニ
ックのリズム体をバックにエディ・コクランがビートル
ズの歌を赤いスーツを着て歌う事だ。

                    布袋寅泰



アビーロード近辺のイタリアンレストラン「フォンタナ・
アモローサ」はとっくの昔に閉店していた。
その向かいのインド人のスーパーも無くなっていた。
あの店のソーセージは不味かった。毎日牛乳やパンを買
いに行くもんだから、そのうち、教えた日本語でオハヨ
ー、アリガトー、サヨナーラくらいは喋るようになった。
角のアイリッシュパブも無くなっていたが、アラベラコ
ートだけは、昔と変わらぬ姿で健在で、その建物を見て
いると、僕の人生であの時代は二度と還らないが、まる
で青春時代に戻ったような気がした。

    ☆☆☆

アラベラコート。建物の最上階の左側の2部屋を借りた。
e0074827_18115041.jpg



左ルーム30。右ルーム31。
e0074827_14255741.jpg



アビーロードクロッシングのすど。
e0074827_18122659.jpg



アビーロードスタジオ。一般客はこの角度からスタジオを見る。
e0074827_181252.jpg



スタジオ前庭のクマ原田氏&すど。
e0074827_18125267.jpg



岡崎堂&すど。
e0074827_14273036.jpg



いよいよアビーロード内にご案内します。
e0074827_14274815.jpg



スタジオ2前の廊下。
このスタジオ2でビートルズ「アビーロード」は撮影
された。写真左側の赤いライトが入り口
e0074827_1428440.jpg




スタジオ2。調整室が階上にある昔ながらの作りになっている。
そこから見るスタジオ。スタジオへは右の階段で下りてゆきます。
e0074827_1816134.jpg




ビートルズの音を吸ったマイクロフォン。
ビートルズの音を吸った吸音板はもうなかった。
e0074827_1813770.jpg




ビートルズファンでもなんでもないすどが
スタジオに入るなり感極まって涙ぐんだ。
e0074827_18134517.jpg




スタジオマネージャーのコレッタ&クマ&すど
e0074827_1429035.jpg




コレッタ&センジ
e0074827_1430528.jpg



  <エピソード7 最終回に続く>。
[PR]
by kasuya_senji | 2011-12-06 18:29 | Comments(1)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム