exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
帰国

2012年12月18日。ロンドンカムデンタウンラウ
ンドハウスの布袋ライブを終え、翌19日ヒースロー発
成田行きのバージン901便で帰国した。
ライブが終わり、ロンドンダダミュージック主催のアフ
ターショーパーティーが催された。
懐かしの旧アイアールシー2ロンドン時代の面々。
レニー・ザカタク、ビクトリア、ビッキー、スパイダー。
ロンドンユニバーサルレコード&EMIスタッフ。
ロックバンド、BONIGEN&マッドネスがいた。
他は知らないイギリス人ばかりだったが、総勢50人く
らいの人でごった返すなか、これでもかこれでもかと英
語が飛び交い、英語でもみくちゃにされて以前の英語力
を取り戻したのは不思議だった。
アフターパーティーが終わるとカムデンマーケットの奥
にあるディスコで日本チームの2次会が行われた。
英語力を取り戻した僕は英語でばりばりに会話した余韻
そのままに誰彼なく思うままに日本語で喋りまくった。
いや、俺だけじゃなくライブの強烈な余韻に酔った誰も
が誰かに話しかけていて、その場は30人くらいの人出
だったが30の会話がどまることなく深夜まで続いた。
祭りが終わり人が引けたディスコは淋しかった。
布袋と別れホテルに戻ったのは午前3時頃だったろうか。
翌朝ヒースローに向かった。
空港で布袋スタッフや日本からツアーを組んで来てくれ
た人たちと朝の挨拶を交わし機上の人となったが、着席
した瞬間深い眠りに落ちた。飯も食わずシャンパンも飲
まず爆睡11時間。
右手に富士が見えますと云うアナウンスで目が覚めると
外に朝日に黄金色に縁取られた雲海の中富士山が見えた。
日本に帰ってきたんだと思った。
e0074827_1845798.jpg
[PR]
by kasuya_senji | 2013-05-29 18:45 | Comments(9)
看板&犬&薔薇&石像&田圃&ザック&黒門町
戯れ句

夏も近づく八十八夜 通り過ぎたる幾星霜
彦星と織姫の星合を 迎える蛍や千歳川


     人気者
e0074827_14372381.jpg



        F嬢
e0074827_14373297.jpg


        薔薇
e0074827_18351339.jpg


        肉屋のM
e0074827_18352522.jpg


     サングラス載せると犬に見える自宅の石像
e0074827_18354331.jpg



    新幹線車窓の田園風景
e0074827_18355779.jpg



       大阪フェスティバルホールまこと花
e0074827_1836891.jpg


       
        ザッカリー・アルフォード
e0074827_18361877.jpg



     千秋楽前夜。大阪黒門町の路上。
e0074827_1836288.jpg

[PR]
by kasuya_senji | 2013-05-07 14:54 | Comments(5)
閖上地区
2013年5月7日

宮城県仙台市閖上地区

2011年3月12日の東京新聞の朝刊の1面はこの松
林を遥か越える水量の大津波が襲ってきた瞬間の写真だ
った。
林の向こう側が海。こちらはかっての新興住宅地。
600名を超える人命が奪われたこの地区は、元々ここ
に住み暮らしていたのは閖上港で仕事をするわずかな人
々で、人口のそのほとんどが仙台市など地区外からベッ
ドタウンとして家を建てやってきた人たちらしく、津波
で被災し壊滅した町にあらためて新築してまでここに戻
ろうとする人々はまずいないのじゃないだろうかと仙台
の友人Aは言っていた。ここには年来の友人のAに連れ
て来てもらった。
仙台にはAとかBとかFとかアルファベットで呼ばれる
友人がいる不思議な街。わたしの田舎の岡崎は徳川家の
家臣の水野だ榊原だ池田だ酒井だ本多だという名が多く
いて、たいがい中学校のクラスには二人の水野や三人の
本多がいたが、ますくんとかしげるとかけいとかまんと
かの名で呼ばれていたが仙台はさすが伊達と称された家
の地元で、どうもその点なんだかあか抜けていてアルフ
ァベットで呼ぶ。
e0074827_1436252.jpg




初代仙台藩祖伊達政宗の開削した貞三堀にかかる水門。
もちろんこの水門は近代の物。宮城県沖は三陸沖を震源
地とする地震による津波に何度も襲われているが、貞三
堀のあるこの閖上地区は、津波が来ても貞三堀までとい
う言い伝えがあったようだが、この写真を見て欲しい。
小さくて分かりにくいかもしれないが水門の上から3分
の1のあたりに青く東日本大震災時の津波の高さが記さ
れている。
ちなみにこの水門は橋上から約10メーターの高さがあ
り貞三堀水面からで言うと15メートルにもなる。この
あたりは10メートルほどの津波に襲われたという歴史
の刻印である。
e0074827_14364532.jpg



かっての住宅地跡に卒塔婆が立てられていた。
今はがれきも片好き、知らない人が見ればただの無人の
原っぱに見えるが大惨事を風化させるわけにはいかない。
ここには人が訪れ御霊に合掌していた。車を降りた我々
の前で年配の夫婦が大きな黒い犬を連れてやって来てこ
の卒塔婆の前に立ち、犬に「おすわり」と言った。犬は
その夫婦のうしろにちょこんと座り、二人と一匹はいつ
までも卒塔婆に向かって手を合わせていた。
さすがになにか遠慮してその光景は写真に撮らなかった。
ピューリッツア賞を目指す報道カメラマンには見過ごせ
ない光景だろうが、俺はカメラマンじゃない。二人と一
匹と同じように遠くで合掌をしていた。
e0074827_14363513.jpg



閖上地区の真ん中にぽつんと残された塚。
もともとここに塚があったのかどうかは分からないが塚
の上にあるちいさな社に詣でるために上る階段の手すり
が津波で流され危険だと知った愛知県の人々の寄付によ
って新たに設置されたと看板が出ていた。最近円安で大
勢の外国人が日本に観光に来るようになった。テレビの
レポート番組などそのまま信用するのはいかがかと思う
が、それでも多くの外国人はまた日本を訪れたいと云い、
その一番の理由に人々の親切さというのを上げていた。
そのことは、この塚の看板を見ても誇りに思うのである。
e0074827_14365556.jpg

e0074827_1437586.jpg




下の写真もまた少し見づらいが2001年9月の閖上地
区と2011年3月27日の同じ場所の写真である。
住宅地がすべて消えたのと田畑農作地が水浸しになって
いるのがわかる。下の写真の真ん中に横に走る線が貞三
堀。上の写真の下側は仙台空港。写真をよく見ると仙台
空港を飛び立った旅客機が写っている。この12年前の
写真を見る限りこの地区は、仙台と高速道路で結ばれた
新興住宅地であり、小さいが閖上港から新鮮な魚が毎日
水揚げされ、日本各地へ飛ぼうとすれば空港が隣接して
いるという絵に描いたような町だったのだろう。
e0074827_14371542.jpg

[PR]
by kasuya_senji | 2013-05-07 14:38 | Comments(2)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム