exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
チッチ
2012年5月30日

亡き父は犬好きで、僕が子供の頃から家にはいつも犬が
いた。一番最初の犬は小学生の頃でスピッツ。名はシロ。
ワンワンキャンキャンとうるさく吠える犬だったが僕が
飯係で僕の言うことはよく聞いた。僕とシロは同じ物を
食っていた。みそしるぶっかっけご飯。
二番目の犬は中学生の頃で白い土佐犬。シロ。
おとなしい大きな犬で、そのころ岡崎ではマスチフとか
グレートデンとかの大型犬は見たことなかったから、ず
ーと大型犬と思っていたが後で中型犬と知った。裏山の
木につながれ日がな日向ぼっこして気持ちよさそうに寝
ている犬だった。みそしるぶっかけご飯TOO。
三番目の犬は高校生の頃でやはり中型犬のアイリッシュ
セッターで赤毛の長毛の猟犬はさすがにシロじゃない。
親父が名を付けさせてくれたから、当時流行っていたテ
レビ番組「宇宙家族ロビンソン」の若き宇宙飛行士の名
をとってダンとつけた。
大学生となり実家を離れ東京で暮らし始めて2年目の夏。
おふくろからダンが死んだと電話がきた。その夜、学生
寮の屋上から燃えさかる火事をダンといっしょに見てる
夢を見たが、それははじめて見たカラーの夢だった。
その後、実家に帰ると、もう犬は庭で飼わなくなってい
て、ヨーキーやマルチーズなどのチビだからチッチと名
づけられた知らない小型犬がいつも家にいた。それでも、
どこか親父と同じ匂いがするのだろうか、どの犬も僕に
なついた。
親父は定年してから長いこと可愛がったヨーキーが死ん
でさすがにがっかりしたようで、もう犬はいらんと言っ
てたが、末の妹の娘がマルチーズを実家に持ち込んでき
た。もう犬はいらんといってるだろぅがと言いながら、
透けるようにきれいなピンク色の肌の子犬を桃子と名づ
け、チッチチッチと呼んで可愛いがった。
チッチは親父が逝ってから5年間ひとりポツンと生きて
いたが昨日死んだと連絡が来た。


こんにちは。
ちょっと悲しいお知らせですがチッチが昨日亡くなりま
した。先ほど恵ちゃん(姪っ子)と火葬場に連れて行き
お別れしてきました。
オシッコが出なくなり管をつけた生活をしていましたが、
年齢のせいもあり遂に逝ってしまいました。
長生きしました。
大好きな父に逢えることでしょう。
可愛がって頂いて有り難うございました。
[PR]
# by kasuya_senji | 2012-05-30 16:01 | Comments(2)
ニアミス
2012年5月25日

マイマイハウス舎からのクロネコメール便B5サイズの
茶色のマニラ封筒には、骨董通りのベンチに座っている
糟谷と国道135号線沿いの自然薯めし屋の座敷の壁に
よりかかる糟谷と赤い服を着たマイケルジャクソン犬の
3枚の写真と
e0074827_17215467.jpg

手紙が入っていた。

手紙はこう書かれていた。
ラスベガスのMGMホテルで、徹夜の博打をして眠らず
にL・Aに戻ってTVを点けると火事の映像が生中継さ
れていて、それは僕らが泊まっていたホテルで階数も同
じ17階付近であった。
あの時僕らは四人で全員博打に負けて引き上げたけど、
もしも勝っていたらあと一泊していたにちがいない。火
事は東京でも大ニュースで350名ほどの焼死者が出た。
 一時僕らと連絡がつかない原宿の事務所では騒然とな
ったとあとで聞いた。そのラスベガスのMGMホテル滞
在時に、枕の下に置いた現金 60数万円(トリプル・ワ
ンクラブ会費の解約金)が盗難の被害に遭ったが、犯人
はたぶん、あの火事で焼け死んだと思うことにしている。

何十年も前の出来事だがこの事件は僕も昨日のことのよ
うに覚えている。
この体験をした一行は、博奕なんかに現を抜かすからこ
のようなことになる。たまたま幸運に恵まれ紙一重で死
を逃れたがこれは神による警告だ。博奕は金輪際やめよ
う。というA案と、
これまで博奕で大損こいたが、気の毒な奴っちゃなと神
さんは見ておられた。捨てる神あれば拾う神ありで神に
拾われた人生や。おもろく生きよやないか。
というB案があって、B案が採用され、2012年の今
日現在も変わらず下手な博奕を打っていることを私はよ
く知っている。
もう一つ僕の中で有名な話はイギリスの友人の高校生時
代の話である。
友人はロンドンのテニス大会で優勝したが、あいにく家
が貧しく旅費がだせなくエディンバラで開催される全英
大会に行くことが叶わなかった。代わりに出場のチャン
スを得た準優勝の選手が飛行機でエディンバラに向かっ
たが、その飛行機が墜落した。乗客乗員全員死亡。代わ
りの選手はまるで友人の身代わりとなったように17歳
の若さで帰らぬ人となった。
友人は自分が死を逃れたのは神の奇跡であるが、身代わ
りとなって死んだ人のこを思うと高校生が背負って生き
るにはあまりにも異常な出来事で、いくら神に祈っても
そのショックから抜けることが出来なかったと告白した。

マイマイ舎のタワーリングインフェルノもイギリスの友
人の幸運もモンティ・パイソンやテリー・ギリアムの格
好の主題となると思うが、昨今はどうもこの手の世にも
不思議な物語りが世界中から消えてしまったのは何故な
んだろう。なにもかもあっと言う間に情報が伝達し、主
題の醸造という時間を得る機会がぐっと少なくなってし
まったからなんだろうか。
[PR]
# by kasuya_senji | 2012-05-25 17:24 | Comments(0)
賢いインコと文鳥のいるクリーニング店の話
2012年5月16日

竜巻に乗ったワン太郎の話がまだ記憶に新しい今日。
歌舞伎町のBから舞い戻ったインコの話が届いた。


「ハシモト」
「サガミハラシミドリクハシモト・・・」
神奈川県警相模原北署で保護されたインコは5月1日夜、
住所を番地までしゃべり始めた。
署員は「まさか」と思いながらメモを取り、2日朝電話
を入れると飼い主と判明した。
飼い主は相模原市の高橋文江さん(64)。
オス2歳のセキセイインコ「ピーコ」は 4月29日午前
6時ごろ自宅から逃げ出した。高橋さんは以前飼ってい
たインコに逃げられた経験から、迷っても戻ってこられ
るように家族の名前と住所を覚えさせていた。
同署によると、ピーコは 29日午前 7時半ごろ、近く
のホテルの一階にいた宿泊客の肩に止まり、署に届けら
れた。半ばあきらめかけていたところに電話があり家族
と万歳をしたという。「ピーコに住所を教えたものの、
まさか警察から電話がくるとは思わなかった」と喜んで
いた。


動物好きのBは竜巻ワン太郎に続きこのインコの話が余
程おもしろかったとみえ、熱海の中央町のジャズ喫茶ゆ
しまに行く途中、
「いらっしゃいませ」
「ありがとうございました」
とくり返し喋るレストランのオウムは知ってるがインコ
も教えれば住所も覚えるものなのか。しかし警官に喋る
ってのも又エライやっちゃなァとしきりに感心してると
ゆしまの手前角のクリーニング屋から店主が鳥かごをも
って出てきた。つい聞いた。

「その鳥はインコですか」
「いや文鳥です」

一昨日、その熱海の山の上の沢尻峠から急坂を下ったト
ラックが、エンジンブレーキを併用せずフットブレーキ
だけを踏み続け、ブレーキ内のオイルが熱を持ち気泡が
生じるペーパーロック現象が発生してブレーキが利かな
くなった。トラックは、そのまま勢いよく坂下の梅園の
交差点まで下り降り巡回バスにぶつかり、また下りおり
て路線バスに接触し、さらに下って熱海市役所の交差点
で軽自動車にぶつかり乗用車に衝突し、そのはずみで文
鳥のクリーニング店にトラックが飛び込んだと云うニュ
ースが飛び込んできてビックリ仰天。
さいわいクリーニング屋の店主はガチャーンと音がして
顔を上げるとトラックが飛び込んでくるのが見えたので
大慌てで店の奥へ逃げた(本人談)。
何とか無事だったようである。
事故は、歌舞伎町のBが店主とインコ・文鳥と言葉をか
わした翌日の事で、たった1日前に舞伎町とBと私は現
場を歩いていたのである。いや、恐ろしい。
[PR]
# by kasuya_senji | 2012-05-16 14:49 | Comments(13)
ワン太郎
2012年5月15日

先週末の土曜日。
車で小田原厚木道路を転がしつつ歌舞伎町のBと犬の話
になった。

「おしっこをするとき、流れたおしっこが足にかからな
 いようにすわったまま片足をヒョイと上げるメス犬が
 いるんだ。舗道に右に傾斜がついてれば右足。左に下
 がっていれば左足を上げる」
「ヘー、きれい好きなんだなその犬は。ところで竜巻で
 飛ばされた犬が戻ってきた話は知ってるか」

新聞に掲載された記事の詳細はこうだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
竜巻で大きな被害を受けた茨城県つくば市北条で、被災
後に行方が分からなくなっていた3歳雄の犬「ワン太郎」
が、2日ぶりに飼い主の下に戻った。けがもなく元気な
様子で、家族らは「生きていて良かった」と喜んでいる。

大関英也(おおぜき・ひでや)さん(75)宅の飼い犬
で、6日の竜巻が発生後、無人だった自宅庭にあった小
屋は壊れて散乱。首輪をつなぐ金具が外れ、ひもだけが
残っていた。小学6年の孫隆司郎(りゅうじろう)君
(11)は心配で泣いていた。

8日午前、大関さんの妻満里子さん(70)が「家の1
00メートル先で似た犬がいる」と知人から聞き、がれ
き撤去の手を止めて駆けつけ、名前を呼ぶと、生け垣の
陰からそっと出てきたという。満里子さんは「ワン太郎
もホッとしたでしょう。なくなった小屋も、買ってあげ
なくちゃ」と笑った。          (共同通信)
=========================
何はともあれ目出度い話で、犬の名前は「ワン太郎」と
聞いて、どういう分けか大笑いになった。

アメリカではカンザスやテキサスやオクラホマで竜巻が
頻繁に発生するから、巻き上げられた動物が後日無事生
還してくるという話は昔からあったんじゃないかな。
ライマン・フランク・ボームはオズの魔法使いでカンザ
ス州に暮らす少女ドロシーと飼い犬のトトを竜巻にのせ
て不思議の国へと運んだが、きっとそんな生還話が存在
してたからだと思う。
しかし、ワン太郎が手足を伸ばしたままの格好でくるく
ると空を飛びくるくると舞い降りて何処か安全な場所に
ストンと落ちたが生きた心地がしなかっただろう。飼い
主に名を呼ばれ、物陰からそっと出てきたことで余程怖
かったんだと想像できるが、いったいどうだったんだい
と聞いてみたくてしょうがない。
動物と話が出来るアメリカの動物オバサン(きっと研究
者として偉い人なんだろう)そのオバサンが交通事故で
片足を失った犬に話しかける。不自由な自分を愛情込め
て一生懸命面倒を見てくれる飼い主のパパやママが大好
きでどれだけ感謝していることかと話を聞き出すテレビ
番組があるが、その飼い主はもう涙無しには犬の話を聞
けない。番組に出演しているベッキーも涙をポロポロこ
ぼしている。それを見ている俺もテレビの前でもらい泣
きしてるんだけど、この番組はいつも気の毒な犬が出て
きては飼い主を泣かす話ばっかりである。おしっこで足
を濡らしたくないと片足上げる犬もいるくらいなんだか
ら、犬としてはもっと開放的に個性的で
「この飼い主。正直最低だゼぇ」
ってワイルド杉チャン発言もあってもおかしくないのに
いつもめそめそポロポロ泣き話。
なんか嘘くさいなとテレビ見て思っていた皆様方お待た
せしました。動物と話せるオバサンにお出まし願い、日
本版オズの魔法使い犬ことワン太郎に突撃インタビュー
をお願いしようじゃありませんか。
いよいよ竜巻の中がどーなってるのかという恐怖の世界
が明かされることでしょう。
これは楽しみであります。
気失ってましたというへたれも覚悟で聞きましょう。
ついでに片足ワンちゃんにもナンデ液体が高いとこから
低いとこへ流れるの知ってるの? 
って聞いてもらいましょうか。
[PR]
# by kasuya_senji | 2012-05-15 15:46 | Comments(1)
青年よ旅行記を読め!
2012年5月8日

近所の内科と整体師に挟まれた小さな本屋に

ドクトルマンボウ航海記
ドクトルマンボウ昆虫記
船乗りクプクプの冒険
夜と霧の隅で
幽霊
母の影
楡家の人々

などの代表作が「追悼 北杜夫」と文庫本となって再発売
されていた。文字が小さくて読み辛そうだったが、航海記
を買った。
この本は、北杜夫が頃慶応大学病院の精神科医インターン
として働きながら水産庁の調査船に船医として乗り込み、
五ヶ月間世界を回遊した若き頃の航海記で、ユーモアと若
者らしい文明批判、人間批判が書かれた旅行記である。
奥付を見ると昭和40年2月28日 初版
昭和62年12月25日 53版
平成23年11月30日 90版 
と版を重ねた一大ベストセラーだと言うことがわかる。
大昔の高校生のカスヤ君は、
北杜夫の「ドクトルマンボウ航海記」(自分で発見)
小田実の「なんでも見てやろう」(親父の本箱にあった)
マルコ・ポーロの「東方見聞録」(先生推薦)
が三大旅行記だった。
何度も読み返しいつも世界を夢見ていた。
高校の同級生のK田君が太陽の季節で芥川賞を獲った石
原慎太郎もいいぞとさかんに勧めたが、頑として石原慎
太郎は読まなかったことは今でも自慢の一つだ。

北杜夫のユーモアは独特で、真理がやわらかく包装紙に
くるまれて軽い笑いとなっているがその包装紙の中味は
恐るべき物で、バーナード・ショウ真っ青の超絶ブラッ
クユーモアというべきものである。
一節紹介しておこう。


アフリカには死に関する神話が沢山あり、ズールー族の
ものはこうである。神様がある日カメレオンにむかって、
さあ人間のところへ行って「人間どもよ死ぬな」と言っ
てこいと命ずるのだが、命をうけたカメレオンはノンキ
にのろのろと進み、途中で桑の実を食べたり日向ぼっこ
したりしている。その間に神様は気が変わって(実際神
様というものは大抵どえらい気まぐれ者である)トカゲ
を呼んで逆の命令を与える。トカゲはのんびりしている
カメレオンを追いこし、人間のところに先にやってきて
告げる、「人間どもよ死ね」それ以来いかなる人間も死
を免れなくなったというのだが、私は怠け者のカメレオ
ンをむしろ祝福したと思う。死んで惜しいと思う人間は
いくらもないが、死んだら祝砲をブッ放したいと思う人
間はマサゴの数ほど目にはいる。★

I THINK SO !!!

これを高校生で覚えられたことはその後の人生になんら
かの恩恵をもたらしたものと思われる。
高校生よ!
旅行記を読もう。
まずは北杜夫でやられちまってくれ。

e0074827_13335044.jpg

[PR]
# by kasuya_senji | 2012-05-09 13:51 | Comments(1)
春のアルバム
2012年4月19日

春まだ浅き2月の候。
新潟アルビレックスBBラビッツ・公式テーマソング
「Fever」を歌うジュリがファン感謝蔡にライブ
出演。その楽屋スナップ。
長いシーズンご苦労様でした。
来シーズンも応援するぞ!と。頑張れよ!と。
ミュージシャンは左より、清水坊。ユースケ藤田。
DJこんどーK。ジュリ。
ラビッツのプレーヤーの皆さん。
e0074827_145476.jpg


或る写真家の残像
この桜は散らないのかも知れない。なにしろ残像だから。
e0074827_1454981.jpg


東京の片隅に咲く桜のトンネル。
こども。あかちゃん。夫婦。ジイチャンバアチャンなど
出張りに出張り、2週間前は動きが取れなかった。
なぜか恋人同士はいないのがこの道の特徴。
D造はいたに違いない。
e0074827_14544461.jpg


幸せの黄色いハンカチの村の丘のような風景
e0074827_1455395.jpg


京都八坂町の路地の貼り紙。
八坂は八坂町とヤサカ通りがある。
八坂神社のしだれ桜を一緒に見た祇園のスナックの従業
員達は元気かな。随分前のことで大酒飲んで酔っぱらっ
てた頃だから店の名前は全く思い出せないまま心にしだ
れ桜の残像が残るのみ。。。
e0074827_14553032.jpg


京都東山伏見稲荷千本鳥居。
1本寄進させて頂きました。さてどこにある。
e0074827_1456117.jpg


北大路魯山人の湯飲み。
紀尾井町の料亭福田家で開催された「星岡茶寮」再興計
画試食会にての1枚。当日の料理はすべて魯山人の器に
盛られた。
友人のE坂が作陶するものだからこの写真を見せて、
「模倣から始めよ」
と唆したところ、同じ物を焼き上げてきて、
魯山人の心を少しは感じることができたかもしれません
と器の裏には江山人と彫られていた。
e0074827_14562336.jpg


新キャラ
e0074827_14563462.jpg

[PR]
# by kasuya_senji | 2012-04-19 14:59 | Comments(2)
小田原の吞会
2012年4月6日

4月4日・5日はBOOWY・LASTGIGSの日。
日というか記念日。あまりにも多くの思い出が詰まって
いて重すぎてひとりでは持ち上げられない。
4日はまた別に、BOOWY以前からの或る記念日で、
その日は関係者がイタリアレストランに集まり祝った。
僕がまったくではないが、ほぼ飲まなくなってしまった
から、皆さんそれにつき合ってくれたかのような左党の
集合体で、レストランシェフの自慢の料理は堪能しつつ
もソムリエお奨めのワインは誰にも注がれなかった。
ワインと云えば、友人のバーテンダーがソムリエのT崎
さんに、「ハウスワインを提供したいと思っていますが、
どのワインがよろしいでしょうか」と訊ねたところ「最
近はチリワインが素晴らしいですよ。特にどの銘柄と云
わずともどれも良いレベルですよ」とおっしゃったそう
だが、
それはともかく、
大学時代からの友達で今年の弥生3月やっと還暦を迎え
る男がいた。先日、男から、

「お前さんは酒も吞まなくなったし人の還暦など興味は
 ないだろうが、同級生のIやSは参加してくれること
 になったので知らせて於く。忙しいようだから別に来
 なくて良いよ」

という連絡が来た。場所は小田原のライブハウスだとい
う。その連絡の後、IやSから、恵比寿のバーで小田原
行きの打ち合わせをやるから
「顔出さないかァ。。。」
と誘いがあったが、あいにく当方はロンドンに居た。
東京に居たとしても連中の打ち合わせは飲む口実だから
「俺は行けない。君らは自腹で酒場中の酒を飲み干して
 もらってかまわんよ」
と断った。

さていよいよ男の還暦祝いの日が近づいてきて、聞くと
熱海のサーファーのHも伊豆山の小説家志望のH君も千
住のスナックのママも映画会社のYも、なんと! 大学
以来一度も会ってない(1回会ったか)名古屋のMも顔
を出すというから、その面子は珍しい。男の還暦祝いの
赤いチャンチャンコ姿を見るも一興かと、巨大なマグナ
ムボトルワインを持参し参加した。
集合した人々は、男曰く
「飲み屋で知り合ったやつばかり」
と云うとおり上下関係はなく、人間関係オールフラット
でなんとも気楽な飲み会となりまして、マグナムはアッ
と言う間に飲み助共の腹に消えていった。
「吞まないやつに声かけるのも、、、」
と言った男の気分が良く理解できた。
男の還暦を口実に飲み助が吞むために集った祝いの会は
午後7時からの1次会に続き2次会3次会4次会と杯を
重ね、最終組は翌朝の午前10時過ぎがお開きだったと
後で聞いた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
小田原の吞会の登場人物


e0074827_1303420.jpg

  新キャラ:熱海のジャズピアニスト&カメラマン



e0074827_1304757.jpg

     新キャラ:小田原の司会者


e0074827_131163.jpg

     新キャラ:名古屋のM工務店所長


e0074827_1311524.jpg

   新キャラ:映画評論家飯Gと素人バンドマン雑G
[PR]
# by kasuya_senji | 2012-04-06 16:35 | Comments(2)
エイプリルフール
2012年4月2日

4月が始まったが桜はまだだ。
毎年恒例(さすがに昨年は東日本大震災後でとりやめに
なった。窮地に陥った時こそほどセンスオブユーモアが
大事なのだと彼のスペンサー卿は仰有っていたが、その
ことはまあ、別で論じるとして)その恒例の東京新聞の

「白黒逆色のパンダが和歌山の山奥に生息してる」

のエイプリルフールはイマイチだった。
まず写真が可愛くない。白黒が逆だから目の所が白く抜
けてて熊の目がはっきり見える。黒いでっかいたれ目が
可愛いのに、そこがきっつい熊公の目でまったくブス。
ウソは、このパンダは平安時代に遣唐使によって中国か
ら連れてこられたあのパンダの異種の子孫である。
という設定で、遺伝子を調べて日本にいるパンダと照会
してみたいが、上野のパンダは中国政府からの借り物で
DNAを日本で勝手に調べる訳にはいかないから(これ
は本当かウソかわからない)是非調べて欲しいという問
い合わせに、中国以外にパンダはいないと云う立場を崩
さない中国政府は口を閉ざしたままである。
という記事であるが、ウソの辻褄とブラックの利きがゆ
るめでエイプリルフールとしてはイマイチだった。
東京新聞残念!!数年前の
「いよいよサッカー9人制時代」
というエイプリルフールは本気にした読者が続出して凄
かったんだがね。


ロンドンネタ。京都ネタ。小田原ネタ。北杜夫ネタといろ
いろあるが、どれから行こうかな。まずは小ネタのロンド
ンから。

メイフェアー。ミレニアムホテル地下1階の日本料理屋
将軍の名物ママさんH嬢から聞いた話。
インド人の英語はいつも現在進行形で喋るそうだ。
私は朝飯を食べましたと云う英語は
「I ATE BREAKFAST」 だが、
インド人は
「I AM EATING BREAKFAST AL
EADY」
と言うのだそうだ。それで行くと、昨晩は良く寝たは
アイ アム スリーピング ラストナイトというやつで、
つまり現在進行形に「オーレディー」とか「ラストナイト」
とかの過去を表す言葉を最後に持ってきて過去形にすると
いう英語だそうだ。また、インド人はどういうワケか頭を
ゆらゆらと揺らしながら喋るそうだ。
このことはH嬢だけでなく、クーマ・ハーラダ氏もおなじ
話をしていたから信用できることだとおもうが、H嬢は理
由も言っていた。揺らす訳は植民地時代にイギリス人から
◎◎◎されたからだと言うが、ここはあまりにもブラック
ジョーク過ぎて書く勇気を持ちませんが、
「ほんとなのよ。◎◎◎なの。笑っちゃうでしょ」
と言ってはケラケラ1人でいつまでも笑っていた。
この◎◎◎の方が東京新聞のエイプリルフール記事よりパ
ンチが効いていて、その効き方は、人権団体からまちがい
なくパンチが飛んできそうだ。

新キャラ登場
e0074827_16315188.jpg
[PR]
# by kasuya_senji | 2012-04-02 16:25 | Comments(0)
春が回る
2012年3月30日

宇宙を解明しようとする科学者達の間で使われる言葉に
揺らぎというのがある。
宇宙の揺らぎなどと使われる。
なにやら、何千億土の何千兆倍もの広さを持つ大空間が
固定されているのではないという感じが良く出ている。

さて、揺らぎはともかくも(この話終り)
弥生の候は昨秋に続き渡英しロンドンにいた。
いたと言っても1週間くらいだが、行く前1週間と帰っ
てからの1週間は「ココロはロンドン」だから、まるで
3月の大半をロンドンにいた気分が残る。
ロンドンでは毎日が非日常でなにもかも面白くてしょう
がなかった。
交差点で飼い主がいくらリードを引っぱっても「ヘイ! 
カモン」と声をかけても座り込んでびくとも動かない大
型犬に飼い主が犬の前にしゃがみ込み、話しかけ、いか
にこの交差点を渡ることが我々にとって大事な事である
かを犬にわからせようと直談判の交渉をはじめたクイー
ンズ・パークの風景は忘れられない。

インド人の英語はいつも現在進行形だと日本料理屋将軍
の名物ママのH嬢が教えてくれた私は朝飯を食ったと云
うインド英語は
 「アイ アム イーティング ブレックファースト 
 オーレディー」だそうで、昨晩は良く寝たは
「アイ アム スリーピング ラストナイト」
というやつで、つまり現在進行形に
「オーレディー」とか「ラストナイト」
とかの過去を表す言葉で過去形にするという英語だそうだ。
どういうワケか首をゆらゆらと揺らしながら喋るそうだ。
揺らすわけは「◎◎◎。。。」とH嬢は言うが、ここはあ
まりにもブラックジョーク過ぎて書く勇気を持ちません。

ホテルは前回と同じクイーンズ・ゲートの「ザ ゴア」。
前回と同様の部屋をという注文にホテルは隣の部屋を用
意してくれていた。毎朝ホテルのレストラン「190」
でイングリッシュ・ブレックファーストを取ったのは前
と同じだが、今回は昼飯でゴアホテルレストランの名物
「190バーガー」を食べましたるところ、あまりの美
味さに吃驚仰天。このホテルを知って数十年になるがこ
このハンバーガーがこんなにうまいとは知らなかったな
ー。
若い頃からの仲間のボーカルことOH野ボーカルとTや
んことTさんと一緒にこのホテルに宿泊したことがある
が、このバーガーを知っていたら毎日食いまくった事だ
ろうと思う。彼らに知らせてやらなきゃだなこのハンバ
ーガーのことは。
二十歳の頃或る人の手引きでオアフ島ホノルルのダウン
タウンで観光業の手伝いをしながら暮らしていたことが
あるが、その頃食ったハワイアンバーガー・パイナップ
ル挟みも世の中に「こんな美味い物があったのか!」と
吃驚仰天したものだったが、正にあの仰天が再来したの
が「190バーガー」だった。若い頃以来、春秋をかさ
ねていちいち物事に驚かなくなってきた今日この頃、、、
とおもっていただけに、その意味でも驚いた。
美味さで回春。ゴアバーガー。
あー、あれを食いにロンドンに行きてー。。。
と春廻り来たりて回春という話で、お後がよろしいよう
で。。。
[PR]
# by kasuya_senji | 2012-03-30 17:45 | Comments(0)
弥生の空は
2005年8月にスタートした岡崎堂ブログ。以来7年。
この2月は初めて月1回だけのエントリーだった。
書かなかったのは忙しかった?

2月如月は、
映画の試写会に出かけメリル・ストリープのサッチャー
の化け方に恐れ入ったが、認知症のサッチャーが若い頃
を思いだし、鉄の政治家時代を思いだし、亡くなった亭
主を思いだしながらも今は昨日のことも覚えていないと
云う人を演じるという誰もマネができない芸当の凄さに
驚いたり、
熱海の町内会の桜祭りの役員の会合の2次会にコーヒー
マシンの調子を整えに行ったり、
雪降る新潟へ出かけ女子バスケットボール新潟アルビレ
ックスBBラビッツの応援に出かけ、へぎ蕎麦食って、
冬の味覚のタラ鍋食って、名物たれカツ丼食って、ラビ
ッツファン感謝蔡に参加したり、
日課の朝の散歩したり、
紀尾井町の老舗料亭福田家で開催された「星岡茶寮」再
興計画試食会に出かけ魯山人の器に盛られた美しい料理
に驚いたり、
坊さんと旅に出てホテルにチェックインして、夕方食事
に迎えに行くと「はいはい今から参ります」と裸足で部
屋を出てきてどうやら靴は履き慣れていない様子だった
り、
銀座のスタジオ7はかって香港にあった九龍城の如く迷
路の中にあって、厨房の匂いのする路地をすり抜け倉庫
の裏口のようなドアを入るとその中に階段があり、それ
はスタジオ7に繫がっていたり、スタジオでは若い人が
働いていたり、
銀座でシャンパン誘われて(一口)ナイスな値段に驚い
たり、
住んでいるマンションにKS谷さんという同姓のお宅が
あって、郵便物が間違って入っていたのでお届けに伺う
と、子犬を抱えたとても上品なご年配のご婦人がでてき
てコンニチハ、ナンデモ亡きご主人が私と同郷だったり、
京都の雲龍院の霊明殿の龍神のふすま絵を描いた水墨画
家の堂野夢酔さんに会ったり、悟りの窓を拝観して悟っ
てしまったり、
祇園の縄手のひかるさんのお天気占いが外れたりして冬
の名残雪が舞い、弥生春3月に入った。

ひな祭りの3番の
「お嫁に入らした姉様によく似た官女の白い顔」
という歌詞が好きで、子供の頃は姉さんもいないのにこ
の歌を聴くと何か胸の奥がつんとするような気持ちにな
ったが、現代のひな祭りの先週末は春の魚、もろこを食
した。
諸子魚・柳もろこ・柳葉魚・諸子鮠・本もろこ。
コイ科に属し体調7㎝の淡水魚。南日本の河川に産し、
ことに琵琶湖が有名であるという琵琶湖で一本釣りされ
た本もろこの塩焼き。小魚なのに肉がたっぷりしてしっ
とりしてこれは美味だった。
そこで一句。

 日をのせて湖の明るき諸子釣り    沢崎ゆきえ 
[PR]
# by kasuya_senji | 2012-03-05 14:08 | Comments(1)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム