exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
余生
2012年11月16日

日本人は大政奉還後の明治期に西欧諸国からありとあら
ゆる文化文明を取り入れたが、今でも驚くのはピアノを
自国で造ろうとしたことだ。ピアノは数千に及ぶパーツ
からなる超高級複雑組み立て楽器で、伝統的な職人の技
を駆使しマエストロから弟子に伝えた門外不出の技で継
承され製造されてきた楽器で、世界広しといえどドイツ・
オーストリアとアメリカ(スタンウエイNY社)でしか
造られていないのに、日本にはヤマハと河合楽器とピア
ノを造っている会社が2社もあるのは明治期の日本人の
上昇意欲が世界中のどこよりも高かったといえるのでは
ないか。それにくらべ、今の野田も安倍もジェンジェン
だめで、昔の日本人はホントに偉かったと思う。
それはそれとして(それとしてはイカンが)ウイスキー
も自国製を造った。ブリテン島のスコットランド人から
みれば、日本でウイスキーを造る事は摩訶不思議な事で、
それはベトナム(越南)で「越しの南梅」なんて名づけ
て日本酒を造っているようなものだろう。
友人(英国人)のカメラマンの父親がグレンモランジェ
の蒸留所で働いているウイスキー職人と聞いて、サント
リーの山崎をその親父に飲んでもらった事がある。
「親父はなんと言ってた」
「ウイスキーによく似た美味い酒だと言ってた」
山崎をウイスキーとは言わなかったそうだ。

ブラックニッカは1965年に売り出された。
1965年という年は東京オリンピックの翌年で、明治
大正昭和と天皇の時代を歴ていよいよ世界の一流国に仲
間入りを果たした頃の事である。
「8年熟成エイジングがもたらす樽本来の華やかな熟成
 香と芳香でコクがありながら飲みやすい」
とコピーされるが、ひょっとしたら熟成香を持たせるた
めに樽はシェリー酒樽を使ったのかも知れない。
スコットランドでもアイルランドでもウイスキー造りに
シェリー酒樽が使われることが多い。
原酒は8年間樽の中で寝かされ、天使の分け前をとられ
て3分の2に減るが、木の香り、シェリーの香り、モル
トの香り、ピートの香りがブレンドされ、コクがありな
がら飲みやすいブラックニッカを造る事ができたのだろ
う。
写真はブラックニッカの樽。
スペインで生まれ育ったオーク材が伐採され、樽になっ
て長い間シェリーを抱え、スペインから日本に運ばれ、
樽も思いつかなかった日本製ウイスキーの樽となって、
ブラックニッカを8年間蓄え、それを何度もくり返し、
ようやく引退し、北海道余市からさらに遠く離れた東京
の下町の公園で花ポットとなって余生を過ごしているブ
ラックニッカおじさん。
e0074827_15165237.jpg

ニッカオジサンの独り言が聞こえるようである。
子供達が花を見て喜んでくれているのを見るのは嬉しい。
やっと安住の地が見つかったが、毎朝オスのワン公ども
がマーキングしてゆくのには閉口するなあ。。。
[PR]
by kasuya_senji | 2012-11-16 15:17 | Comments(0)
<< ローリング・ストーンズ イタリア自慢ー6 >>

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム