exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カウボーイ
2006年7月5日

「ムンクを追え」のスコットランドヤード美術捜査官ヒルの相棒
にゴリラのような大男が登場する。この男についてこう書かれて
いる。顔はゴリラだが声もゴリラだと。そして、この男がコンピ
ューターに向かって人差し指でキーボードをたたく姿は、まるで
刑事が指で容疑者の胸を小突くようだと。
まあハードボイルドなことこの上ない。

ハードボイルドといえばNHKBS2で再放送されている、
「ローハイド」もそうとうハードボイルドである。

原題:「Rawhide」
制作:CBS(アメリカ1959年〜1966年)
このテレビ映画の概要を、NHK海外ドラマホームページから孫
引きするとこう書かれている。
<クリント・イーストウドを一躍スターダムに押し上げた西部劇
 の決定版。テキサスからカンザス州までの長い道のりを数千頭
 の牛を引き連れて旅をするカウボーイ達の物語で、自然の猛威、
 無法者との闘い、牛の暴走など、アメリカ開拓史時代の試練と
 苦闘を描いた。フランキー・レインの唄う主題歌が日本でも大
 ヒットし、カウボーイの生活ぶりやアメリカの広大な風景が新
 鮮に写った>

このテレビ番組は毎週火曜日の深夜0時から0時55分まで放送
されているが、再放送が翌週の水曜日の朝にあり、私はなつかし
くそれを見ている。主題歌は、これまたなつかしい。
ローレンローレンローレン。ローレンローレンローレン。ローレ
ンローレンローレン。ローハーイド。Yah!
この足かけ7年に及ぶテレビドラマのすべてを見ていたのではな
いので、最初がどう始まり最後にどう終わったかは知らない。
子供のころは、アメリカの大西部開拓時代を生きた男達のドラマ
にただただあこがれにも似た気持ちを抱き見ていたに過ぎないが、
今あらためて再放送を見ながら、一体この男達は何をしてるんだ
ろうと考えると、きっと、テキサスの大牧場主から雇われてカン
ザス州の牛市場に生きたまま牛肉を運ぶのが彼等の主たる任務で
あったのだろううと当たり前のことにいきつく。よって、中央ア
ジアの草原から草原を渡り歩き東方三博士をベツレヘムの馬小屋
に連れてきたという羊飼い達の物語でもなければ、ブロークバッ
クマウンテンの男達の物語とも違う。

さて。「ローハイド」のカウボーイの一行には医者もどきもいる。
その男は料理番でもある。無法者と戦う自衛の腕っ節の強いカウ
ボーイ達がいる。その中の若きエースがクリント・イーストウッ
ド。彼の役どころはNO2の準主役で、そういった医者もどきの
料理番や荒くれ者のカウボーイを引き連れ大西部を旅する一行の
主役はエリック・フレミング演じるギル・フェイバーというカウ
ボーイ。この男のリーダーシップが凄く、たいがいは「ローハイ
ド」は彼の物語である。
先週のドラマは、牛がピューマに殺されるところから始まる。
ピューマは人前に姿をあらわさず闇から闇へと殺戮をくりかえす
北アメリカに生息する猛獣である。このままでは牛の大群が壊滅
的な打撃を受ける可能性がある。ピューマにとっては餌が大行進
しているのだ。仮に牛の群れにピューマが突っ込めば牛の大群は
恐怖の大暴走をはじめるだろう。いくらプロのカウボーイの集団
といえど大暴走で離散した数千頭の牛を取り戻すことは不可能で
ある。テキサスの牧場主からのミッションは遂行されることなく
終わる危機が迫ってきている。
リーダーのギルは、イーストウッドを牛の行進の責任者に命じ、
ピューマを仕留めるため料理番のオヤジを連れ一行から離れる。
そこにピューマに息子を殺されたという女が登場する。その女は
スペイン系の寡婦で、かってのイタリアの名女優ジーナ・ロロブ
リジータに似た官能的な容姿をもった女だ。目と唇が凄い。そし
てその女はギルに惹かれていく。そこにその女に好意を持ちなに
かと面倒をみている土地の有力者が登場しギルに女を取られまい
と殺意を抱く。その男はピューマ退治に同行すると申し出て山中
で密かにギルの殺害をもくろむ。
物語は牛の行進というミッションの遂行と猛獣ピューマとの闘い
と男女の三角関係という3筋立てとなっていく。ややこしい話で
あるが、あくまでも物語は「男の物語」という視点に立脚し最後
は西部に生きる男同士の友情物語となって話は完結する。
脚本が素晴らしくハードボイルドである。
殺りそこねた手負いのピューマを洞穴に追いつめ、最後のとどめ
をさすために洞穴奥へ向かうギルと隙あらばギルを殺そうとする
土地の有力者。洞穴のなかには途中大きな穴が空いていて洞穴の
壁に沿って奥へ行かなければならない。ギルは持っていたライフ
ルをその男に渡し両手をひろげ身体をささえ壁づたいに奥へ進む。
その時の会話。

「さっき後ろから俺を狙っていただろう。お前は人を殺るときに
 は後ろから殺るのか」
「必要であれば前からでも後ろからでも俺は殺る」
「そうか。じゃあ今はどうだ。俺は身体をささえるために両手が
 使えない。ライフルはお前の手の中にある。今殺らないと次は
 お前が渡るときに俺に殺られるかもしれないぞ。俺を殺るのは
 今しかない。どうなんだ。殺るのか殺らないのか」
「ぐずぐず言ってないで早く渡れ。お前がそこにいちゃ俺が渡れ
 ない。手負いのピューマはお前一人では無理だ。お前は気に入
 らない野郎だが俺も彼女の息子の仇を討つ為に来てるんだ」

誰もいない山中の洞穴の中で互いに相手に対し丸腰になるという
危機を男達は男であるがゆえのそれぞれの自立で乗り越えピュー
マは仕留められカウボーイ達はまたカンザスに向かい去ってゆく。
ローレンローレンローレンという歌声にのって。

今朝事務所に来る時に「生牛輸送車:しおさい牧場」という看板
が描かれた大型トラックが走っていた。現代はギル達のようなカ
ウボーイはいらないのである。たぶんアメリカでも縦横に走るフ
リーウエイを巨大トラックに乗せられ牛は生きたまま市場に運ば
れて行くのだろう。
「しおさい牧場」の牛を運んでいる大型トラックの運転手は女性
であった。現代版ローハイドはカウガールだった。トラックをこ
ろがしながら彼女がローレンローレンと歌っていたかは知るよし
もない。
[PR]
by kasuya_senji | 2006-07-05 17:22 | Comments(2)
Commented by tamiko at 2006-07-05 23:16 x
糟谷社長のブログを読んで「ムンクを追え」読みました。
社長が言われるように文章のキレもいいし、
文中の例えもうまいな~と感心しました。
またお勧めの本、紹介して下さいね!
今はアーサー・ビナードの「出世ミミズ」を読んでます。
最初の「トムのランドセル」をはじめなかなか面白いですよ!
Commented by ウィッシュボンのシチュー at 2006-07-06 12:23 x
♪ローレン、ローレン、ローレン、ローハ~イ Yah! ← 牛追い唄
♪ローリン、ローリン、ロ~リン オン ザ リ~バ~    ← 船漕ぎ唄

つまり、CCRの「ローハイド」を聴きたい!のである。
<< 台風 独立記念日 >>

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム