exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
プロフィール
糟谷銑司(かすやせんじ)
愛知県岡崎市出身

長渕剛、BOOWYのマネージメントを経て、(株)アイアールシートゥコーポレーションを設立。
布袋寅泰、今井美樹らが所属。
平成15年7月から平成19年6月まで社団法人音楽制作者連盟理事長に就任。
文筆活動は、出身地の岡崎に由来して「糟谷岡崎堂」で行う。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
以前の記事
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のコメント
http://vimax..
by obat pembesar penis at 23:53
http://vimax..
by obat pembesar penis at 12:50
Hi I am so e..
by moncler co at 08:41
Can you tell..
by vegan uggs uk at 22:20
Right here i..
by cheap ugg at 05:46
Hello I am s..
by ray ban av at 22:50
Howdy I am s..
by parajumper at 05:08
ピアノ買取センター ~ピ..
by ピアノ買取 at 05:12
販売商品 精力剤分野:..
by 神奇山精丸 at 15:39
媚薬:http://ww..
by 媚薬 販売 at 12:41
最新のトラックバック
ギタリズムは止まらない。..
from POP-ID通信。
the who 武道館
from こういちの日記
the who 武道館
from あややの日記
the who 武道館
from 気になるニュースについてブログ
豚足のための豚足が作る豚..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
大皿焼けました*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
拝啓*糟谷様
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器のご紹介です*
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
東海道五十三次にハッとし..
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
豚足の器*2作目☆
from ユニオンスクエアの窯 ☆ ニ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005年 08月 22日 ( 1 )
2005年8月22日
柳橋

東芝—EMIの堂山社長と暑気払いで柳橋の天ぷらやにでかけた。
新潮社刊『池波正太郎が残したかった「風景」』という本の冒頭に、柳橋のたもとを着物姿くわえ煙草で歩いている池波さんの写真が掲載されていて、それはその天ぷらやの店先だった。その本の中で池波さんは、生まれ故郷の浅草そして上野かいわいにはよくでかけるが最近は柳橋に立ち寄ることがある。柳橋の花街も今は見る影もないが、それでも隅田川にぶつかる神田川に架けられた柳橋の風景はむかしとかわらないと書いている。ここからは天ぷらやのくだりを本から抜粋してみよう。
「川辺りの天ぷら屋へ上がって、仕度ができるまで、神田川に面した小座敷で酒をのみながら待っていると、なにやら船宿の二階にでもいるような気持ちになってくるのだ」
その天ぷらやに堂山氏を招待した。
行ってみると建物があたらしくなっていた。あの風情ある建物が建てかえられていた。二階の小座敷にあんないされるとおかみが顔をだした。
「いつあたらしくしました」
「去年の12月です」
「知らなかったなあ」
「ご案内さしあげてますよ」
「はがきがきたのはおぼえていますが、いや時節の挨拶はがきかとおもってました」
でも、さすが食通でとおった池波先生のおメガネにかなった天ぷらやで、あたらしくはしたがビルなどには建てかえず木造建築で、以前の店の雰囲気はたっぷりと残している。
仕度ができましたと案内されると、いつものように大将がカウンターのなかに座っていた。この頑固一徹な親爺は、無愛想な風貌で客に自分からべらべらと話しかけることはいっさいしないが、客が話しかけたことは大きな声で丁寧に答えてくれる。この親爺はキリンの「一番絞り」のコマーシャルに天ぷらやの親爺役で登場したことがあるのでおぼえている人もいるかもしれない。
店の建てかえは、この昭和初期の家をを直す大工が年をくってしまって、もう手を入れる職人が誰もいなくなったんで思いきって建てかえましたとのこと。
池波好みの天ぷらのいろいろを紹介しておく。
えび。ふきのとう。たらのめ。めごち。きす。あわび。
そして最後にかき揚げ天丼と赤出し。香の物。
[PR]
by kasuya_senji | 2005-08-22 22:07 | Comments(0)

 
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム